標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

部屋中にチョウを飛ばそう!

冬になったら
こんな風に部屋を飾ってみるのも一興か?
c0062511_22063071.jpg
材料はこれ!
c0062511_22072805.jpg
これはこれで
展翅板を並べたみたいで
昔を思い出して
ため息が・・・(笑)

画像採集地:2016-09-23 神戸市中央区三宮

# by pekeyama | 2016-09-29 22:13 | | Comments(0)

君の名は・十

神戸市中央区は海抜(推定)25m辺りで発見したのである!
c0062511_20411456.jpg
三つ目を思わず見つめてしまったのである!

三つ目、三本足の怪物である!
コクピットを見れば判る!
c0062511_20442187.jpg
スピードメーターは
「メートル」と「マイル」
二つの単位で刻んである!
そして・・・
ミッションは前進5速のマニュアルである!
気になる駆動方式は・・・
ポルシェと同じRRか?
或いは・・・
フェラーリと同じMRか?
エンジンのスペックは???
非常に気になり・・・
♪毎日僕!眠れない!やるせない!♪
そうなのである!
♪毎日僕!生きてない!許せない!♪
ジュリーを気取って、退廃的なのである!
って・・・
鏡を見たら一発で目、覚めるで!(爆)

コクピット全景である!
インテリアの色遣いは・・・
何だかとってもおしゃれである!
c0062511_20424787.jpg
そして気になる君の名は・・・
c0062511_20464442.jpg
「マーケット号」だそうである!

蛇足(笑)
スピードメーターを見てふと思ったのである。
時速100マイル!
それは・・・
時速160キロである!
野球の投手が投げる球の速度が
その辺だったと聞いた事がある!
そして・・・
昔・・・
打撃の神様と呼ばれた巨人軍の川上哲治選手は
現役時代に
遠征で乗った特急列車の車窓を流れる電信柱に向かって
ひたすら手刀を振り下ろし続ける事をもって
打撃の訓練としたと
アニメ「巨人の星」で観た記憶がある
が・・・
巨人軍の選手を乗せた特急列車は・・・
実際は時速何キロで
♪今は山中、今は畑、今は鉄橋渡る頃、
 思う間もなくトンネルの、闇をくぐって広野原!♪
何処までも続く線路を駆け抜けたのであろう?
夢の超特急ひかり号
時速200キロで練習したら・・・
それこそ「球が止まって」見えるようになれる・・・かな?(笑)

それからもう一つ・・・
星飛雄馬の剛速球・・・
速度は何キロだったのだろう?

今夜もまた・・・
♪毎日僕 眠れない!やるせない!♪
だから・・・
寝不足で・・・
♪毎日僕、生きてない・・・♪

画像採集地:2016-09-23 神戸市中央区




# by pekeyama | 2016-09-29 21:53 | 自動車 | Comments(0)

フジバカマ畑で捕まえて!

鴨と言えば葱か?
鶏唐と言えば麦酒か?
オデンと言えば日本酒か?
秋刀魚と言えばスダチ?カボス?レモン?シークァーサー?
うーん・・・
何か違うなぁ~
今夜は少しエンジンの吹けが良くない・・・(笑)
しかし・・・
「PEKE君、何が言いたかったの?」WORLDは
今宵も健在である!(笑)
行先はキーボードに聞いてくれ!(爆)

そう・・・
「これ」には「あれ」
そういう鉄板の組み合わせについて
例えば・・・
「カレーに福神漬け」
「牛丼に紅ショウガ」
「クロワッサンにカフェオーレ」
「ソーセージにザワークラウト」
「青かびチーズに蜂蜜」
うーん・・・
さすがは食欲の秋である・・・

違う!
PEKEが本稿において述べたかったのは
「花と蛇」
ちゃうちゃう
「花と蝶」
そのマリアージュについてであった・・・のかな?(笑)

「鶏は三歩進むと鳴き声を忘れる」というが
「PEKEは三杯飲むと言ってた事をぁ忘れる」のである
言い換えれば
「根に持つ」事が生理学的にできないタイプなのである

いや、
どんなに苦しい道のりであっても
話を元に戻さねばならぬ!

・・・沈黙・・・・

うーん・・・

そうでらった!
掻きたかったのは「花と蝶」であった!

そう、先の土曜日にフジバカマの画像採集に出かけたのであった!
そう、フジバカマと言えばアサギマダラである!
なんでも、フジバカマに含まれるある種のアルカロイド成分が
アサギマダラの♂の性的成熟に不可欠だから、なんちゃら、かんちゃら・・・
そんな話を聞いた記憶がある

ほんでもって・・・
アサギマダラの舞うところ、カメラマンあり!である!
この日のフジバカマ畑には
1頭のアサギマダラが舞っていたが
それはもう
スターの記者会見もかくや!
すごいお祭り騒ぎであった!

しかし・・・
フジバカマで吸蜜していたのはアサギマダラだけではない!
ッマグロヒョウモンの新鮮な♀もやって来ていたのである!
c0062511_20341043.jpg
PEKEは「ッマグロ」の由来となった
前翅先端の
その漆黒の闇から黎明の空へ
徐々に明るさを増す
そのグラデーションをこよなく愛する者である!
c0062511_20343300.jpg
c0062511_20345311.jpg
そして・・・
他のヒョウモンチョウとは一味違う
鮮やかな黄金色に
強く心を奪われる者でもある!

結局・・・
何が言いたかったのか・・・
最後まで判らずじまいであった・・・

まぁ、毎度の事で
特に驚くには値しないのである(爆)




# by pekeyama | 2016-09-27 21:32 | | Comments(0)

白秋

昔・・・
こんな歌が流行していた・・・
♪白い夏!裸足の君に 声かけて名前訊かなきゃよかったよ・・・♪
PEKEがまだ二十歳前の話である・・・
歌の出だしはたしか・・・
♪二十歳前!僕に逢わなきゃ 君だって違う人生!♪
おお!青春の詩である!
「青い春」の出来事である!
「白い夏」と謳っている!
ん???
今夜のタイトルは「白秋」でる!
「白い秋」である!
第一コーナーに突入する前に
既にコースアウトしかかっている(笑)
PEKEはこう見えても
根に持つヒトである!
もとい
教養あふれるヒトである!
古代中国において
四季はそれぞれ「青春」「朱夏」「白秋」「玄冬」と呼ばれたのである!
すなわち「青い春」「赤い夏」「白い秋」「黒い冬」である!
因みに方角(四方)は「青龍」「朱雀」「白虎」「玄武」に護られていたのである!
これらは全て「五行論」と呼ばれる世界観に基づくものであるが・・・
詰めが甘いPEKEに対して
一つ足りない!なぞと
四の五の言ってはいけないのである!

ほうら!
またまた鉄板の展開である!
青い春
16歳の6月中旬の
とある月曜日の昼休みの出来事を思い出すPEKEである!
「PEKE君、私に何が言いたかったの?」
金曜日の夕方に投函したお手紙に対する回答である!

そうである!
タイトルは「白秋」である!
「白い秋」である!
だから!である・・・
秋と言えば・・・
まずは「芸術の秋」である!
c0062511_21161819.jpg

♪白いギターに変えたのは・・・何か訳でもあるのでしょうか?♪

さらにである!
秋と言えば「スポーツの秋」である!
c0062511_21163345.jpg
真っ白な自転車でサイクリングにでも出かけようではないか!

でもって・・・
秋は「食欲の秋」である!
c0062511_21164522.jpg
ホカホカの豚まんに・・・
さて・・・
君は何を付けてかぶりつく?
辛子醤油か?
ウスターソースか?
それとも何もなしか?

「かぶりつく」で思い出した!
「アナタはレモンをガリリと齧った・・・」
檸檬は黄色・・・
五行の五色目はたしか「黄色」ではなかったか?

「今日(も)酔う」のPEKEの話である
信じてはいけない!(爆)
                                                                 ・ 

# by pekeyama | 2016-09-26 21:35 | Comments(0)

斜面にて

最近よく夢をみる。
昨夜は豪華2本立てであった。
今朝はそのうちの1本を書き留める事にする。

PEKEはポイントマップを片手に車を走らせている。
ポイントは川だか、池だかを挟んだ向こう側の斜面で
植物園があって、様様な花にアゲハ類が吸蜜にやって来る・・・
そういうポイントである。
やがて道は川だか、池だかに突き当たった。
マップでは橋を渡ることになっているが
端がない!
おまけに向こう岸は土砂崩れにでもあったの如く
茶色い土砂に覆われて、赤茶けている。
しかしマップに書かれている場所は
間違いなく今、自分が立っている場所に間違いはない・・・

PEKEは何とかして対岸に渡った様である。
斜面は崩れ落ちた土砂でずたずたであったが
ところどころに花を咲かせた樹が立っており
アゲハチョウ類が集まっている。
花を訪れる寸前の
細い脚や口吻の躍動が
逆光の中に、やけにはっきりと見え、
またそれらにピントが見事に合うのである!
夢中でシャッターを切った!
アゲハの中にはキシタアゲハも混じっている!
もう必死であった!

少し行くと樹上でキシタアゲハが交尾しているのを見つけた。

続きはお昼に携帯から投稿するが
夢の中身が蒸発しないことを祈るばかりである。


夢の続き・・・である。

樹上でキシタアゲハが交尾していた。
華麗なる翅を優雅に開閉させていた。
PEKEはその樹の下へ駆けつけた。
すると・・・
樹下には天使の如き
そう・・・
橋本環奈ちゃんの如き美少女が独り
寂しげに立っていた。
そして・・・
PEKEにこう尋ねたのだった。
「樹の上にいる二匹のチョウ達は何をしているの?
夢は・・・
そこで終わった・・・



# by pekeyama | 2016-09-26 06:38 | 夢日記 | Comments(0)