標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

2009年・PEKEYAMA氏のトンボ図鑑・1

さて今年は何巻まで???
カワトンボの橙色型を第一巻にすべきでしたなぁ~
いや・・・
サナエトンボから始めるべきでしたかなぁ~

トンボと云えば
色々いるけど
やっぱりヤンマ!
今日は運よく
ギンヤンマの交尾シーンを「みっけ!」
c0062511_185333.jpg
c0062511_1854245.jpg

2009年5月23日 西宮市仁川 なかよし池

鳥見ing中のEM@67先輩が
巣立中のシジュウカラとか、渡り中のホトトギスを撮りにこられていました。
先輩の助言により
ギンヤンマ画像は屈託無くトリミングする事ができました。

接近戦を身上とするPEKEですが
撮れなきゃどうしようもない!
ここは素直にPCの手を借りたほうが良いですよね。

変なところに拘るのはPEKEの悪い癖で・・・

さすがに20年近く連れ添っている「嫁ハン」は・・・
私を指して「こだわりのPEKE」と呼んでくれます(爆

外では「長いものに巻かれる」
オポチュニストなんですがねぇ~(爆
by pekeyama | 2009-05-23 18:20 | 昆虫 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/11599797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by EM@67 at 2009-05-23 22:48 x
今日は有難う御座いました。デジカメの出現で誰でも簡単に画像が撮れる様になりました。間違いなく良い事ですが前にも言ったとおり個人のセンスを表現できるのはトリミング画像です。主体を何処に置くか、ピントも露出も大事ですが何を切り取るかが一番大事です。
トリミングは反則ワザではなくセンスです。貴君は素晴らしいセンスをお持ちですからどんどんシャッター切って下さい!どんな方法でも自然を傷めない限りご自由に撮られる様、期待しています。
Commented by pekeyama at 2009-05-24 03:27
EM@67先輩
身に余るお言葉、ありがとうございます。
まずはシャッターを切らないことには何も始まりませんよね。
自分を信じて、
そして自分で自分を縛る事無く
自由にレンズを向け、シャッターを切ることに致します。
最近ちょっとスランプだったもんで、
今日は、いや昨日はこちらこそ本当にありがとうございました!
Commented by itsuki at 2009-05-24 11:17 x
先輩さまの仰る通りですね~~

 ボクも長年銀塩を使い、300mmや135mmを愛用してました
 最近デジ・デビューしてからずっとデジですが
 出来上がった画像のピントが甘いのが気になりますね
 でも経済的な理由によりデジを愛用しています
 トリミングは反則ではないと思いますよ~~
 センスの良い画像であれば トリミングしてもやはり素晴らしいですよ
 デジなら後のコストを気にすること無く撮れますから
 どんどん撮ってくださいね~~
Commented by nomusan at 2009-05-24 17:49 x
>トリミングは反則ワザではなくセンスです。
う~ん、心に残るお言葉です。私も撮り始めた頃はトリミングには抵抗がありましたが、今はほとんどトリミングしています。センスがあるとは言い難いですが・・・。
Commented by pekeyama at 2009-05-24 18:14
PEKEが悩んでいたのは
トリミングを行う時期です。
シャッターを切る前に
ファインダーの中で
画面構成をフィックスしてしまいたい!
だから・・・
被写体にレンズフードが触れて・・・
シャッターチャンスを逃した事もあります(笑
昨日は・・・
お池の中で産卵するギンヤンマを前にして
鳥見ING中の皆様の持つ長距離砲の最適レンジ・・・
PEKEの愛機ではアウトレンジ・・・
しかし水面は渡れない!
そして
まずは撮らなきゃ!
あとでトリミングしたらエエねん!
どうトリミングするかが、唯一センスが問われる場所なんやから!

吹っ切れました。
お蔭様で今日は、久方ぶりにミューズ降臨!!!

先輩ありがとうございました!
<< 美女図鑑・ZODIAC編・3 美女図鑑・ZODIAC編・2 >>