標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

キベリハムシ・1

図鑑でしか見た事無くて
ずっと憧れている昆虫は、それこそ星の数ほどあるのですが
とおくヒマラヤの高山や、アフリカの大草原や、南米の大密林や、
見知らぬ異邦の地に棲む昆虫たちはさておき
身近に生息していて、そんなに珍しい種類でもないのに
何故か今まで出会うことなく、憧れのままでいる昆虫がいくつかあります。
PEKEの場合、それは
アカスジキンカメムシだったり
ルリボシカミキリだったり
キベリハムシだったりします。
そのうちアカスジキンカメムシは一昨年だったかな?
マンションの近くで画像採集することができました。
ルリボシカミキリはまだ憧れのままです。
で・・・
キベリハムシは
Matsuさまから「六甲森林植物園の正門横で発生中」の情報をいただき
先週の日曜日、ついに出会うことができました。
c0062511_1124921.jpg
c0062511_113230.jpg
c0062511_1131778.jpg
c0062511_113285.jpg

2009・07・26 神戸市立六甲森林植物園

唯一の食草であるサネカズラの上におりました。
鋼のように輝く青色は、「我青春のブルードルフィン号」のボディと同じ色です(笑
月並みな表現ですが、そのままブローチになりそうなムシでした。

さて、残るはルリボシカミキリか・・・(爆
by pekeyama | 2009-07-29 11:08 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/12033745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< キベリハムシ・2 2009年・PEKEYAMA氏... >>