標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

美しいもの、その名は蛾・1

昨日、
曇り空の下
クマソ嬢に会うべく神戸は三宮、相楽園へ・・・
午前11時
撮影開始と同時に雨が空から落ちてきて
東屋で雨宿りして
小降りになるのを待って一時退却!!!
午後14時
餃子で腹ごしらえをした後、再度チャレンジ・・・
菊の花を訪れたのは、
何やら白くヒラヒラした、モンシロチョウに良く似た蛾(笑
c0062511_1910160.jpg
c0062511_19103757.jpg
c0062511_1911070.jpg

2009・10・17 神戸市中央区 相楽園

mmerianさんが「自宅の庭で撮った画像」をアップされていた
「モンシロモドキ」っていう蛾です。
手元の九州の昆虫図鑑(南方新社の旧版)では
食草は、
アサギマダラ他、マダラチョウが好むという「スイゼンジナ」だそうです。
きっと他にも色んな植物を食べているんでしょうね。
じっくり見ると、案外に綺麗な蛾です。
ヒトリガの仲間なんですが、
図鑑をみると別嬪さんぞろいのグループのようです。

深みにはまらぬように・・・
要注意!?
by pekeyama | 2009-10-18 19:25 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/12665640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mmerian at 2009-10-18 20:46
九州と関西、遠く離れていても同じ蝶(あっ、蛾でした~)を同じ日にアップするのは嬉しいですね(^^)
早速ヒトリガの世界を覗きました
深みにはまらぬように・・・・
要注意ですね!爆
Commented by pekeyama at 2009-10-19 06:03
mmerianさま、おはようございます。
モンシロモドキ、綺麗な蛾ですね。
同じ日に
遠く離れた場所で
同じ虫を撮るなんて
嬉しいですね(笑
nomu先輩とは一度
同じ日に「クローバー畑のツバメシジミ(@交尾中)」を
九州と関西で撮影、アップして
浅からぬ縁を再確認した事がありましたよ(爆

ところで、スイゼンジナってキク科ですか?
もしもそうならば、相楽園のモンシロモドキは
菊花展の菊に誘われてやってきたのかもしれませんね。
<< 駅の鳩 黄昏風景図鑑・1 >>