標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

PEKEYAMA氏の「ハナムグリと花」図鑑・4

森林植物園の「香りの丘」で
見慣れぬマメ科の花を見つけた。
眩しいばかりの新緑の中で
明るいレモンイエローが爽やかだった。
その花の名は「キングサリ」
c0062511_2214661.jpg

その姿から想像するに
「キングサリ」とは「金鎖」の謂いだろう。
虫の気持になってみれば
美味しそうな花だ。
特にハナムグリの気持になれば
これは全く
ハナムグリが
会社帰りのP某の気持になってみれば
美味しそうな飲み屋だ(爆

案の定・・・(笑
c0062511_22101258.jpg
c0062511_22102431.jpg
c0062511_22103590.jpg

2010・05・22 神戸市立森林植物園

時々心配になります。
朝起きたらハナムグリに変身してはいないかと・・・
毒虫でないのが唯一の救いかな?

今夜は「ミッションNKK」に思いをはせています。

さてNKKとは何か?
KKは・・・
AKKは撮った事も採った事もあるし・・・
残りはOKKとNKK
OKKは撮った事ないけれど
死体を拾ったことあるし、まあいいや!

フフフフフ・・・
by pekeyama | 2010-05-25 22:20 | 昆虫 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/14455264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by luehdorf at 2010-05-26 01:46 x
「ルリボシ…」、早速手に入れて仕事の合い間に…。
プロローグの「大切なのは、何かひとつ好きなことがあること、そしてその好きなことがずっと好きであり続けられる旅程が、…」の一節に惹かれました。
若い頃に「ムシ」にハマった経験があることを「汚染」と称したのは、池田清彦氏を構造主義に引き込んだ柴谷篤弘氏だったでしょうか?
「エライ学者になるほど『汚染』の過去を隠す…」とまで…。
池田さんにしても福岡氏にしても過去のそして現在も「汚染」されていることを隠そうとしない潔さ。拍手です。

黄色いマメ科…、鉄兄ィに頼まれたクララを想起させます…。

「KK」ってクサァ~イのですか?
Commented by pekeyama at 2010-05-26 05:59
「ルリボシ・・・」
我慢しきれずに「プロローグ」と「エピローグ」だけ
ちょこっとかじりました。
「プロローグ」が素晴らしかった!

「KK」はクサァ~イ奴の仲間ですが、
AKKはそんなことなかったですねぇ~
今日は作戦方面の地図を買いに行こうっと!
Commented by itsuki at 2010-05-26 08:21 x
何やねん!
 二人で訳の解らん会話を・・・・
 AKKだのAKBだのと・・・・何のこっちゃ・・・・・

 ↓の関連でカミキリのことかなぁ・・・・・
Commented by pekeyama at 2010-05-26 22:57
itsukiさま・・・
HKA・・・
完品欲しいです!
HKAって・・・
へ**キ**ア**でしょ!

AKKはねぇ~
カミキリムシではありません(笑
Commented by itsuki at 2010-05-26 23:03 x
ううううう・・・・
 そんなに勿体ぶってたら・・・・・

 HKAは神戸に行かずに
 名古屋止まりになりますぞ~~~~(爆)
<< 2010年・PEKEYAMA氏... PEKEYAMA氏の「ハナムグ... >>