標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

DATSUN 510

今朝は世界一周旅行はちょっと一休みです。
かわりに「510」です。
「551」ではありません。
って朝から又、訳の判らぬ事を喚いております(笑
さて「510」とは何か?
それは3代目ブルーバードの事であります。
(ちなみに「551」は大阪で有名なぶたまんのブランドです)
画像はこれです。
c0062511_675462.jpg
c0062511_68242.jpg
c0062511_681296.jpg

1967年のデビューで
PEKE家もこの車に乗っていました。
たしか国産車では初めて三角窓を廃止したデザインで、
子供心にもカッコイイなぁ~って思いましたねぇ~
オヤジは「ハンドルが軽い!馬力がある!」ってご機嫌でしたっけ。
当時サファリラリーでも活躍し、
PEKEもラリー仕様のプラモデルを作って部屋に飾っていましたっけ。
時代も違うのでしょうけれど
持っていて、或いは見ているだけでもドキドキするような車って
最近少ないようなきがして少し寂しいです。
先週の土曜日、三宮で見かけた個体ですが、
今は懐かしいクロームメッキのバンパーが錆びかけていた以外は
とても綺麗でした。
ナンバープレートから想像するにワンオーナーカーかな?
街で古い車を見かけると嬉しくなるPEKEでした。

余談ですが・・・
「たぬき食堂」のママが始めて手に入れた車が
この510の緑色の2ドアハードトップだったとかで
その話だけで生ジョッキが3杯空になった夜もありましたっけ・・・(爆
by pekeyama | 2010-06-03 06:26 | 自動車 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/14510802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by itsuki at 2010-06-03 08:46 x
おお~~っ!
 懐かしの「名車・510」ですね
 WRCで活躍した「サファリ・ブラウン」を思い出しますね
 サニー・クーペと同様でスタイリッシュで人気の高い「名車」ですね
 今 こうして見ると”鉄チン・バンパー”も新鮮ですね
 当時のツゥィン・キャブはとても元気でしたね
Commented by pekeyama at 2010-06-03 21:43
>懐かしの「名車・510」ですね
SSS(スリーエス)っていうグレードが最高峰でしたっけ・・・

スーパーソニックと呼ばれた
ロングニーズ・ショートデッキの
プレーンな直線で構成されたそのスタイル!
4輪独立懸架なんていう、小学生にはちょっと読めない
どうやら先進技術の塊のような足回りを示す言葉!
当時、「うちのパパは凄い車を買ったんだ!」って
とっても嬉しかったなぁ~

もしも今、
そのコクピットに座り・・・
スティアリングを握り・・・
キーをまわしてエンジンに火を入れ・・・
クラッチを踏み、ギアを入れ・・・
ハンドブレーキをリリースして・・・
アクセルを踏み込む・・・

嗚呼!
どんな感じがするのだろうか?
<< 80分間世界一周・9 80分間世界一周・8 >>