標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

2010年・ミッションOKK・1

ミッションOKK
ついに発動されました!
OKKとは・・・
かの有名な工作機メーカー「大阪機工」ではありません!
OKKとは・・・
カメ(ムシ)友ならすぐに解ってもらえる
オオキンカメムシの事です。
KMさんと、愛息A君と、三人で
海の見える丘で、
展望台のベンチにすわり
お弁当を食べながらのんびりと
OKK君が飛んでくるのを待ちます。
c0062511_1905100.jpg
c0062511_1903525.jpg

例年ならば10月中旬の晴天無風の気温の高い日
OKK君たちは海を渡るべく
この場所へ集って来るのですが、
今年は猛暑の夏の名残の所為でしょうか?
ひょっとしたら旅支度が遅れているのかも
旅するアサギマダラは居たのですが・・・
c0062511_19542.jpg

年中組のA君はお気に入りの昆虫を
お父さんに頼んで自分専用の標本箱にコレクションしているそうです。
KMさん、良いパパですねぇ~
今日、新たにA君のコレクションに加わったのはコレ!
c0062511_1993488.jpg

ショウリョウバッタ♀の茶色型です。
ショウリョウバッタには4つの型があり、
すなわちそれは
出現率の高い順に
「緑色」「緑+白筋」「茶色+白筋」「茶色」の4型
そしてA君が手に入れたのは
一番レアな「茶色型」
やったね!A君
で、肝心の大人の採集は・・・
「アケビコノハ幼虫とクロネコの相似について」
A君から出された命題について議論したり(嘘)
c0062511_19155949.jpg
c0062511_19162137.jpg

アカメガシワの葉陰に潜むクダマキモドキにドッキリしたり(笑)
c0062511_19185487.jpg

そして最後はA君が見つけた樹上を舞う大きなトンボ!
そのシルエットは
中年虫屋の灰色の脳髄にしまわれた
昆虫大図鑑のデータベースにヒットしない!
これは怪しい!
須磨!
もとい・・・
すわ!
関西初記録種発見か?
二人して
ひたすら、ただひたすら
「降りて来い!」「止まれ!」
神の御前で祈りを捧げ祀る中年男二人の願いを聞き給え!
そして・・・
♪時間よ止まれ!命の目眩の中で♪
ってE・YAZAWAばりに心の中で熱唱した甲斐あって
光学12倍ズームが役立つ時が来た!
c0062511_19312784.jpg

こんな時こそトリミング!
c0062511_1932578.jpg
c0062511_19321575.jpg

見慣れぬトンボはかなり大型の赤トンボです。

迷トンボ、ハネビロトンボと思うのですが・・・
どんなんでしょう?

KMさま、OKKnullの件は決して気になさらないで下さいね。
再来週、再チャレンジ致しましょう!
ついでに迷トンボも何とかものに致しましょう!
だから今日のタイトル
頭は「2010」
末尾は「1」にしました(笑)
by pekeyama | 2010-10-17 19:40 | 昆虫 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/15305490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nomusan at 2010-10-17 19:55 x
むぅ・・・・・OKKは残念でしたねぇ・・・。
トンボはハネビロトンボでよろしいかと・・・。
2年ほど前、私も福岡市で見て、「見たことないトンボ!」ってどきどきしながら撮影した記憶が・・・(笑)。
近頃は関東方面でも見られるみたいですよ。
Commented by K.M at 2010-10-17 20:52 x
採るより撮るほうが、難しいのは当たり前だのクラッカーなのですが、この珍なトンボは撮れても、採れずw
こんなことなら、鳥屋になったろかといじけてしまいました。毒吐いてすんません。
Commented by pekeyama at 2010-10-17 21:08
そういえば「ヤマガラ」が沢山居ましたなぁ~
毒吐いてすんません(爆
今日は竿とレンズの長さ比べで
50cm×5段=250cmと
35mm×(光学)12=420mmの
僅かな差が出ましたね(笑
鳥屋と云えば
ワシタカの渡りのコースと
OKKの渡りのコースは
はたしてラップするのでしょうか?
アサギマダラとは概ねラップするようですが?
Commented by K.M at 2010-10-17 21:28 x
きれてしまいましたが、今のところ私はミーハー昆虫屋です。珍に足をかけると、妻子に突き放され、鳥に足をかけると、300mmF2.8テレコンにごっつい三脚という難行苦行になると、今冷静になるようクールダウンしています。
Commented by pekeyama at 2010-10-18 05:47
ハネビロトンボ・・・
チョウに例えればどんな感じですかねぇ~
ツマグロヒョウモン的ですが
ツマグロよりは珍ですよねぇ~
Commented by K.M at 2010-10-18 17:21 x
私も初めて見たトンボです。たとえたら、けっこう存在感あるし、2~30年前の神戸のナガサキアゲハみたいなもんですかねぇ…。焦らなくても増えてきたりしてw
でも、欲しい!
ミーハー的には、トンボはデカくて特にハネに色がついてるやつが好きなんです。
鳥の渡りのポイントは山塊の端とか岬とか飛び石の離島…
虫も一緒な気がします。ただ、虫は小さいので、見つけにくいからよりピンポイントなポイントになる気がします。鳥より蝶、蝶よりカメムシのほうが…
Commented by pekeyama at 2010-10-18 22:15
データベースにヒットしない違和感・・・
しかし翅が大きいっていう直感・・・
お互い知らず知らずに鍛え上げてきた感性・・・
捨てたものではないですねぇ~
って・・・
自画自賛の夜もたまには良いもんだ!(笑
Commented by K.M at 2010-10-19 19:54 x
そうそう!
そうなんです。
理屈ではなく
経験からくる、野生の勘みたいな『珍』なオーラ。
網振る前のドキドキ感!
採れなかったり、逃がしたりしたあとの悔しさ…
これがあるから、やめられまへんなぁ
わたくしの原動力です。
逃がしても、それが未来の興奮の貯金。
振込むからこそ麻雀は楽しいのでありますw
Commented by pekeyama at 2010-10-19 22:24
松田聖子言うところの
「ビビビ」ですなぁ~(爆
<< 2010年・秋合宿・7 2010年・秋合宿・11 >>