標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

続・ハナムグリ

爽やかな初夏の昼
池沿いの遊歩道
木漏れ日と思いきや・・
c0062511_603524.jpg

いきなり
「いやぁ~!」って娘の声!
すわ、一大事と「駆け寄った父親の目の前で
娘の指差したものは・・・
c0062511_631592.jpg

そしてふと樹上をみあげると・・・
c0062511_641122.jpg

そうです
池の周囲にはカワウのコロニーがあったのでした(笑)
c0062511_655183.jpg

2011・05・15 明石公園
実は彼女、直撃弾の被害に2度会ってまして
1回目は小学校4年生くらいかな?
新品のお気に入りのデイパックにポトリ・・・
以来そのデイパックは父親の虫捕り用に払い下げされ、現在に至っています。
2回目はこの春
父親との待ち合わせ場所に、髪を気にしながら不機嫌そうに顕れた娘
きけば「小鳥の落し物・・・」って・・・

さて・・・
なんでタイトルがハナムグリで
中身がカワウのはなしなのか?って・・・
フッフッフッ!
それは内緒です(爆
by pekeyama | 2011-05-19 06:16 | 昆虫 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/16348451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by K.M at 2011-05-19 06:53 x
もしや…

もしや…

連想ゲーム

鳥の巣…

ハナムグリ…

5月。
Commented by pekeyama at 2011-05-19 22:52
そうです!
♪その名は、その名は! **********!♪
♪大風に聞け!オレの名は! 
 ********! ここにあり!♪
あの**の数は酔っ払っているからエエ加減ですよ(爆

昔の図鑑には」「普通種」っぽく「夏、樹液に集る昆虫」って
「ノコギリクワガタ」「カブトムシ」
「アオカナブン」に「小さなトコでは「ケシキスイ」ってな感じで
その片隅にさりげなく「ア*マ*ラ*ナ*グ+リ」って・・・

今聞けば・・・
その幼虫は・・・
猛禽(ハチクマって蜂を主食にする鷹)の巣の底に
代々積もり積もった腐植土?で育つとされ・・・
そして数年前・・・
豊岡のコウノトリの巣の底で発生が観察され・・・
そこから先はよく判りませんが・・・
それならカワウのコロニーなんか良いんじゃなぁい?
って誰かが思ったのかどうかは知りませんが・・・
こいつははたして「妄想か?」
Commented by K.M at 2011-05-20 12:21 x
シルビアとミヤコグサって感じで、よく知らないけど、どれくらいの巣の堆肥があれば安定して累代していけるのか??
ずっと長年無農薬の堆肥使っているところが狙い目かなとかこれも妄想でしょうかね。
近所で牛小屋や畑のあった、ちっさい頃には見たことあるんですよ。
今は全然みないです。
Commented by pekeyama at 2011-05-20 23:17
ええいっ!
その名はアカマダラハナムグリだぁっ!
珍品らしいっ!
その理由は
その特殊な食性にあるらしいっ!
一度・・・
実物が見たいっ!
<< アオスジアゲハ ハナムグリ >>