標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

我青春のグリーングラスホッパー号

c0062511_2361858.jpg

緑色だから・・・
バッタです(^-^)
しかし、正式なボディカラーの名は、「アーリー・スプリング・グリーン」です。
そうです!
早春のさみどり色!
ギフチョウの舞う雑木林の林床の色です!
で・・・
真夏に何故に?
そりゃ、酔ってるからに決まっているさ!(;^_^A
娘はご機嫌です!だいたいにおいて、パパが連れていってくれるお店は、美味しいけれど、(年頃の女の子的には)お洒落でない、と言う評判でした(T_T)
だから・・・
イケメンのバーテンが目の前でシェーカーを振って作ってくれてたカクテルは・・・
ハッピーベリー・・・
PEKEが頼んだのは、高一の夏に初めてバーだかスナックだかで飲んだマンハッタンで、父は娘に碌でもない思い出を語ったのでした(^-^)
その後は・・・
馴染みの立呑屋へ行って、ママから自慢の串カツをおごってもらい、何だかパパはもてるらしいって、ちょっと見直したらしく、サービスが良いです!o(^-^)o
まぁ、今後、どんな彼氏が出来て、どんなお店でデートをするのか判りませんが、まぁ、大丈夫かな?って・・・
いや、油断大敵!(;^_^A
おーい!
今度は何処行こう?
by pekeyama | 2012-08-10 23:06 | 自動車 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/18328364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ケムンパス at 2012-08-11 10:03 x
グラスホッパー号って、なんか、草原を走る車って感じじゃないですね。やっぱり、絵になるのは真っ赤なポルシェかなぁ?グラスホッパー号は擬態化してしまって、探すのがたいへんそうですね。雪の中のグラスホッパー号なら、絵になるかも…ん?
Commented by pekeyama at 2012-08-11 14:26
車の色は大事ですねぇ~(^-^)
各車、イメージカラーが設定されています。
グリーングラスホッパー号は、販売店の試乗車上がりの中古車なので、この鮮やかな黄緑色は、イメージカラーそのものです(^-^)
昔はカーレースの世界ではナショナルカラーがあり、仏・青、独・銀、伊・赤、英・緑等です。
ブリティッシュ・レーシング・グリーンは深緑色ですね。
だからポルシェはジャーマン・シルバーで、真っ赤な車はPEKE家の家計、もとい、イタリアン・レッドのフェラーリですね(^.^)b
以上、ブログでトリビアでした(^-^)
Commented by ケムンパス at 2012-08-11 16:27 x
いゃぁ、でも、歌にするなら、真っ赤なフェラーリでは、ちょっとねぇ!私は、やっぱ、百恵ちゃんの真っ赤なポルシェがいいや!
Commented by pekeyama at 2012-08-11 18:19
この歌が流行っている頃、トヨタから、いつかはクラウンの第一歩のエントリーカーとして「ターセル」「コルサ」と言う2ボックス車を、「百恵の赤い靴」ってキャッチコピーで売り出していましたねぇ~。
懐かしいです。
歌の方は確か紅白歌合戦で、NHKが「ポルシェ」を許可せず、「真っ赤な車」って変更させたとか、させなかったとか・・・
真相は如何に?
<< シュウメイギク・壱 野菜の花・伍 >>