標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

シュウメイギク・壱

c0062511_7145621.jpg

立秋が過ぎ、ここ数日は若干涼しく、しのぎ易い。
関西は7月の祇園祭と天神祭の頃が一番暑いとも言います。
秋の花、シュウメイギクの蕾が早くも大きくふくらんでいます(^-^)PEKEは明後日から又2週間の病院生活ですが、退院する頃にはもう散ってしまっているかな?(T_T)
by pekeyama | 2012-08-12 07:14 | | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/18332490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ケムンパス at 2012-08-12 08:03 x
しゅうめいぎくって、英語で『JAPANESE ANEMONE』って言われています。さて、問題です。『SEA ANEMONE』『ANEMONE FISH』って、なんでしょう?お大事になさってください。
Commented by itsuki at 2012-08-12 14:10 x
あれ・・・・・・?
このブログって・・・・お花のブログでしたっけ・・・・・・?
Commented by pekeyama at 2012-08-12 18:53
〉さて、問題です・・・
って、ニッコリ笑って人を斬るタイプ?(^-^)
悩むなぁ~!
悩むと髪の毛、抜けるなぁ~!
「君」と並んで失いたくないものの一つなんだけどなぁ~(T_T)
さて、シーアネモネ・・・
海の中で、花に似たもので、多分、生き物やね(^.^)b
PEKEの大好きなビールのおつまみに「オニオン・フラワー」なる玉葱のフライがあり、これは花にも見えるけど、海の生き物ならイソギンチャクに似ているぞ!
よし!
イソギンチャクに清き一票を投じよう!
さて、結果はどうだ?(^-^)
Commented by ケムンパス at 2012-08-12 19:20 x
それは、それは、ありがとうございます。ただ、気まぐれなので…。わかりませんが…。1問、正解50点ですよ。私は2問出しましたが…。
Commented by pekeyama at 2012-08-12 19:40
〉あれっ・・・
このブログって・・・
うーん( ̄~ ̄;)
最初はチョウチョウのブログだったかな?(;^_^A
でもでもでもでも、
世の中すべからく、
「光」と云えば「影」
「山」と問えば「川」
「酒」と頼めば「スルメ」
だから「蝶」と来たら「花」で・・・
まぁ待ち人来たらず(T_T)って事で・・・
ちょっと苦しいPEKEでしたね(^-^)
Commented by pekeyama at 2012-08-12 19:49
えっ!
出題は2問?(;^_^A
ひょっとしたら・・・
いや・・・
ひょっとしなくても・・・
「シーアネモネ」と
「アネモネフィッシュ」は
別物でした?(;^_^A
とすれば、イソギンチャクが花ならば、そこに来るのは「ニモ」だ!
「カクレクマノミ」だ!
今夜は冴えてる?
Commented by ケムンパス at 2012-08-12 20:06 x
2問正解、100点です。でも、映画『ファイティング・ニモ』のせいでカクレクマノミが乱獲されて、カクレクマノミもイソギンチャクも激減しているとか?さて、問題です。クマノミはなぜクマノミって言うでしょう?
Commented by K.M at 2012-08-12 23:06 x
行くとこにいけばワラワラいますよ…。
初心者ダイバーに見せやすい潜りやすいところで乱獲と言ってもめてるだけだと思います。
Commented by pekeyama at 2012-08-13 06:04
「ニモ」って、確か人間に捕まって水族館へ連れて行かれたお父さんを探しに、子供のニモが仲間と旅をするお話でしたよね?
何故に、そんな映画に感動した後にクマノミを買いに行けるのか?
今、目の前で泳いでいるのは、ニモのお父さんかもしれないのに!
まぁ、実際には魚に親子の情があるとは思えないから、映画は映画、現実は現実ってところですかねぇ~。でも、子供にせがまれて買うのは、教育上よろしくないと・・・
さて、第三問の答は、次のコメントで・・・
Commented by pekeyama at 2012-08-13 06:38
〉クマノミは何故クマノミと言うのか?
難問ですねぇ~!
和名だから、日本語ですねぇ~!
クマ・ノミと分解したらよいのかな?
それともクマのミと読めばいいのかな?
クマは熊か、隈かな?
ノミは蚤か、飲みか、喫みか、鏨か?
ミは実か、身か、味か、箕か、海か?
どれかの組合せに間違いないと思うのだが・・・どれも確信が得られない(T_T)
熊蚤、熊鏨、熊の箕あたりかな?
お手上げです!
Commented by ケムンパス at 2012-08-13 07:00 x
正解は歌舞伎役者の化粧の『隈取』隈(くま)からきているそうです。みは魚の意味の『み』だって。ということで…。乱獲って、日本では一時期鑑賞用に熱帯魚って流行りましたね。『グッピー』とか…。金魚や錦鯉も昔から、鑑賞魚として、品種改良されてきました。ペットショップも多かったですね。
Commented by pekeyama at 2012-08-13 07:45
多分、クマノミも、イソギンチャクも、生態系ピラミッドの麓付近に位置しているから、数は多いのでしょうねぇ~。
でもクマノミは、クマノミだけで飼育できるのでしょうか?
イソギンチャクは簡単に飼育できるのでしょうか?
乱獲云々の実態は知りませんが、クマノミについては、映画のストーリーから考えるに、なんだかなぁ~って感じです。
Commented by K.M at 2012-08-13 09:46 x
クマノミはクマノミだけで飼えます。海水の飼育は濾過設備にかなりの覚悟が必要です。イソギンチャクは水温や水質の欲求度がクマノミより厳しく、水を汚すのでワンランク飼育は難しいです。
カクレクマノミは完全養殖が成功しており、そのうち斑紋パターンの派手な品種改良に向かうと思います。
Commented by K.M at 2012-08-13 09:58 x
クマノミが入ってるような大きいイソギンチャクは地球にくっついていて、ああみえて根っこの足は複雑な岩の割れ目や窪みの奥にくっついていていて、採集は困難ですね。
Commented by ケムンパス at 2012-08-13 14:24 x
なんか、シュウメイギクから、ずいぶん逸れてしまってすみません。イソギンチャクは、一緒にいるクマノミがいなくなると死んじゃうみたいですよぅ。イソギンチャクは、おっしゃるとおり、捕るのたいへんみたい。でも、減っているのは相棒がいなくなっちゃったから。
Commented by K.M at 2012-08-13 16:03 x
それはありません
クマノミが越冬できない分布域に単体でイソギンチャクは分布し、死滅回遊で夏だけクマノミがはいるイソギンチャクなんてザラにあります。
クマノミとイソギンチャクのみをセットで考えるのは違っています。実際イソギンチャクには共生するイソギンチャクカクエエビとかカクレガニとか何十種もの複雑な関与があります。
Commented by ケムンパス at 2012-08-13 16:25 x
そうですか。なんか、すごくからまれている感じがするのですが…。でも、サンゴもイソギンチャクもクマノミも激減しているのは間違いないようですよ。まぁ、海の中のことなんで、ホントのことは誰にもわからないと思いますけど…
Commented by K.M at 2012-08-13 18:55 x
空気よまなくてすみませんm(_ _)m

事実を述べたつもりです。

乱獲に濡れ衣を着せて、自己満足のナチュラリズムを正当化されることにはちょっと敏感な私です。

できましたら、乱獲のせいにせず環境破壊が原因と言ってくださいましたら幸いです。

ちなみに環境破壊も文化的生活の犠牲である程度は仕方ないとも思っていますが…。

乱獲でクマノミやイソギンチャクを絶滅させるのは無理だと思いますよ…。

ちっさい島の固有亜種なら話しは別ですけど、それを言い出したらクマノミもすごい種類が増えて、もめる魚だと思いますw
Commented by ケムンパス at 2012-08-13 19:47 x
なんか、パソコンで調べた情報がいい加減ってことなのかしらね?ウィデペディアに『ファイティング・ニモ』の影響でクマノミの乱獲されて、サンゴやイソギンチャクも共に激減って書いてありましたし、シドニーのABCラジオのコメントにも書いてあったのですが…。でも、私はホント、実際、どうなのかわかりませんが、乱獲にたいしてはあった話しじゃないかしら?
Commented by K.M at 2012-08-13 20:13 x
すみませんです。

シドニーの事情はわかりませんでした。

私の意見は私の見た狭い範囲の日本~東南アジアの感想です。
Commented by ケムンパス at 2012-08-13 21:34 x
K・Mさんにたいしては、すごく物知りの方だと思います。オーストラリアでクマノミの乱獲があったという事実とクマノミとサンゴとイソギンチャクの激減とは海洋学者の喧嘩ではなく、見解に委ねた方がいいのかしら?いずれにしても、真実は海の中に~かな?今後ともよろしくぅ
Commented by pekeyama at 2012-08-13 23:59
今さっき、お仕事から帰ってきました。
二週間のお休みを取るのはなかなか大変です(T_T)
何だか、茶飲み話、もとい、クマノミ話で盛り上がってたみたいですねぇ~(^-^)
最初は秋の花から始まって・・・
話がラグビーボールの様に弾むのって面白いなぁ~!(^-^)
<< 蓮の花・壱 我青春のグリーングラスホッパー号 >>