標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

幸せの青い蜂

c0062511_883967.jpg

コレが噂の「幸せの青い蜂」ですよ!
フォト・バイ・Mr.KM
m(__)m
名前は・・・
m(__)m
忘れてしまいました!
m(__)m
KMさま、よろしくお願いします。m(__)m
by pekeyama | 2012-09-10 08:08 | 昆虫 | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/18437510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by K.M at 2012-09-10 08:59 x
あら、またややこしいの振られたw

ナミ、ウス、ヤマト、タカオ…

ルリモンハナバチでいいでしょ…。

それでも一般人にはややこしいかもしれませんがw

子どもにはブルービーって言ってます。
Commented by pekeyama at 2012-09-10 21:20
ありがとうございます。
日本には、4種類もの「幸せの青い蜂」が生息しているのですね。
すなわち、ナミルリモンハナバチ、ウスルリモンハナバチ、ヤマトルリモンハナバチ、タカオルリモンハナバチの4種類ですね。どれが一番の珍品で、出会った時の「幸福度」が高いのか?
っていうのは虫屋の愚問ですね。
ところで、いつ、誰か、どこで、なぜ、ルリモンハナバチを幸福の使者としたのか?
これは一種の都市伝説のように思いますが、真相は如何に?
まさかオッサンの虫屋が、若いネーちゃんの関心を引く為に、大きな下心を持って、口からでまかせ・・・
だ!だ!だれだ!
鏡持って近付いてくる奴は!
♪寄るな!触るな!弾けて飛ぶぞ!♪
Commented by 6422j-nozomu2 at 2012-09-10 22:44
わあー。偶然同じ蜂を撮影されていますね。ルリモンハナバチでも種類があるんだ。一番レアなのはどれかな?でも、ペケさんも撮影されているということは、さほど珍ではないんだ。ガックリ。大変失礼いたしました。(笑)
Commented by K.M at 2012-09-11 02:52 x
真相は…
とある地方の売り込みキャラクターではないかと、
阿蘇高原美術館w

ま、おかげでミーハー種の仲間入りっすよ…。
Commented by ケムンパス at 2012-09-11 05:15 x
ブルービーをアップしていただきありがとうございます。これで幸せになれるかなぁ?ここに幸あり!
Commented by pekeyama at 2012-09-11 06:12
ノゾピーさま、ご無沙汰してます。
ルリモンハナバチの画像はKMさんから頂いたもので、PEKEは今年はまだ出会っていません(T_T)
何処にでも居そうで、何処にでも居る訳でなく、微妙な蜂ですね(^-^)
だから「見たら幸せ」なのかな?
Commented by pekeyama at 2012-09-11 06:22
あー、そーでしたか(^-^)
エキサイトのブログでは、検索を受けたキーワードがその数と共に判るのですが、数年前にルリモンハナバチをアップした週のROM数が急上昇しました。
調べたら「青い蜂」で検索の嵐!
訳が判りませでした。
アカスズメフクロウをアップした週にもそんな現象が起きました。
TVの影響、恐るべし!ですねぇ~(^-^)
Commented by pekeyama at 2012-09-11 06:26
さぁ、ケムンパスさんも今度の休日は、幸せの青い蜂を探しに、周りに自然がある場所へ出かけましょう!(^-^)
Commented by K.M at 2012-09-11 10:57 x
ズビバゼンw
ウスの別名がヤマトだったみたいで3種のようですw
ウス(ヤマト)が珍みたいです。
Commented by pekeyama at 2012-09-11 19:11
PEKEの姓名判断によると、タカオルリモンハナバチが、東京都の高尾山辺りで、戦前に数♂の記録があり、新種として記載されるも、♀は未発見のまま、戦後の記録はなく、昨年亡くなった北杜夫の未発表作品、昆虫記の続編にも、その存在が殊の外熱く描かれており、世の昆虫マニアは、老若男女を問わず、その再発見を熱く望んでいる・・・
って・・・
モウソーが止まらない!
Commented by mmerian at 2012-09-12 08:49
私も昨日、ルリモンハナバチを追っ掛けました。
4種もあるなんて!
気をつけようっと(^^)
Commented by K.M at 2012-09-12 11:58 x
ふふふふふ

どうやら、いろいろ調べたら本当に日本に謎の4種目のルリモンハナバチが存在してそうです。

ちなみにタカオは琉球ね…。
Commented by pekeyama at 2012-09-12 21:17
幸せを求め、皆で追いかけよう!
ルリモンハナバチ!
って、蜂にしてみたらば、ゆっくりと蜜も吸えず、メーワクな話かなぁ~(^-^)
Commented by pekeyama at 2012-09-12 21:26
ありゃ、
ひょうたんなら餃子
もとい、
ひょうたんから駒ですね(^-^)
して、まだ見ぬ第四のルリモンは何処に?
で・・・
タカオはリューキューでしたか・・・(^-^)
Commented by K.M at 2012-09-12 22:03 x
選択クイズっす!
タカオルリモンハナバチは西表島から沖縄に分布するルリモンハナバチです。
ヤマトルリモンハナバチは関西の海岸植物の浜辺に生息します。ナミルリモンハナバチは分布は本州、四国、九州です。
さて謎のルリモンハナバチは?
①小笠原諸島にいる
②対馬にいる
③与那国島にいる
④ランゲルハンス島にいる

さあ! ファイナルアンサー!
Commented by pekeyama at 2012-09-13 06:09
我が緑あふれるランゲルハウス島に1票と行きたいところですが(^-^)
もう一晩だけ考えさせて下さいな!m(__)m
Commented by pekeyama at 2012-09-14 06:25
ファイナルアンサー!
うーん
判らんなぁ~
アーン
悩ましいなぁ~
エーン
泣きたいなぁ~

エエイ!
決めた!
独断と偏見で決めた!
ズバリ、対馬でしう!
小笠原はお仲間の分布から離れすぎてる。
与那国は悩んだけど居るなら西表島と同じ種類でしょうね。
対馬は位置的にも大陸と共通する種類が、別種で居そうです。
さしずめ、チョウセンルリモンハナバチってとこかな?
Commented by K.M at 2012-09-14 07:08 x
ファイナルアンサー?

2擢に絞る?
Commented by pekeyama at 2012-09-14 15:17
純真な心でKM様のコメントを読むならば・・・
ここは「対馬」「与那国」の2択で、なおかつ正解はPEKEが答えた「対馬」ではなく、「与那国」やな!(^-^)
ひねくれて考えならば、「ランゲルハウス」「小笠原」の2択で、「小笠原」でしょうね。
性格判断まで絡めてくるとは、なかなかやるなぁ~!(^-^)
PEKEは対馬で良いですよ(^-^)
ROMの皆さまは如何お考えでしょうか?(^-^)
Commented by K.M at 2012-09-14 18:18 x
では、行間を読むのはあまり好きではないのですが、ご期待にお応えして、素直とひねくれた両方の発言から、行間を読ませていただきます。(突っ込みどころとの判断のもと…)

なんか微妙に自分に自信がないながら、一度自分が決めたことは曲げない、ちょっとかわいい頑固者って感じかな…。
\(^ー^)/

では正解の私の用意していた2擢をどうぞ


③与那国島にいる
④ランゲルハンス島にいる

この2擢にした理由は、更新すすんでるし、あんまり引っ張ってもしゃーないというのが理由っすよ~。
Commented by pekeyama at 2012-09-14 21:16
やはりランゲルハウス島でしたか!
インスリンルリモンハナバチ(仮称)ですね!
蜂だけあって、甘い蜜をせっせとセルに仕舞い込むのがお仕事なんですね(^-^)
繁殖のお手伝いにアマリールをあげたらいいかもしれませんね(^-^)
或いは、お片付けを邪魔する奴をやっつけるジャヌビアをあげてもいいですね(^-^)

君って、全く!
「ユーコト」機関長やな!
友達無くしてしまいそうですね(T_T)
KMさまm(__)m
<< アジサイ・壱 イケメン >>