標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

日本クワガタ大全・1

夜の街は危険である。
あちらこちらに陥穽が待ち受けている。
それは何も
赤い灯や、青い灯ばかりではない!
暗闇から飛び出してくる無灯火のバイクでもない!
露地の奥から近づいてくる肩を怒らせた兄ちゃんでもない!
ではそれは一体ナンなのだ?!

PEKEの場合は
陥穽が待ち受けているデンヂャラス・ゾーンは
本屋だったり
おもちゃ屋だったり
案外・・・
ケーキ屋だったり
たこ焼き屋に
餃子屋も危ないか・・・
(だって・・・糖尿親父なんだもん!)
最近は花屋も危険だったりする・・・
(だって・・・可愛い店員さんが多いんだもん!)
まぁ、しかし・・・
他人から見れば「勝手にしろ!」ってな世界ではある。

昨日、徹夜明けで病院へ定期検査へ行った。
体調は最悪で
着替えもしていない作業服で
辛うじて髭だけは剃って(コンビニは何でもあって便利だなぁと改めて認識しました)
美人の主治医さまに逢いに行った。
検査の結果は以外にも良くて
それはそれで良かったのであるが・・・
検査が終わって再び会社へ戻る途中に・・・

おもちゃ屋の店先でそいつに出会ってしまったのである。

一体、何に出会ったというのか?

それは、これぢゃ!
c0062511_23522814.jpg
c0062511_23525710.jpg

正体はガチャガチャである。
チョコエッグで一世を風靡したあの海洋堂が
松村しのぶを「造形総指揮者」に据えて
「森羅万象を詰め込んだ小さな博物館」と名打って
「カプセル・ミュージアム」こと
「カプセルQ」で
「日本のクワガタムシ大全」全7種を発売したのである。

我慢ができずに・・・
2回だけ回しちゃいました・・・

で・・・
出たぁ!いきなりオオクワガタぢゃぁ~!
c0062511_043838.jpg

c0062511_05023.jpg
c0062511_051559.jpg

触覚と脚の造形が若干ルーズであるが
ボディの質感はリアルである。
さすが海洋堂の誇るカリスマ造形師「松村しのぶ」である。

二頭目はさて何であったか・・・
知りたいか???
今夜はもう遅いから、教えてあげない(笑)
by pekeyama | 2013-02-25 00:09 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/19398311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by K.M at 2013-02-25 18:54 x
よく見つけますねぇ~。
ミーハーはちょいフェチどころのキンオニクワガタとミクラミヤマクワガタとアマミシカクワガタを入れといて欲しかったなぁ…。
Commented by pekeyama at 2013-02-25 22:39
犬も歩けば棒に当たる!
PEKEの本業は営業マン!
よって・・・
デスクワークなんぞ糞食らえ!
って・・・
スカラベならば大喜びの世界ですが・・・
昔みたいに灯りの下に集まって吸汁に励む訳にもいかず・・・
って・・・何を言ってんだか!(笑)

ミクラミヤマは黄斑型が、松村しのぶ氏が自ら採集された個体を元に
フィギュア化されていますよん!
キンオニは
マレーの黄金オニとは全然違うのですね
鹿鍬形は何故に台湾からいきなり奄美にジャンプする?
PEKEはネブトクワガタをフィギュア化して欲しい!
<< 日本クワガタムシ大全・2 続々・クッブーダンキ >>