標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

日本クワガタムシ大全・4

トカラノコギリクワガタの赤ぢゃ!
かっこいい!
c0062511_23234768.jpg
c0062511_23242051.jpg
c0062511_232503.jpg

c0062511_11321366.jpg

撮りに行きたい!
by pekeyama | 2013-03-08 23:29 | 昆虫 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/19629865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by K.M at 2013-03-08 23:45 x
撮影のためにでもバナナトラップかけたら、何と言っても疑われてアウトでしょうね。樹液って行き当たりばったりではなかなか見つからないですよ…。
私は採集禁止のところには行かないと決めています。
期待できるのは民宿の灯火かな…。

離島に行く財力を手にしたころはすでに遅かったwww

これは気が向いたら養殖ものでも買いますわな…。
養殖ものも禁止されるまえに…。
Commented by nomusan at 2013-03-08 23:59 x
う~ん・・・・・
私が行った頃は、集落内で網持ってても「こんにちは~。」ってにこやかに
挨拶し合えてたのになぁ・・・・・
”離島度Aクラス”のトカラ・・・・もう行けないのかなぁ・・・・。
Commented by ふしみや at 2013-03-09 09:50 x
うん、トカラはまた行きたい!

秋に行って、ワンツの初記録狙い。

諏訪瀬島の飛行場跡にはシバハギあったし、居てると思うんやけどなぁ~。
Commented by pekeyama at 2013-03-09 10:52
伝え聞いた話によると
竹やぶにぶら下げたバナナトラップが
まっ黄色に見えるくらい
ウジャウジャと集まってきたらしいですね。
それはそれなりに圧巻で
アングルを工夫すれば面白い画像が採集できそうだけれど
やはり自然の。亜熱帯のグリーンの中で
あのオレンジ色が燃えているシーンを見てみたいものです。

あー行きたい!
Commented by pekeyama at 2013-03-09 11:04
もう15年位前になるのかなぁ~
宿の予約もしないまま
南国通信君に見送りで
あの小さなフェリーに乗り込んだのは・・・
あの頃の島の人たちは
蝶を採りにきたオッサンに、きわめて親切でした。

夕方、海岸に作られた共同浴場で汗を流し
民宿で飲んだビールが美味しかったなぁ~
瓶ビールなんだけど
離島仕様の瓶なんだろうなぁ~
瓶の表面に分厚いコーティングが施してあったのが
印象に残っています(笑)
当時幼稚園に通っていた子供達に
幼稚園で流行していた「3匹のヤギのガラガラドン」の本物だよ!
って、トカラヤギの写真を撮って帰ったなぁ~

あー行きたい!
Commented by pekeyama at 2013-03-09 11:12
ツバメシジミの初記録はふしみや君がだしたんじゃあなかったっけ?

PEKEは宝島へ行ってみたい。
うわさでは
島のどこかにキャプテン・キッドの財宝が隠されているらしい・・・
それを見つけてブログのネタに・・・
ちゃうちゃう
島のどこかに「来るなら来てみろ!宝島!」って看板が立っているらしい・・・
見つけてブログのネタにしてみたい(笑)
できれば
そこにトカラノコギリとかが止まってて
背景に東シナ海が青く輝いている・・・
そんな絵コンテが・・・
PEKEって案外計画的な性格でしょ?(爆)
Commented by K.M at 2013-03-09 12:40 x
宝島に~
ノコギリクワガタは~
おりまへ~ん

いたら凄い新記録!
新しい亜種でしょう!
ヒラタクワガタもネブトクワガタも宝島は亜種ですから…。
宝島は行きたい!

そこからがじゃじま(変換できない)っていう無人離島に行って新種探したい。
Commented by pekeyama at 2013-03-09 18:57
宝島にノコギリはいてまへんか・・・
残念!
臥蛇島は漁船をチャーターして渡るとよいです。
甲虫屋(多分ノコギリ屋)さんの採集記を
何時だったか
何処だったか
何かで読んだ記憶があります。
中国やら韓国やらの海賊さんの野営の痕跡があって
とってもスリルあふれる採集行になるらしいですよ!
それから灯火採集の機材を背負って
崖を高台までよじ登らなければならず
「発電機」やら「照明器具」やら「燃料」やら
かなり体力的には厳しい採集行になろそうです。
水だけは沢山持っていったほうが良いそうです。
何だか大学のクラブの合宿に良さげな島ですなぁ~(笑)
<< 続々々・小学館の学習図鑑シリー... 百万本の薔薇の花を・・・ >>