標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

日本クワガタムシ大全・5

窓を開ければ水の匂いが、暖かい風と共に・・・
イボタガが現れそうな夜です。
オオシモフリスズメが飛びそうな夜です。
エゾヨツメが舞いそうな夜です。
♪何だか僕、眠れない!愛せない!HEY!HEY!♪
蟲が恋しい夜だから
昆虫画像をアップしたい!

春の夜をはるかに飛び越え
真夏の夜にご招待!
クワガタムシぢゃ!
c0062511_22363169.jpg
c0062511_22371031.jpg
c0062511_22374593.jpg

さてこの大あごの形は何型かな?

ところで・・・
あとノコギリクワガタの蛹をGETすれば・・・
コンプリです!
by pekeyama | 2013-03-20 22:39 | 昆虫 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/19704454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by K.M at 2013-03-21 21:08 x
基本型っつーのか、サト型っつーのか、こちらでよくいる大物のタイプですね。大物は発生初期に多いと思ってるんですが…。
Commented by pekeyama at 2013-03-22 06:24
>大物は発生初期に・・・
クワガタ採るなら、カブトムシの羽化する前に
夏休みじゃ遅い!
って話は、このことを指すのでしょうか?
ミヤマクワガタの大物といえば
PEKEはヨーロッパの森で
ブローニュとか、フォンテンブローとか・・・で
ヨーロッパミヤマクワガタを撮ってみたいです!
Commented by itsuki at 2013-03-22 23:08 x
ブローニュ・・・って・・・・
あのドーバー海峡に面したパリ北西の都市ですか・・・?
僕らの業界でもブローニュは人気がありますよ
カキやムール貝、初夏のアスパラガスなど・・・美味しいものがいっぱいあります
でもパリより緯度が高いので寒いのでは・・・・・?
Commented by pekeyama at 2013-03-22 23:18
夏の夜
ブローニュの森で
灯火採集をしましょう!
ワインは辛口の白がお勧めみたいですねぇ~
Commented by itsuki at 2013-03-22 23:30 x
辛口・白なら・・・・
マコン・ブランより ミュスカ・デ・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リーがいいかな・・・・
初夏の夜にぴったりだよ~~~♪
(なまえはながいが ききめがすごい!)・・・・・ホンマかいなぁ~~~?
Commented by pekeyama at 2013-03-22 23:38
ところで
フランスには焼酎ってないですか?

クワガタを楽して捕るなら樹の枝にバナナ・焼酎・ストッキング

Commented by itsuki at 2013-03-23 00:06 x
う~~~~・・・・・
フランスには焼酎は無いけど・・・コニャック、アルマニャックやマールがありますよ
どれもブドウの蒸留酒です 所謂ワインの搾りかすの蒸留酒ですから
焼酎に似てるかな・・・・度数も高いし香りもいいよ~~♪

Commented by K.M at 2013-03-23 09:49 x
当地では平野部でヒラタ5~6月、ミヤマ、オオ6~7月、ノコ、カブト7~8月ですかね。ヨーロッパではロンドンだったかな?公園にクモツキが普通に飛んでるってなんかで読んだ気がしますよ。ヨーロッパミヤマはフランスは天然記念物だったかで、珍品かも…。
Commented by pekeyama at 2013-03-23 21:49
お~~~っ!!!
いわゆる一つの・・・
「水で割ったらアメリカン!」って・・・奴ですな!
バナナ・・・
いやフランスだったらリンゴを漬けて
ストッキングに入れて・・・
木に吊るせば・・・
絶対に巨大なミヤマクワガタが・・・
やって来るとは思うのですけど・・・(笑
Commented by pekeyama at 2013-03-23 22:00
当地(昭和40年代の京都市の西の郊外)では
ヒラタは「ベタ」と呼び
特に大きな♂の個体を「化けベタ」と呼び、珍重致しておりました。
ミヤマは「ヘータイ」と呼びましたが「兵隊」の謂いでしょうか?
オオは「サムライ」と呼んだらしいのですが
小学生の時、4年間で2回だけ、
クワガタ採りを得意とした同級生がGETしたのを見せてもらいました。
ノコは「ウシ」と呼んでましたが、
これは「牛」の謂いでしょうね。
って・・・
発生期のお話が・・・(爆)
<< 桜咲いてた、知らぬ間に シャドー >>