標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

ルリハコベ・・・かな???

渓谷の崖に
しがみつくようにして咲いていた
空色の小さな花です。
ハコベの一種のように思えたので
花の色から
これ「ルリハコベ」か!
って独り勝手に思ったのですが
しかし
今は昔
ロング・ロング・イヤーズ・ア・ゴー
かれこれ30数年前
生物同好会の春合宿で訪れた
3月下旬の対馬
陽射し眩しい岬の果で
蝶班は「タイワンモンシロチョウ」を追いかけ
「クロツバメシジミ」を探しましたが
植物班は「ルリハコベ」の花を観た!って大はしゃぎでした。
どうやら暖かな地方の海岸がお好みの花のようで
決して・・・
兵庫県の山中、
渓谷の崖に咲く花ではなさそうです。
しからば・・・
PEKEが撮ったこの花は・・・
誰かその正体を暴いてくれーっ!

だから画像を・・・
「はよださんかい!」(笑)
「へい、すんまへん!」(爆)
c0062511_2032159.jpg
c0062511_2034722.jpg

画像採集地:2013-04-29 兵庫県宍粟市波賀町
by pekeyama | 2013-05-01 20:05 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/19970272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< GW第五夜 GW第四夜 >>