標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

復活!

復活!って・・・
ずーっと鬱々と暮らしているPEKEではないです(笑)
京都産の
国産スポーツカーの話です。
前世紀末・・・
京都は金閣寺道かな?
北大路と西大路の角に「トミーカイラ」っていう車屋さんがありました。
実際の生産はイギリスでしていたようですが
「トミーカイラZZ」っていう2座のオープンカーを作っていました。
公道を走るレーシングカーっていうのが売りの
かなり硬派な車でした。
それが電気自動車になって復活したそうです。
モーターの特性をフルに生かした加速で
0→100kmが3.9秒!
ちなみに「我青春のGGH号」ことマーチは13.0秒
同じ日産でフェアレディZまでくると約半分の6.3秒
スカイラインGT-Rが5秒台前半
ランボルギーニあたりで4秒を切る車種があり(ムルシエラゴ?)
世界最速はブガッティ・ベイロンの2.5秒みたいです。
ジェット旅客機の離陸時の数字はどんなのかな?
マーチしか体験したことがないPEKEには
すごい加速感と言えば飛行機の離陸しかない・・・(笑)
チラシを手に入れたのでアップしておきます。
実物はこの5月にオープンした「うめきた」にショールームがあります。
PEKEも早速観に行ってきました。
画像はちょっと出来が悪いので
今日はアップ致しませんが、まぁ、近いうちに・・・(爆)
c0062511_7154550.jpg

c0062511_7162561.jpg


ちなみにお値段は¥8,000,000.-だそうです。
たぶん性能からしたらリーズナブルなのかも知れませんねぇ~
by pekeyama | 2013-05-12 07:17 | 自動車 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/20131719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ミッションGのGは何のG? ある飲り方 >>