標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

行かなくちゃ・Ⅱ

橋の下には清き流れが・・・
そして・・・
鉄板の下には熱き炎が・・・
しかし・・・
笑顔の下には冷たい心が・・・
だから・・・
板子一枚下は地獄が・・・
でも・・・
石の下には・・・
木の皮の下には・・・
落ち葉の下には・・・
面白い虫が・・・

あかん・・・
何が書きたかったのか・・・
何をアップしたかったのか・・・
何を言おうとしていたのか・・・
♪そんな事さえ・・・
 判らんようになったんか!!!♪


ここは冷静に・・・
文脈を辿ってみよう!!!(笑)

まずはタイトル・・・
「Ⅱ」と言うからには
これは明らかに・・・
良く言って「続編」
普通に考えたら「二番煎じ」
とすれば・・
「一番絞り」なる麦ジュースのネーミングは・・・
秀逸でしたなぁ~(乾杯!)

そして・・・
「橋の下云々・・・」
土曜日の京都商用・・・もとい逍遥・・・
まさjか流れに向かって
(賞用に耐えぬものを向け)
小用をたしたその気持ちよさが・・・

ちゃうちゃう!
神に誓って!
仏に平伏して!
嫁に土下座して!

古来・・・
「山」と言えば「川」
「馬鹿」と言えば「アホ」
「男前」と言えば「P*K*]であった(爆)

だから・・・
「PK]なる胡乱なオッサンは・・・
橋を渡ったあと・・・
鉄の板を見たんだろうね・・・
「間違いない!」

「話が長い!」

「意味判らない!」

河原町通の東側を三条から四条に向けて・・・
ナンパ中・・・
もとい・・・
南下中・・・
こんな看板を見つけたのでありました!
c0062511_214013.jpg

「たこ焼」を焼きながら・・・
ええやないのん!
金髪碧眼のガールと
デビルフィッシュ・ボールとビアで乾杯!
標準語のオナゴと
たこ焼とビールで乾杯!
関西のおなごはんと
「美味しいたこ焼」と「冷たいビール」と「おもろいトーク」で乾杯!
関西はハードル高いからねぇ~

だけども!問題は!
きっと「回転率」が・・・
ごっつ悪おまっせ!!!
経営・・・
ダイジョブなんやろか?

お店は地下にあります。
女の子と行くにはいい感じかな?
c0062511_21533878.jpg


最後にチラシもアップしとこ!
c0062511_2283394.jpg


だれかPEKEとたこ焼食べにこ!(笑)
by pekeyama | 2013-05-14 22:08 | グルメ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/20183641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 凧妻 at 2013-05-15 22:27 x
あれ?
ココでも呼ばれてる???
あ・・・ココもたこ違いでしたかw

自分で焼いて食べるたこ焼き・・・出来上がりに差が出そうですねw
「コチュジャンたこ焼き」・・・かなり惹かれます♪
ビールと合いそうです♪♪♪
Commented by pekeyama at 2013-05-16 06:31
>出来上がりに差が・・・
お店の方の説明によると
(ちゃんと撮影許可をもらったのですよん!)
やはり最後にくるっと、まるっとひっくり返す工程が
なかなか・・・だそうです。
しからば関西産の♂ならば
他産地の♀の目前で
その鮮やかな手並みを披露して
「オー!アンビリーバボー!」とか
「キャー!信じられない!」とか
賞賛の嵐を受けて・・・(笑)

ところで
神戸のとあるたこ焼やで
「たこのみやき」なるメニューを発見致しましたが・・・
さて・・・
どんなんが出てくるでしょうか?
<< 南の島か?北の大地か?それが問題だ! 最近の楽しみ >>