標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

ぢうぢう・たこのみやき

「ぢうぢう」とは
「たこのみやき」なる謎の食べモンが
焼ける音のつもりである。
美味しそうだろう?
朝から食べたくなってきたろう?
いかがかな?

さて・・・
「たこのみやき」であった。
もうここいらで画像をアップし
その正体を明かさないと
PEKEは多くのブログ友達を
一気に失いそうである(笑)

が・・・
面白い?からもう少し引っ張ろうかな?

若い女性が
「わたしブタ!」
「あたしはウシ!」
と黄色い声を張り上げる場所が
大阪には沢山あるのをご存知か?
さて・・・
それは何処か?

もしもそこに
この謎の食いモンがあれば
「ウチはタコ!」
って娘も容易に見つけることができるに違いない!

そう
ご察しのとおり
その謎の場所とは「お好み焼き屋」であり
そして謎の「たこのみ焼」とは
これである。
c0062511_6261722.jpg

c0062511_6265255.jpg
c0062511_6273012.jpg

味は「ソース」と「醤油」の二種類がある。
この日、PEKEは「醤油」をチョイスした。
大変美味であった事を報告し、
長かったこのシリーズを終わることにする。
チャン、チャン!(笑)
by pekeyama | 2013-06-05 06:31 | グルメ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/20323836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by MatsuHimeji at 2013-06-05 09:57
う~ん、ごちそうさまでした。(^人^)
「わたしブタ!」とか叫んでたのは、傍から見ると噴飯ものだったのですね~。
今後は「ブタ玉をお願いします。」と丁寧に言おう!(笑)

姫路にはどろ焼きってぇのがあって、ソース好きにはたまりまへん。
Commented by pekeyama at 2013-06-05 23:34
は~い、お粗末様でした(笑)
PEKEが最初に勤めた会社は
近所に女子高と短大があり
駅前商店街のお好み焼き屋さんは
時間帯によっては
「わたしブタ」どころか
「キャー!わたしブタ!」の世界で
接頭語に「キャー」がつきます!(爆)
しかし・・・
ある日突然・・・
「ブタ玉一枚お願いします」なんていった日には
きっと・・・
「まっちゃんどうしたの?熱あるんちゃう?
 だいじょぶ?はよ帰って寝!」って・・・
お店を追い出されちゃいますよ!

どろ焼・・・
一度食べてみたい一品です。
お奨めのお店・・・
教えてくださいませ!
<< PEKEYAMA氏のコクピット図鑑 たこのみ焼の正体は? >>