標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

ちゅう!ちゅう!たこかいな!

たこ焼味のチューペットを食べた話ではありません(笑)
昔懐かしい、数え歌の一節です。
「チュウ・チュウ・たこ・かい・な」と区切って、飴玉でも、ビー玉でも、5つ数えられます。
たこ焼屋の前で小銭入れの中の100円玉を数えているのは
給料日前のPEKEです。
立飲み屋の前で小銭入れの中の500円玉を数えているのも
給料日前のPEKEです。
あと2週間・・・
長い道のりです!(笑)
さて・・・
話は・・・
えーっと・・・
そうそう・・・
たこ焼です。
PEKEの頭脳は鶏に比較的近いらしく
3歩歩くと、すでにそれ以前の記憶は飛ぶようです(爆)
色々なお店でたこ焼を食するのが
PEKEの「ささやか」かつ「ひそやか」な楽しみであります。
で・・・
幾つ食べるか?
多くのお店は一人前何個かを「ふね」か「さら」にのせて供してくれます。
1個売りは、数年前に仕事で通った大阪府立大学の通学路にあった
駄菓子屋っぽいお店で見かけた記憶がありますが
ほとんどのお店はn個Y円って売り方です。
で・・・
今日の話題は
Yはさておき
nに代入される数字なんです。
いつも行くお店の例をあげると
大阪は梅田界隈では
「はなたこ」は「6」「10」の2種類
「たこハウス」は「8」「12」「20」の3種類
「しおや」は「8」の1種類
神戸は三宮
「たこぜん」は「6」「8」「10」の3種類に、4種盛りをたして4種類です。
すべて偶数ですね。
だからどうしたんだ!
って声が聞こえてきますが
PEKEは見つけてしまったんです!
名付けて「素数たこ焼」!
なんと「7」と「11」の2種類!
数学好きな人にはたまらん数字やおまへんか?
画像は「ねぎポン酢」で
葱に隠れて数は数えにくいかも知れませんが「11個」盛りです(笑)
c0062511_842137.jpg

画像採集地:京都市 三条京阪地下 2013-06-03

あとたこ焼ではありませんが
神戸元町の「ひょうたん」の餃子も
一人前7個ですが
こちらは昔は8個だったそうなのですが
もう10年くらい前になるのかな?
小麦粉の値段が高騰した折
値段(@370)を上げるわけにはいかないと
苦肉の策で個数を1個減らしたとか・・・
いつだったか一人前を頼んだ初老のカップルが
最後の1個をめぐって喧嘩されたことがあり
面白かったなぁ~
今は最低、一人一人前をオーダーするシステムになっています。
しかし
裏で営業しているライバル店の「赤**」は
一人二人前以上のオーダーで、追加注文は不可なので
居心地があまり良くないようです。

さて・・・
今日は今から会社へ行って
たまった書類と格闘せねば・・・(泣)
by pekeyama | 2013-06-09 08:52 | グルメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/20343959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 大きな車と小さな車 変りやすい心 >>