標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

じゅうわるにいは、ご!

季節は梅雨だが
今年は空梅雨なのか
毎朝、
朝日のバイクのうるささと
朝日の光の眩しさで
きっかり五時に目が覚める!

さて・・・
起承転結の「起」は
今夜は無事に
それも「早起き」の話で・・・
絶妙のアクセルワークで
スタートを切った!
だから次の難関は「承」である!
ひょっとしたら
過去、数々の蛇行運転は
もとい
四輪ドリフト
あるいは
慣性ドリフト
ひょっとして
「幻の多角形コーナリング」
に失敗して挙句の果ての
スピンアウト!
もしくは
「ガードレールとの熱いKISS」は
第一コーナーでのブレーキングポイントに問題があったのかもしれない!

「承」である。
第一コーナーのアペックスに向けてスティアリングを切る前に
足首を骨折したかの如くに曲げて
踵でアクセル
爪先でブレーキ
ボンネットの下で咆哮する
「ツインカム4バルブ、ストレート6」に耳をすまして
その行為を指して「承」と言おう!

「転」である
けっして「横転」ではない!

梅雨が明ければ夏が来て
セミが鳴くのである!
「羽化登仙」なんて言葉を
酔っ払って歩く
終バスを降りて歩く
マンションの公園の
大きな樹の幹で
無事に地下での服役を終えて
地上に這い出てきた
バルタン星人を見つけては
思い出すのである!
そういう自身の魂は
すでにエーテル蒸気の作用によって
南佳孝氏歌うところの
♪銀の星屑瞬く夜空へ、これから君を迎えに行く♪
♪青いセロファン突き抜けカシオペア座まで出かけよう♪
♪誰も僕らに手は出せない!月に吼える犬よ・・・BYE!GYE!BYE!♪
♪君と僕は翼を広げて星空に!♪
って世界に・・・

さて・・・
ハタと困った「結」である!


創作ノートによると
当初はこういう思考過程に基づいて展開されるはずであった!

たこ焼→一人前の個数→10個→ハーフ&ハーフ=5個×2→5個=素数→素数:1・3・5・7・11・13・・・
→13年蝉・17年蝉→素数蝉→蝉→夏の昆虫→梅雨

なんと複雑怪奇な思考回路であろう!

南佳孝、再び・・・
♪俺をわかってくれなくていいさ・・・
 心の影なんて、読めるほうがおかしいよ・・・♪

おっと!
画像はどうした!PEKE!

まずは
たこ焼「10個のハーフ&ハーフ」は
素数である5個の「柚子醤油味」と
素数である5個の「塩マヨネーズ味」で
c0062511_2353525.jpg


そして店の名は・・・
♪店の名はライフ 自転車屋の隣 どんなに酔っても辿りつける・・・♪
♪最終電車に乗り遅れたと言っては、たむろする一文無したち・・・♪
ではなくて
「茶虎屋」でした(承 もとい 笑)
c0062511_23583266.jpg

c0062511_001488.jpg

カップルが目立つ
日曜日の夜の梅田茶屋町界隈は
c0062511_09163.jpg

休日出勤の帰路に
一人寂しく・・・
素数の寂しさを学んだPEKEでした・・・(笑)

一応・・・
「起承転結」に・・・
なっているはずです!(爆)
by pekeyama | 2013-06-12 00:04 | グルメ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/20357656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 凧妻 at 2013-06-12 22:53 x
「起承転結」・・・国語の時間にしっかり習いましたねぇ~♪
なぜだか、我が家の子ども達の書く文は 「奇笑転落」 !

明日はテストだぁ~
頑張れ中学生!!!
数学思考もあるぞ~ 英語もあるぞ~ 
・・・そして、もちろん国語もあるぞぉ~~~(笑)
Commented by pekeyama at 2013-06-13 09:54
>「奇笑転落」 !
素敵だなぁ~!
シンパシー感じます!

「奇笑」で掴んで、「おち」を付ける・・・
すなわち「転落」
称して「奇笑転落」
吉本新喜劇で学ぶ、正しい日本の・・・(笑)
テスト頑張ってください!
宝石箱をひっくり返したような
眩しい夏休みが
もう目の前にせまっていますよ!


<< ランタナ 夜のアジサイ >>