標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

君は渓の百合!明日の星!現世に類もなし

いきなり何を!?
ミッション「起」は、
とりあえず成功かな?(笑)

これは・・・
実は・・・
PEKEが中学生の頃に親しんだ「賛美歌」のワンフレーズです。
ませた中学生♂が
そのまま恋文にパクリそうなフレーズです。
しかしPEKEはパクリませんでした!
だって毎朝チャペルで歌っていますから・・・
だからPEKEは
ハイネの詩集から
「君、我かたえを過ぎ行きて進むとき、その裾の僅かに我に触れたれば、我心ときめきて・・・」
あるいは
川上澄生の画集から
「はつなつのかぜになりたや かのひとのまえよりふき うしろよりふく」
なんて気取ったもんだjから
勇気を持って投函したあくる朝は・・・
「PEKEYAMA君!あんた、わたしに何が言いたかったの!?」
見事に玉砕でしたが
それは正しい結果でしょうね(笑) 

すこし長いけれ「承」かな?
「クビナガオトシブミ」なんて虫もいることだし・・・

で・・・
第三ステージの「転」も難なくクリアー!

さて「結」ですが・・・
「画像」は何処だぁ~っ!

此処だぁ~っ1
c0062511_23371.jpg

c0062511_23573.jpg


画像採集地:2013-08-13 西宮市立北山緑化植物園
by pekeyama | 2013-08-15 23:06 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/20626092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 八月の青い空・4 水辺の光景・2 >>