標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

夾竹桃

夏の花といえば
夾竹桃も外せない。
太陽ぎらつく炎天下
校庭やグランドの塀際に
工業道路の道沿いに
赤い花が
、白い花が
濃い緑色の茂みの中に
荒涼とした風景を背景に
咲いている
揺れている
その風景は
たしかに夏を代表する風景である。

この花が好きか聞かれれば
多分答えは「NO」だけれど
この花が嫌いかと問われても
やはり答えは「NO」だろう
いや、どちらの場合も「YESではない」がより正確かな?

緑陰の多い植物園の片隅に咲く白い夾竹桃の花を撮ってみた。
c0062511_8595081.jpg

c0062511_904271.jpg

c0062511_912636.jpg

c0062511_923054.jpg

とても美しい花である。
純白に透き通る花弁の風情がとてもPEKE好み・・・(笑)
青空をバックに
c0062511_951535.jpg

そして太陽をバックに
c0062511_963581.jpg
c0062511_973150.jpg


9年前かな
初めて手にしたデジカメで
初めて撮ったのは
実は「白い夾竹桃」の花だった。

やっぱり「好きな」花の一つなんだろう。

今日は赤い夾竹桃を撮りに行こうかな?

画像採集地:2013-08-14 京都府立植物園
by pekeyama | 2013-08-18 09:11 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/20634469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 10000円の線香花火 楽しんでいるを通り越して使いこ... >>