標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

ハバネロぢゃ

駅前ビルの地下2階
お仕事帰りの午後8時
何故だか行列ができる花屋がある・・・
列を作るのは妙齢の女性たち・・・
誰か「妙齢の女性」について「明確」なる「定義」を・・・
って・・・
それは野暮というものだ!!!
皆様・・・
何処の何方に捧げるのかは・・・
大いに興味の沸くところですが・・・
皆様とても嬉しそうに・・・
あの花、この花、その花と・・・
赤に、黄色に、白に、青に・・・
ある女性はてきぱきと
さる女性はあれこれと
見ていてなかなか飽きない!楽しい!面白い!、世の中には
きっと
花の数だけ
悲しい物語があり、
嬉しい物語があり、

いや・・・
柄にも無い文章を綴るのは止そう・・・
それが証拠に・・・
薔薇の花のあちらには
蘭の花のこちらには
紅く艶やかに
蛍光灯の光を反射する
ハバネロの鉢植えが並べてあったのです。

嗚呼誰が買い求めては愛でるのか その紅き実の艶やかやかさをば
c0062511_2214338.jpg

誰が為にその紅き実を買い求む その美しさ 君は受け止めんか
c0062511_2220650.jpg

地下街の心潤おす緑なれば 葉陰の赤に心ときめき 
c0062511_22254551.jpg


画像採集地:2013-10-05 大阪市北区 西梅田
by pekeyama | 2013-10-10 22:28 | グルメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/20825326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< キツネの赤ちゃん 食欲の秋!読書の秋! >>