標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

2013年版PEKEYAMA氏のハロウィン図鑑・8

10月に入り
あちこちで
雨後のキノコの如く増殖した「カボチャ」たち
最盛期のピークはすでに越えたようです。
11月まで生きながらえる個体を観察することが出来るか否か?
毎年、大変興味深いところなのですが・・・

さて・・・
街中に蔓延ったカボチャのお値段・・・
気になりますよねぇ~(笑)
ほんの少しですが
その観察記録をば・・・

2013-10-17 京都市中京区三条河原町
c0062511_21482881.jpg
c0062511_21494453.jpg
c0062511_21503686.jpg

凸凹が美しく
色彩も豊かで
かっこいいカボチャですねぇ~

2013-10-28 大阪市北区梅田(茶屋町)
c0062511_21564100.jpg

c0062511_21564271.jpg
c0062511_21572538.jpg

まん丸で可愛く
色彩が鮮やかで
キュートなカボチャですねぇ~

2013-10-28 大阪市北区梅田(芝田町)
c0062511_2205612.jpg

c0062511_222356.jpg

凹凸の微妙なラインが何とも言えず悩ましい・・・
妖艶なカボチャですなぁ~

それぞれみんな
けっこうええお値段してますなぁ~
で・・・
買った人はやっぱり送料払って
自宅だか
恋人宅だか
愛人宅だか
お得意先だか

送るんでしょうねぇ~
20数㎏はさすがに持って帰れないでしょう!
でも・・・
南太平洋はヤップ島の石貨の如く
持って帰るのに要した苦労が価値を決定する・・・
なんてのはファンタジーを感じますねぇ~

とは言え
例えば真夜中にドアが叩かれ
そこに汗みどろの彼が大きなカボチャを背負って
息を切らしながら立っていたとしたら・・・
うーん・・・
今度、娘に聞いてみようっと!(爆)
by pekeyama | 2013-10-28 22:13 | ハロウィン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/20884408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2013年版PEKEYAMA氏... 松茸プリン >>