標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

花か団子か?

まぁ・・・
キムタク風に「ぶっちゃけ」言うと・・・
色気か?食気か?
って事なんですかねぇ~

PEKEは先の日曜日
(愛する)嫁ハンを
舞鶴までデートに誘い出したのですが・・・
(大いなる下心は置いといて・・・)
その口実は・・・
「一目五万本のアジサイ」だったのか?
「てんこ盛りの岩がき丼」だったのか?
二者択一!
正解された方には、厳選ばなる抽選の上・・・
真っ赤なアタックザックでも差し上げましょうかねぇ~(嘘)

夏に舞鶴に来たならば・・・
「岩がき丼」を食べなきゃ!
舞鶴中のお店が
てぐすね引いて待ってるぞ!
c0062511_21525061.jpg
c0062511_21535259.jpg

さて・・・
どのお店で食べる?
c0062511_21553679.jpg

c0062511_220446.jpg

PEKEは@が一番小さいお店をチョイスいたしましたが・・・

ツービーコンチニュー!(笑)
by pekeyama | 2014-06-16 22:02 | グルメ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/22241978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by K.M at 2014-06-17 19:38 x
私は船待ちの漁港で…
牡蠣玉とエビ玉を注文しました。
さて、妻のぶんはどっち?
子ども達は漁港とか関係なく、ざるそばご指定w

島に渡ったら牡蠣なんてそこらじゅうの岩にワラワラついてましたが、宿の人曰わく、6月の牡蠣は当たるから食べないでくださいって…

まあ、リュックはペケさんに使ってもらって引っ張って欲しいから、外しにいきます。

もちろんペケさんの目的は低カロリーで運動することだから、アジサイの撮影ですよね…
であわよくば、別の生き物とか植物がないかなぁってとこでしょ?
Commented by pekeyama at 2014-06-17 21:45
>さて、妻のぶんはどっち?
そりゃ
瀬戸内海の小島で
家族サービスしながら
旬のジャノメチョウ採るべく仕組んだツアーの昼飯で
店主お奨めの海鮮ネタを
一つ頼んだのならば・・・
当然・・・
「お前、半分分けしような!」
或は・・・
「貴方、はんぶんこしましょう!」
おおっ!!!
熱いなぁ~!
>6月の牡蠣は当たるから・・・
当たるのは、餌のプランクトンの毒性に起因するとか・・・
瀬戸内海と日本海では
棲んでるプランクトンが違うのかな?
舞鶴の牡蠣は夏です!
冷えたビールか、白ワインで
大きな奴をガンガン食いたい!

>であわよくば、別の生き物とか植物が・・・
雨の紫陽花畑を泳ぐ「蛇の目傘」が採りたかったのぢゃ!(笑)
でも「岩ガキ」ではなく
「万願寺唐辛子」と「とり貝」が食したかったのぢゃ!
それから・・・
「新仔烏賊」の煮干を買って帰りたかったのぢゃ!
リュックは誰にも渡さない???(爆)
Commented by K.M at 2014-06-18 18:29 x
私が人生経験の中で、もうあかん、もはやここまで、もうすぐ死ぬんだなオレ…
という臨死体験の経験は、大震災でもなく、ダニでも毒蛾でもなく、スズメバチでもなく、崖からの転落でもなく…
牡蠣なんです。
プリプリのデカい生牡蠣を一気に4個食った30分後に吐きはじめて下痢、永遠にからえずきが止まらず肛門開放状態でそのまま脱水症状へ…
喉が乾き、唾がでなくなり、目の焦点が合わず、まぶた開ける力がなくなり意識消失…
気がつけば病院で点滴をうけていました。
なので私はそれ以降牡蠣は食べません。
おいしいことは100も承知ですがね
食いたい人は止めませんが(点滴で治るしw)
離島や僻地なら止めるかもしれません。
Commented by pekeyama at 2014-06-18 22:28
>もうあかん、もはやここまで、もうすぐ死ぬんだなオレ…
臨死体験ですなぁ~
大概は・・・
綺麗な川の向こう岸に・・・
美しいお花畑があって・・・
って・・・
モロ、チョウチョの「超」マル秘ポイントやないですかぁ~

ちゃんと辛口の白ワインで消毒しないから・・・(笑)
<< 花より団子・1 紫陽花園にて・4 >>