標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

レアっぽいカメムシ画像

先の土日は
息子が通う大学の学園祭であった。
男親が
20歳を超えた息子の学園祭など
ノコノコでかけられるものか!
と言うのがPEKEのポリシーではあったが
息子が公私共々お世話になっていると言う先生には
やはり親としては一度ご挨拶をしておかなければ・・・
それに・・・
行けば可愛い現役女子大生による「美女図鑑」が・・・
と言うのは冗談であるが・・・
秘蔵の「獺祭・スパークリング」をクーラーバッグに入れて・・・
嫁ハンに手を引かれて出掛けたのであった・・・

青春の輝き、煌きに溢れる会場は
草臥れた中年男には居場所がない(笑)
喧騒を避けるように逃げ込んだ校舎の床に
大型のカメムシが這っていた。
c0062511_21104621.jpg

これからの季節
ベランダの洗濯物やら、カーテンの隅でおなじみの
クサギカメムシより一回り大きい!

Who is he?
by pekeyama | 2014-10-23 21:14 | 昆虫 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/22871039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fanseab at 2014-10-23 22:40
この子、キマダラカメムシの和名で、最近急速に北上している種のようです。先日、拙宅玄関のドアにもへばりついていて、その大きさにギョッといたしました。つまんでも臭くないらしいのですけど、さすがに素手で触るには気色悪かったです。
Commented by K.M at 2014-10-24 09:31 x
巨大外来移入種
キマダラカメムシっす。
ヒートアイランドの都市部の主に桜にいます。神戸市街地は既に陥落しております。
夏場の活性高いときは強烈にくさいっすよ。
晩夏に桜の葉に幼虫が塊でくっついてる姿はキンカメムシかと思わせます。
成虫みたいっすね。
越冬態はなんなんだろう?南のやつみたいなので、四季に対応してないのかもしれませんなぁ…。
Commented by pekeyama at 2014-10-25 09:18
fanseabさま、同定ありがとうございました。
これが(噂の)キマダラカメムシだったんですね!
>その大きさにギョッと・・・
まさしくPEKEもそうでした(笑)
この時期に見かける大きなカメムシといえば
オオキンカメムシは例外として
あの臭い臭いクサギカメムシ位しか思い浮かばないのですが
今回はその巨大さに引っかかり
画像採集とあいなりました。
Commented by pekeyama at 2014-10-25 09:25
KMさま、おはようございます。
「レア」「大きい」とトラップを架けておいたのですが
期待たがわず、見事に・・・(笑)

キマダラカメムシの名は、宮崎のmmerian様からは伺ってはいましたが、
まさか関西まで分布を広げているとは思いもよりませんでした。
首都圏にまで分布域を拡大しているようですね。

次回は緑の葉上で、画像採集してみたいものです。
Commented by K.M at 2014-10-25 11:36 x
幼虫は別としてあまり葉っぱにはついてないっすよ
だいたいはぶっとい幹に保護色でじっと止まっていますよ…
Commented by K.M at 2014-10-25 11:43 x
追加…
デカいっすけど、私の感覚ではもうレアではないっすよ。
クマゼミよりはレアですが…
Commented by pekeyama at 2014-10-25 19:00
>クマゼミよりはレア・・・
ロング・ロング・イヤーズ・ア・ゴー・・・
日本の夏が今よりも涼しかった時代・・・
日本の冬が今よりも寒かった時代・・・
京都の昆虫少年にとって・・・
クマゼミは・・・
長い夏休みの間に・・・
一度か二度・・・
その鳴き声を聞ければラッキーな位・・・
超レアな存在でした・・・

もしもタイム・トラベルが可能であるならば・・・
虫屋的には何時代に行くのが夢になるのかなぁ~
<Mさんは当然「メガネウラ」狙いせすよね!(笑)


40年前以上もの昔
<< 今日(10/23)の昼飯 大好き!ベニシジミ! >>