標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

斜めの会

正式名称は
「斜め上45度逆光開翅友の会」であったと記憶する。
今を去ること10年前・・・
ブログと掲示板で交流していた
D大生物同好会、KT大蝶類研究会、KS大生物研究会の
当時40台半ばのOBが
京都で新年会をしたのがその始まりである。
ちなみにその「会名」は
当時、三者の間で流行していた撮影アングルによるものと記憶する。
しかし一方で
開翅したその表裏を同時に撮れないものか?
光学的にも、物理学的にも
その実行には大いなる困難を伴う道を究めようとする一派もあったと記憶する。
はじめは10人にも満たぬ人数で始まった「飲み会」ではあるが
会を重ねる毎にその人数は増え
ある年などは京都を遠く離れた北海道と宮崎から佳人が参加したことがあったと記憶する。
又、名古屋、東京から日帰りで参加された猛者があったことも記憶する。

この会の特徴は
参加者全員のモットーが
c0062511_21474143.jpg

と言うところにあると考察する。
もちろんそうなると
c0062511_21494661.jpg

こうなるのであるが
しかしお互い
c0062511_2151447.jpg

と切磋琢磨してきた身の上でもあり
気まぐれな蝶の為に人生を棒に振った、もとい、人生の全てを賭けてきた面々なる故に
c0062511_21545346.jpg

大いなる心の余裕、懐の深さも身に付けており
c0062511_21571921.jpg

加えて極めてポジティブな考えの持ち主ばかりであり
c0062511_21584725.jpg

巷でしばしば観察される「ネットVSカメラ」の対立もなく
公式にカウントされる1次会開始16:00から、から3次会終了26:00まで10時間
非公式の-1次会やら4次会まで算入すれば・・・

いやはや
なかなか
新年早々の「大人の飲み会」としては
いやぁ~、なかなか良いものであるとじさんする。

また来年も!とその開催を大いに期待する。


とりあえず会長として
この10年間を総括する。

又、毎回、
縁の下の力持ち役に徹してくれる京都支部長のK氏及びH君
その円満なる人格で会をリードしてくれる九州支部長のN先輩には
格別の感謝をささげるものである。

PS
「斜めの会」の略称は本当に本会に相応しいものと感服する。
第二次世界大戦中の独逸において
「クラシック音楽」に対し「ジャズ」は「斜めの音楽」と呼ばれていたそうである。
「形式」にとらわれない「自由」を指して「斜め」と称したのである。

今夜は柄にもなくテンションが高いよるである。
これ以上呑むとかなり危険であると
55年中、40年を超える経験が囁いている(笑)

上から目線でのカキコを不愉快に思われる方々も多いと察する。
許していただきたい。
by pekeyama | 2015-01-13 22:24 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/23331149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 6422j-nozomu2 at 2015-01-14 06:41
夏目様、いや違ったP様
会長の重責、お疲れ様でした。
来年もお世話になります。
Commented by nomu376 at 2015-01-14 19:27
いやいや、昨年のフチ子さんといい、今年の変装メガネといい、
会長さんの名声は上がる一方でございますよん。
さぁて、来年は何が出るかなぁ(爆)???
Commented by pekeyama at 2015-01-14 21:32
ノゾピーさま、こんばんわ!
料理画像もさることながら
美女画像も楽しみにしているのですが・・・(笑)

次回は4月のミッションGで
お互いG姫よりもS尾嬢の登場を切に期待しつつ・・・(爆)
Commented by pekeyama at 2015-01-14 21:38
>さぁて、来年は何が・・・
ひょっとしたらI村君夫妻が赤ちゃん連れて・・・(笑)
Commented by mmerian at 2015-01-14 23:13
ふふふ・・・(*^_^*)
Commented by pekeyama at 2015-01-16 21:32
ははは・・・(笑)
Commented by Rhetenor at 2017-01-11 23:53 x
にゃはっ!!
<< 採集地:斜めの会 2015年・初呑み >>