標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

わびすけ

毎年、この時期
濃厚なヤラセ疑惑の気配を感じつつも
ついつい採集してしまう
とても難儀な風景です(笑)
この鉢はワビスケの樹の下にありましたが
c0062511_20482634.jpg
c0062511_20493067.jpg

こちらの鉢は空の下ぢゃ!
c0062511_20544333.jpg

c0062511_20554025.jpg

シャッタースピードを上げ、水面を叩く雨滴を撮れば
それは、なかなかかっこよかったかも・・・(笑)
折角の雨の日曜日だったんだから!
c0062511_20583347.jpg


やっぱり知識と技術も大切ですねぇ~
感性だけでは限界がありますねぇ~

画像採集地:2015-03-29 西宮市立北山緑化植物園
by pekeyama | 2015-04-01 21:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/23817311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by K.M at 2015-04-02 18:34 x
ちょっとたまらんので語らせてください
こういうベタな美しい動かない風景は
ハッセルとかペンタックス67とかの大判カメラで
コントラスト出すためにリバーサルフィルムで
質感勝負で低感度のコダクロームのASA64(敢えてISOとはいわない)かフジクロームのプロビアで
コントラスト出すために偏光フィルターかまして
デカい三脚使って風が止まるタイミングをはかり
絞り込んでスローシャッターで
パンフォーカスで
一枚一枚丁寧に撮って
現像してからルーペでピントとブレを隅々まで確認して
四つ切り以上に引き伸ばしてプリントし
色合いの質感を語るのが
おっさんのカメラの道楽だと思っていた時代がありましたね~
Commented by pekeyama at 2015-04-02 21:34
ォオッ!
「ツァラトストラかく語りき」
或は
「唇よ熱く君を語れ!」
ですなぁ~(笑)

PEKEも技術論は大好きです!
でも・・・
しかし・・・
画像採集に関しては・・・
被写体の選択と
画面の構成が
♪それが一番大事!♪
かな?って・・・

<< 雨の植物園・2 朝日の当たる部屋 >>