標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

今日も咲いています

c0062511_20565520.jpg

低温期型?
花弁に白い筋が入るのは・・・
by pekeyama | 2015-10-30 21:03 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/24877022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nomu376 at 2015-10-31 19:35
蝶屋の発想ですな。
まだ残ってたんや(笑)。
Commented by pekeyama at 2015-11-01 09:03
この春、三月に
越冬後に初めて咲いた花も
たしかこんな風に白い筋が入っていたような記憶が・・・
また、花の大きさも
夏に比べて一回り小さいような」気がします。
「気がする」ばかりで
正確な記録を残して
それに基づくお話でないところは
蝶屋らしくありませんねぇ~(笑)
Commented by ミーハー at 2015-11-01 09:19 x
ラベルをつけて押し花にしましょう!
Commented by pekeyama at 2015-11-01 09:27
標本にするならば・・・
ブリザードブド・フラワーに挑戦してみたいものではあるが・・・
Commented by ミーハー at 2015-11-01 17:50 x
市販の溶液に頼らず、アルコールとグリセリンと染料で、いつかトライしてみようかなと思っていたところっす。
ひまわりとか蘭とか押し花にむかない立体的な花で…
Commented by pekeyama at 2015-11-01 18:57
ひまわりとか蘭よりも
朝顔とか(夏の)ハイビスカスのように
一日しか咲かない花のほうが
PEKEは良いなぁ~
これは・・・
蝶屋とクワガタ屋の感性の差に起因するのかな?4(笑)
女性に
もとい
絵画にたとえると・・・
竹下夢二か?
ルノワールか?

いや・・・
芸術の秋にふさわしい話題ですなぁ~(爆)
Commented by ミーハー at 2015-11-01 20:36 x
サクラとかヤマシャクヤクとか薄っぺらく腰のない散りやすい花はむいてないそうです。
ハイビスカスは向いてそう。
Commented by pekeyama at 2015-11-04 21:18
ハイビスカスでブリザーブド・フラワー作って
ナガサキアゲハあたりを
躍動感あふれる展翅、展脚、展吻?して
臨床感あふれるジオラマ作成に着手するなんて如何かな?
<< 昨日も頑張って咲いていました 今朝咲いた! >>