標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

春の足跡・・・

春一番がやって来ましたね!
実家の二階で寝ていたPEKEは
夜半、屋根をたたく雨音で目が覚めました。
昼間、満開だった白梅が
雨に打たれ
風に叩かれ
しかし
♪そいつを運命(さだめ)と呼ぶのなら、覚悟の上で落ちた恋さ!♪(BY AKIRA)
もとい
♪笑って風雪を侵して咲いた花さ!♪(BY JOE)
平然としているであろう様を思い浮かべつつ
振り返っては
己の弱さを・・・
のろいはしないが
恨むか、悔むか、悩むかしつつ
眠れないまま長い夜を過ごしてしまった。

そして夜が明け、朝が来た!
嵐は去り、春らしく穏やかな陽が射していた!

花は散るからこそ美しいのか?
c0062511_19263888.jpg

c0062511_19231053.jpg



精神状態が少し良くありません。
それを言い訳にして
色々と不義理を重ねております。
皆さま、申し訳ありませんです。

画像採集地:2016-02-14 京都市西京区」
by pekeyama | 2016-02-14 19:33 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/25300233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 子供の頃にしませんでしたか? 早春の花・壱 >>