標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

ミッションPレポート・16

古人の教えはやはり大切にすべきである!
曰く・・・
「キショーテンケツ」
そう・・・
何事も秩序がヒツヨーなのである!
PEKEは・・・
ミッションPレポートにおいて
風の吹くまま
気の向くまま
なーんも考えぬまま
書き散らかした挙句の果てが
まぁねぇ~
エントロピー増大の法則は・・・

風呂敷を広げるのは止めよう・・・

北の城崎温泉ではパンツを脱がなかったが
南の那智勝浦温泉ではパンツを脱いだ!
温泉の看板・・・
理科少年は何か心惹かれるものがある!
何故かなぁ~
理科年表に通じる何か?
c0062511_2184288.jpg

しまったぁ~
パンツを脱がずとも
せめて城崎温泉でも
成分分析表の画像採集をするべきであった!
「詰めが甘いぞ!」
南の空から誰かの声が・・・
今夜は電車のデザインについてエエ夢見る積りであったが・・・(笑)

今は懐かし丸山圭子は
♪海辺の小さなホテル・・・♪と切なく歌い
PEKE家の風呂場からは
PEKEYAMAけいこが
♪はーなのいろはかわれるほどの・・・♪と調子外れで歌い
で・・・
記したかったのは
「海辺の小さな銭湯」である(笑)
c0062511_21222363.jpg

この戦闘・・・
なかなか秀逸なデザインではないかい?
完璧なるシンメトリーが素晴らしい!と・・・
PEKEは思う!
中心はやっぱりこのエントランス!
c0062511_21265957.jpg

色遣いのなかなかのもんですやん!

みなさんどう思われます?

画像採集地:2016-04-30 和歌山県那智勝浦町
by pekeyama | 2016-05-18 21:30 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/25619768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ミーハー at 2016-05-19 05:35 x
昔ながらの番台があって女将さんがいてる…
入湯料は直接女将さんに払う。
出たあとの定番のコーヒー牛乳恥ずかしくて買いにくいなつかしのパターン

ブログで遊ぶなら、前日の海水の温泉も弘法大師の湯にすればよかったかな?

でも、本物の温泉情緒を味わう代償にはシャワーがなくなるんすよね…

連日はつらいすかね。

わたしはこのレトロな番台タイプは絶滅危惧種のランク高いと思います。
Commented by pekeyama at 2016-05-19 20:40
>女将さんがいてる・・・
いや、ばあちゃんでしょ!ここは!
>定番のコーヒー牛乳・・・
いや、フルーツ牛乳でそ!ここは!
さて、ここは・・・
仁王立ちで・・・
左手は腰に当て・・・
右手に瓶をしっかり掴み・・・
顔は斜め上45度!!!
天井を睨みつけながら
(番台の女将さんから目をそらし???)
ここは一気にラッパ飲み!!!

銭湯・・・
絶滅が危惧されますねぇ~
あと・・・
四畳半とか・・・
♪若かったあの頃・・・
 何も怖くなかった・・・
 ただ貴方の優しさだけが・・・
 こわかった・・・♪

フッ!フッ!フッ!
MYブログなんで
何を書いても出禁の心配なし!(爆)
<< ミッションPレポート・17 城崎にて・3 >>