標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

日本は言霊の国であった・・・

金曜日の午前中・・・
黒いスーツに身を固めたPEKEは・・・
日本酒の注がれた杯を干しながら・・・
ふと思ったのであった・・・
「日本は言霊の国である」と・・・

何やら危うい書き出しである・・・

悪い噂が広がらぬ前に・・・
種子を明かしておかねばなるまい!!!(笑)

いえ・・・
あの・・・
その・・・
PEKEが担当している建築現場の起工式にですねぇ・・・
営業所長のカバン持ちとしてですねぇ・・・
参列させていただいただけでございますぅ・・・
でね・・・
神主さんの奏上する祝詞ってね・・・
「神様!
 誰某が、何処何処にに、ナンチャラいう建物を
 誰某に設計させて、誰某に建てさせるから
 無事に終わるようにヨロピク!」
ってお願いしているんですね!
もしもこの席に
八神純子を呼んできて
水色の雨なんて熱唱させては
決してならないんですわ!

うーん・・・
いつものとおりの
お約束の
いみわかめんたいこあらのまーち
もとい
意味不明の
書き出しですなぁ~
まずは・・・
「八神純子」って誰?
「水色の」雨って何?
ってとこですかな?(笑)

先週の火曜日「★★★★☆」ってい言うタイトルの記事をアップした・・・
そしてご丁寧にも
この四つ星は「四連敗」を意味するものではない!
とまで補足説明を加えた・・・
どうやらこの事が・・・
神様の逆鱗に触れたらしい・・・

実は今日・・・
滋賀と三重の県境に・・・
実ぃ葉ぁ氏と、その愛息「力の2号」君と三人で
さつきみどり様
もとい
キリシマミドリ様に
逢いに出かけたのであった!
実ぃ葉ぁ氏と二人連れだって
キリシマ嬢にデートを申し込んだのは
今回が四度目になる・・・

そう・・・
「★★★★☆」が・・・
当初の思惑とは大きく異なり・・・
「評価表」ではなく
「結果表」となってしまったのである(泣)

まさに
「日本は言霊の国」なのであった・・・

ならば・・・
残り一つの☆に賭け・・・
今シーズン・・・
あとワンチャン・・・
行こうではないか!
PEKEは「霧島」なる焼酎で
心身を清めて臨もうぞ!

ところで・・・
「霧島」なる焼酎には
」赤霧島」と「黒霧島」の2種類があると聞くが
「緑霧島」は寡聞にして・・・

明日は街へ出て
お神酒として「霧島(焼酎)」を買おうと思うが
神様!
「赤と黒」どちらが宜しいですか?
酒屋と本屋を間違えて
「赤と黒」〈岩波文庫?〉を買うようなボケは
決してかましませんので
神様!
嗚呼!神様!
それだけは信じて下さいませ!

だって・・・
PEKEは老眼ですから・・・
文庫本・・・
それも分厚い作品なんて・・・
手を出出せる訳・・・
ないじゃないですか!(爆)
 
by pekeyama | 2016-07-16 22:23 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/25797014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ミーハー at 2016-07-19 17:39 x
コウヤホソハナカミキリ採れたりなんかして、なんて言いながら行ってたら、採れちゃったりするのも言霊っすかね?
Commented by pekeyama at 2016-07-19 23:12
多分・・・
目標に向かって突き進むための
モチベーションの維持の為の
一手段として
言霊信仰は
大事!
ただし・・・
言葉にするTPOも・・・
大事!
ですよね!(笑)
<< PEKEYAMA氏の「閲覧注意... 水・木・金と、更新をサボった理由 >>