標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

ツルツル図鑑・壱

初めに断っておく!
このタイトルは・・・
自虐ネタでは・・・
決してない!!!

PEKEの聡明なる額は・・・
確かに安全地帯っぽい部分の面積が・・・
年々・・・
拡大する傾向にある事は・・・
否定しない・・・
安全=怪我ない→(日本は言霊の国である・・・)

しかし・・・
見た目と蝕感は・・・
大いに異なるものである・・・

話は数年前の夏にさかのぼる・・・
当時、花のJDであった娘の下宿で迎えた朝の出来事である・・・
普段は厳しい父親の穏やかな寝顔を目にした娘が・・・である・・・
思わずその額に触れた時の乾燥である・・・
「ネトネト」している・・・(笑)

第一コーナーにオイルをぶちまけた奴は誰だ!
いきなりツルッとタイヤが滑り・・・
またまた痛恨のリタイヤか???(爆)

タイトルのツル
それは漢字で書くと・・・
「蔓」である!!!

第一弾は・・・
やはり夏なら「ヤブカラシ」であろう!
「グラヒュウム・サルペドーン」」を手に入れるべく
パトロールと張り込みを
「八月の熱い砂」の上・・・
もとい
八月の青い空の下・・・
熱中症なにするものぞ!
ストーカー行為を働いたものである・・・(笑)
それも・・・
今回は・・・
金網越しっである・・・
c0062511_21173548.jpg

c0062511_21184612.jpg

c0062511_21201045.jpg

c0062511_2130678.jpg


金網越しのアオスジアゲハ
もとい
オーバーフェンスのグラヒュウム・サルペドーン
画像採集意欲が湧きたちますなぁ~

うーん・・・
ちょっとばかし変態っぽいかもなぁ~

-画像採集地:2016-08-20 西宮市鷲林寺
by pekeyama | 2016-08-20 21:27 | 植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/25914786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< RE:君の名は・壱拾弐 夏の花・モミジアオイ >>