標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

お留守でした・・・(泣)

この炎天下
PEKEが片道1時間もかけ
3つの峠を越え
植物園に行くのには
やはり
もちろん
当然
理由がある(笑)
その一つが・・・
これである!
c0062511_09091321.jpg

ガレージの主に
♪逢いたくて 逢いたくて 逢いたくて 逢えない・・・・♪
昨日も留守であった・・・・

さて・・・
このガレージの住人は
表札の通り「MG RV8」である!
英国生まれの
小さいけれども、力持ちの女の子である!

ネットで画像を拾い集めてみた!
c0062511_09082719.jpg
c0062511_09082719.jpg

c0062511_09082719.jpg
うーん・・・
エキサイトの新しい投稿画面・・・
画像の削除はどうすりゃいいんだぁ~(笑)

小さなオープンカーだが
ボンネットの下には・・・
排気量3.9Lの、V型8気筒エンジンが搭載されているのぢゃ!
c0062511_09093722.jpg
エンジンルーム・・・
キチキチですなぁ~

コクピットも狭いよ!
でも「スポーツカーを着る」って言う表現もあり
狭いほうが「人馬一体」ならぬ「人車一体」感が感じられて
それが「味」と言う評価もあるそうです
c0062511_09104582.jpg

さて・・・
此処のRV8は・・・
六甲山をこんな風に飛ばしているのかなあ~
c0062511_09101343.jpg
バブル華やかなりし1990年代半ば・・・
マツダ・ユーノス・ロードスターの世界的ヒットを追いかけて
小型スポーツカーの名門MGが
負けじ!と思ったか
二匹目のドジョウを狙ったか
その辺はよく判らぬが
60年代に一世を風靡した名車「MGB」のボディに
ランドローバーからV8エンジンを移植し
外装を手直しして2000台ほど生産した
2座のオープンカーである!
なんと2000台のうち1500台が日本で売れたそうである!
新車当時の価格は4~500万円ってとこだったかな?
多分クラウンとかと同じ位だったのではなかろうか?
当時、会社の近くのガレージに1台棲息していて
通勤途中に横目で眺めながら
いつかはRV8・・・
なんて・・・
同僚と話しながら通勤していたことを思い出したのである



by pekeyama | 2016-08-28 17:23 | 自動車 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/25935269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「お」は「おすきなふくは?」の「お」 ツルツル図鑑・伍 >>