標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

リハビリ開始

週明けからの社会復帰に向け
ランゲルハウス島の滞在中に
すっかり鈍った身体を元通りにすべく
遅ればせながら
本日よりリハビリを開始いたしました。
まずは手始めに
糖尿病の運動療法も兼ねて
食後1時間後に、約1時間の有酸素運動・・・
手っ取り早くウォーキングを行う事に致しました。
とは言え、いきなり遠くまで出歩いて
万が一にも体調不良に襲われたら目も当てられませんので
まずはマンションのぐるりを周回する事にしました。
とりあえずはまず一周歩いてみて
所要時間と体調を測り
それから何周するか?決める事にしました。

スタートは朝食1時間半後、9:30にしました。
マンションの北側、廊下を東へ歩きだします。
c0062511_19273807.jpg
行く手はこんな感じです。
c0062511_19355873.jpg
振り返ると、随分歩いてきたなぁ~
c0062511_19311397.jpg
次は南側の遊歩道を西へ向かって戻ります。
c0062511_19374192.jpg
c0062511_19385523.jpg
インターロッキングの敷かれた遊歩道は歩きやすい
c0062511_19404733.jpg

一周するのに約15分弱かかりました。
往路は廊下なので、一部下り階段はありますが、平坦です。
しかし復路は上り坂で、高低差はマンション6階床分あり
割ときついです。
一応今日は5周しました。
最後は息が切れました。
腹は減りましたが、間食は厳禁です!
辛いところです(笑)

明日も又チャレンジ致します。


by pekeyama | 2017-02-10 19:50 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/26394376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2017-02-10 20:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by luehdorf at 2017-02-11 00:19
お帰りなさぁ~い!
無事のご帰還と復活、N様よりメールで教えていただきました。
有酸素運動、膝に負担をかけないためには自転車が最適かと…。是非ともお仲間に。
某自転車メーカーのサイクルコンピューター、サイトに登録すると累積距離、平均時速etcが棒グラフとともに表示されるので、結構励みになります。
別のメーカーの機種では、心拍数やケイデンス(1分間のペダル回転数)まで表示されるのがあります。その日の体調に合わせ、自分ペースでやれるってのはいいんじゃないでしょうか?
当方、昔は死ぬほどキライだった「坂道」が、60歳を過ぎてから好きになり、「またこっちへ来ちゃった」と後悔しながらも上り坂の多いルートを走ってます。
リハビリをしっかりとおやりになって、早々のフィールドへの復帰を期待しています。
Commented by pekeyama at 2017-02-11 07:02
鍵コメさま、了解です!
今のところはコントロールの範囲内です!
しかし・・・
いつまでもつかは・・・
保証の限りではございません(笑)
Commented by itsuki at 2017-02-11 07:18 x
Pekeさん
やっと釈放されましたか~~(笑)
あせらずゆっくり社会復帰してくださいね~~
Commented by pekeyama at 2017-02-11 07:24
luehdorfさま、ありがとうございます。
自転車、魅力は感じております。
特に自動車に乗らなくなってからは
行動領域の確保の為には
自転車はマストではないか?
そう自問自答する夜も多々ありました。
しかしPEKEには
徒歩の速度感がマッチしている様なので
もうしばらくは「テクシー」を愛用する事と致します。
自分の好きな時に、好きな場所へ、自分の肉体で移動できる快感
自転車の方が徒歩よりも
数千倍も大きいであろうことは
遠い少年時代がそうでしたから
良く判っているつもりです!(^_-)-☆

Commented by pekeyama at 2017-02-11 09:40
itsukiさま、ありがとうございます。
ミッションGまで、まだ十分に時間がありますので
ゆっくり、じっくり
どんと構える事にしました。
Commented by itsuki at 2017-02-15 08:30 x
期待してますよ~~~
Commented by pekeyama at 2017-02-18 21:25
ハーイ!
パワーアップした
「PEKEYAMA改」参上!
或いは
「PEKEYAMA MKⅡ」見参!
お楽しみに!
<< リハビリ開始・2 ランゲルハウス島より戻りました >>