標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

ツマベニチョウの好きな花

リハビリ目的で訪問した伊丹昆虫館は2月10日の画像である。
あいにくの曇り空で、気温も低かった所為であろうか
硝子の城中に舞う蝶の数は少なかったのであるが
何故かツマベニチョウが集まる花があったのである。
ツマベニチョウと言えば即座に思い浮かぶのは真っ赤なハイビスカスであるが
硝子の城中のそれはアジサイのような
でもアジサイとは違う花であった。
♂も
c0062511_20385895.jpg
♀も
c0062511_20410224.jpg
陽が射さぬ間はこのように静止していた。
閉館間際になって西日が射したとたんに活性が上がり
何処からともなく多くのツマベニチョウが現れ、旧蜜に訪れたのであった。
おかげで至福の一時を味わうことができ、良いリハビリになったのであった。
c0062511_20481625.jpg
c0062511_20490364.jpg
c0062511_20494891.jpg
c0062511_20502702.jpg
c0062511_20510633.jpg
で・・・
この花が何と言う名前の花なのか?
結局は知らずに帰って来たのであった・・・
ツマベニチョウが自生する地域にお住いの方は
この花を自宅の庭に植えておけば
きっと沢山のツマベニチョウたちが集まって来るに違いない!
そばにギョボクを植えておけば鬼に金棒であろう!

画像採集地:2017-02-10 伊丹昆虫館



by pekeyama | 2017-02-21 20:57 | | Comments(2)
Commented at 2017-02-22 19:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pekeyama at 2017-02-26 06:47
鍵コメさま、ありがとうございます。
やっぱり好きなことを好きに楽しむことが
人間何よりの養生ではあるみたいですなぁ~(笑)
ま、来るべきシーズンに備えてボチボチと・・・って感じです。

和菓子は洋菓子と違って油脂が少ないので
食品交換表によると
お弁当のおにぎりを少し控えてやれば
摂取可能かと思われます。
またm食べに行くためには
片道一時間、峠を三つ越える道を歩かねばならぬ故
その気さえあれば画像採集は十分可能ゆえ、
楽しみにしていただいて構わないかと思います(笑)

花の名前、ありがとうございました。
「ドンベヤ」あるいは「ピンク・ボール」ですか。
なんせ硝子の城のツマベニチョウたちは
この花にしか来なかったんですわ!
レストラン「ハイビスカス亭」は閑古鳥が鳴いておりやした(爆)
<< 2017年、春を探して独り彷徨う・3 2017年、春を探して独り彷徨う・2 >>