標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

ミッションG・8th:十八

ミッションG
呑んだ!食った!
喋った!歌った!
そして・・・
少し寝た・・・起きた!
ヘップバーンに挨拶した!
飲んだ!食った!
それから・・・
出撃した!

温帯の落葉広葉樹林において
林床に陽射が射し
気温も上がる春先の一時
まるで学生時代の如き
まさに青い春を選んで羽化し、開花する
そんな虫や花を
専門家は「スプリング・エフェメラル」と呼び
一般の人t¥に比べて三倍は
首を長くして春を待つのである!
♪春よ来い!早く来い!青い網持つおっちゃんが、山野に出たいと待っている!♪
なのである!

ん?
話が見えない!

そう!
話はスプリング。エフェメラル」でだった!
蝶界では
それは
「ギフチョウ」「ミヤマセセリ」「コツバメ」かな?
蛾界では
それは
「イボタガ」「エゾヨツメ」「オオシモフリスズメ」かな?
他にも
蝶なら「ツマキチョウ」がいるし
蛾なら「トビモンエダシャク」とか「フチグロなんちゃら」もいるが
まぁ
「三種の神器」から始まり
「三匹の子豚」「三銃士」「三羽烏」「三馬鹿トリオ」と続き
人は「三」と言う数字を大層好むようであるが
これは
小さな子供を相手に確かめると良いと思うのであるが
元来、人間の持つ数の概念は
「1」「2」「3」と「沢山」の
四つしかなかったのではないか?
トレーニングの末に
両手の指の10までは何とかなって・・・
それが証拠に
ポイントで出会った蝶屋に何頭採れましたか?って尋ねたら
もしも10頭以上採った奴は
よほど性格が悪くない限り
「ようけ」「二桁」と返答するであろう!
性格の悪い奴は
「あきまへん」「ボチボチでおま」
って・・・
別に関西人を腐してるわけではありません!
むしろ
「駄目だよ!」「まぁまぁかな?」
って・・・
多分お互い様のお話で・・・
ダイミョウセセリみたいに研究しなくちゃ!

で・・・
何が言いたかったの?

三歩歩んで鳴き声忘れる!(爆)

by pekeyama | 2017-04-22 22:14 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/26605839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ミッションG・8th:十九 ミッションG・8th:十七 >>