標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

行く春を惜しむ・・・

「のどごし〈春の喝采〉」などという
「限定醸造」なる文字が躍る
ピンク色に輝く缶に封入された
「発泡性のリキュールを
嫁ハン相手に飲みながら
去りゆく季節に思いを馳せた。
「幸せはいつもコーナーの向こう側にある!」
高名なレーサーの言葉がある。
c0062511_21321909.jpg
PEKEはストレートでアクセル全開が好みではある
c0062511_21363721.jpg
しかし・・・
それは・・・
運転が下手だから???
高名なレーサーの名言としては・・・
こんなのもあったっけ・・・
「男が下手だと言ってほしくないものが二つある!「
「それは・・・」
そう
「車の運転と・・・」
「S*X」
だそうですが、
PEKEの青洲時代は
「チョウチョ採りが下手!」って言われるのが何よりも嫌だった記憶があります(笑)

ピンク色の(缶に入った)発泡性リキュールは
かなり効きますねぇ~

本当はこんな画像をしみじみと眺めながら・・・
行く春を・・・
c0062511_21491351.jpg
c0062511_21493615.jpg
BGMはもちろん野口五郎で
♪春は行く!春は行く!僕らの春は行く!」
♪・・・・春に別れる約束だった・・・♪

うーん・・・
メンタルがあまりよろしくないか?
でもPEKEは・・・
元々はこんな感じだったかも・・・




by pekeyama | 2017-05-11 21:54 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pekeyama.exblog.jp/tb/26652745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 雛罌粟の咲く丘にて・1 ミッションUNKMS・番外編1 >>