標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

2017年 04月 17日 ( 1 )

ミッションG・8th:九

♪線路は続くよ!どこまでも!
 野を越え、山越え、谷越えて・・・♪
そして・・・
♪楽しい旅の夢、つないでる・・・♪

話が見えない!(笑)

そう・・・
♪傘の花が咲く、土曜の昼下がり♪
努力はできるが
我慢はできない
そう・・・
♪じっと耐えるのが、務めと信じてる♪
なんて決してできない
♪恋をするほど子供じゃない!♪
オッサン二人(それもコブ付き)である!
酸いも甘いも嚙分けてはいたが
カタクリの根の甘さは初体験で
天にも昇る心地ではあったが・・・

話が見えない!(笑)

この日前線は福井県嶺南地方にあり
寄せては引く渚の波の様に
北上と南下を繰り返していたようである。
♪古い男とはお思いでしょうが・・・♪
ガラケー二人組である。
生きた化石の如き二人組である!

だから・・・
トンネルを抜け(たかな?)
インターを降り
田園地帯を抜けると・・・
そこは・・・
恐竜天国であった!(笑)
c0062511_21475872.jpg
何ザウルスであろうか?
「君の名は?」とは
きっと聞けないであろう巨大な「古い時代」の生き物が
ミッションG・関西部隊を迎えてくれたのである!
c0062511_21514072.jpg
エックス線で見たら・・・
こんな感じかな?
c0062511_21534534.jpg
館内には骨だけではなく
生体も展示されていたのである!
c0062511_21592629.jpg
まるでお正月の獅子舞である!

ここで実ぃ葉ぁ氏のスイッチが切り替わったようである!
お父さんはカメラマンになるから!
「ちびまる子」の親友であるところの「タマちゃん」のパパである!(笑)
まずは手始めに
「アケロン」なる巨大ウミガメ
c0062511_22032822.jpg
その前で記念撮影である!
c0062511_22061891.jpg
c0062511_22073032.jpg
はたから見ていてなかなか微笑ましい風景であったのである!
PEKE家も15年前はこんな感じだったのであるが・・・
娘の式場では
お色直しの間
この手の画像が・・・(笑)

話はまだまだ続きそうである!

画像採集地:2017-04-08 福井県勝山市


by pekeyama | 2017-04-17 22:13 | Trackback | Comments(0)