標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

2017年 04月 18日 ( 2 )

京都の春

ミッションGの画像で
長々と引っ張っている間に
確実に春は過ぎ去っていきます
なんだか切ない感じもします

先週の金曜日
荒神橋あたりで
現場からの帰り道に採集した画像を
なんとなくもったいないので
特別に(笑)
アップします!
学生時代にタイムスリップして
一升瓶(あの頃は黒松剣菱が命!でしたなぁ~)片手に
屈託なく、明るく
飲みたいなぁ~って・・・
k帰社時間を気にしながら
♪重い鞄を抱えて・・・♪
京阪の「神宮丸太町駅」目指して歩いてました(笑)
c0062511_23000928.jpg
c0062511_23005004.jpg
c0062511_23011836.jpg
満開の桜の花の下
まばゆい川面のきらめきの中
沢山の人が通り過ぎて行きます!
c0062511_23034744.jpg
c0062511_23041115.jpg
c0062511_23043258.jpg
PEKEも・・・
黒髪の乙女と
肩を抱きながらとまでは言いませんが
手を握りながら
歩いてみたいなぁ~(笑)

あのね
言っておきますけどね
PEKEだって
鴨川ではなかったけれど
桜が満開の御所を
黒髪の乙女と二人
歩いたことはあるんですよ!
でもね
その時に
幸か不幸か
今となっては不幸としか言いようがないのですが
若いカップルの前に
向こうから
当時(何年前かは言いませんが)
お嫁さんにしたい女優№1の
T下K子さんが
何故か一人で歩いて来られたのです!
若い二人は思わず顔を見合わせて
「キレイヤなぁ~」って
そこまではよかったのですが
阿呆なPEKEは
その後何度も彼女の前で
「T下K子って・・・綺麗やったなぁ~!」
何度も呆けた様に呟いたものですから・・・
まぁご想像通り
その時の彼女と嫁ハンは
全く別人です!(爆)

しかし・・・
鴨川・・・
好きです!

c0062511_23190681.jpg
画像
画像採集地:2017-04-14 京都市

by pekeyama | 2017-04-18 23:21 | | Trackback | Comments(0)

ミッションG・8th:十

人は何故に
人は何を求めて
人は何のために

珍しく高尚な書き出しではないか!
やればできるんだ!
やらないからできないんだ!

おぉっ~!
今日のPEKEは・・・
すごいぞ!すごいぞ!(爆)

しかし・・・
インモーかいかい!セッシてモラサズ!
やなかった
テンモーかいかい!ソにしてモラサズ!

適当と思われる漢字に変換し、
それぞれの意味と
作者が述べんとするその意図を
100文字以内で延べよ!(爆)

さて?
はて?
三歩下がって師の影踏まず・・・
もとい
三歩歩めば鳴き声忘れる・・・

「何が言いたかったの?PEKE君!」
十六歳の六月の
金曜日に投函した恋文が届いたであろう
月曜日の教室の昼休みの・・・
トラウマである!
それ以来・・・
PEKEは以前い増して「無口」になったのであるが
大学に進学すると
そこには・・・
何かにつけ・・・
「早く言わんかい!」
「何が言いたいんや!」
情け容赦ないK君が・・・
現れたのであった!(笑)

話が逸れた・・・

人は
それも子供を連れた人は
恐竜博物館では
恐竜を見て盛り上がるのが
多分
ノーマルな行動であろう!
この際「ノーマル」の定義について
深く論じるつもりは毛頭ないが
多くの人が評価する「偏差値」とは
自分がどれだけ平均的な集団から離れているかを示すものであり
ある意味「アブノーマル」度を測っているのではないか?

またまた話が大きく逸れた!
今日の投球は
沢村投手ばりの
「懸下のドロップ」の如く
平松投手ばりの
「剃刀シュート」の如く
杉下投手ばりの
「魔球」の如く
キレが良い・・・
と思うのは・・・
筆者の自惚れがなせるわざか?(爆)

話が長くなった!
言いたかったのは
「恐竜博物館」で
「昆虫」の展示に夢中になる人間は
「きわめて稀」なのではないか?
しかし
それは
「非常に誇らしい」のではないか?

だから・・・
どんな昆虫がいたのか?
「早く出さんかい!」
c0062511_22185498.jpg
c0062511_22200798.jpg
c0062511_22203872.jpg
c0062511_22211489.jpg
c0062511_22215238.jpg
何となく「完全変態」はいなかった・・・
原始Gとかを少し期待はしたりしたのであるが・・・

その辺りの議論は
そうやなぁ~
ミッション9thの課題にしておきましょうかねぇ~(笑)

画像採集地:2017-04-08 福井県勝山市



by pekeyama | 2017-04-18 22:26 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)