標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

2017年 05月 21日 ( 2 )

真夜中の訪問者

♪この暗い部屋の窓から♪
まさか
♪街の灯りがまばゆく見えた♪
訳ではあるまい・・・
しかし君は・・・
ボロボロの翅で・・・
この部屋の窓にしがみついていた・・・
c0062511_23011856.jpg

街の灯りは見えない!
c0062511_23025163.jpg

部屋に戻って森田童子を聴いた・・・
ちょうど2杯目の缶ビールが空になった・・・
もう少し飲みたい日曜の夜である・・・
もっと森田童子の歌を聴きたくなった日曜の夜である・・・
危険である・・・(笑)
♪古いコートの襟たてて、24の春、生きるすべなく・・・♪
♪美しい明日について語れず・・・♪
♪死んでしまえばいいと言う、若いお前の口癖は・・・♪
♪君の好きな強い酒、浴びるほどに飲んだ、長い夜があった・・・♪
♪夏には窓に笹の葉が揺れて、太宰の好きな君は睡眠薬を飲んだ・・・♪
♪机の上の高橋和己は、難しい顔して逆さに見えた・・・♪
危険である・・・(爆)

画像採集地;2017-05-21 宝塚市


by pekeyama | 2017-05-21 23:20 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

レンズはいつも空に向けられている・2

♪丘の上、ヒナゲシの花で占うあの人の心♪
いわゆる「花占い」って奴・・・
花を一輪摘んで
花びらを一枚ずつ
「好き」「嫌い」「好き」って
ブツブツと呟きながら千切り
最後の一片を
「好き」と言って千切れるか?
「嫌い」と言って千切れるか?
若干、鬼気せまるものを感じる遊びではあるが
そんなもん
最初に花の名前を図鑑で調べて
花びらの数さえ押さえておけば
恋の行方など思いのままではないか!
しかし気を付けないと
花びらと思っていたものが
「ガク」だとか言われて
愕然としたりすることもあるから
恋する乙女は気を付けた方が良い。
また、占いに使用する花も慎重に選ぶ必要がある。
例えばツバキを選んだならば・・・
ツバキは花びらが根元でつながってるので・・・
多分・・・
うまくちぎれないと思う(笑)
近縁の山茶花は花びらが分離しており
また花びらの数も多いので
花占いには最適やもしれぬ!
もしも今
PEKEの前に
恋に悩む黒髪の乙女現れたなら
今の季節ならば
「ハナダイコン」の薄紫色の花を
「きらい」から始める様に助言してしんぜよう!
必ずや恋は成就するであろう!(爆)

さて・・・
ヒナゲシの花びらは何枚であったか
c0062511_21402724.jpg

c0062511_21462417.jpg

何が言いたいのかも
何枚あるのかも
全く判らぬ!
おまけに
タイトルとの整合性が
全く見えぬ!

まあ良いではないか!
いつもの事である!
お楽しみはこれからだ!

このアングルだったら・・・
花びらの数も数え易かろう!(笑)
c0062511_21515284.jpg

c0062511_21521969.jpg

c0062511_21525332.jpg

この日万博・・・
記念公園の花の丘は・・・
曇天であった・・・
残念なことである・・・

画像採集地:2017-05-03 吹田市万博記念公園


by pekeyama | 2017-05-21 22:05 | | Trackback | Comments(2)