標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

2017年 11月 11日 ( 1 )

先週の出来事など・・・

あっという間の一週間であった・・・

日曜日の朝・・・
訃報が届いた・・・
病気で入退院を繰り返していた女友達が旅立った・・・
夜・・・
親しかった友人たちと通夜へ行った・・・
硝子の棺の中で眠る彼女は
まるで白雪姫の様であった・・・
本当は泣き虫のくせに気が強い女性であった・・・
まるで辛口の白ワインの様な女性であった・・・

火曜日の午後・・・
最後のお別れに参列した・・・
出棺の間際まで
小学生のお孫さんが
その小さな手で
彼女の額を優しくなでていたのが涙を誘った・・・
その夜は
真っ直ぐ家には帰れず
同行した嫁ハンと別れて京都へのみにでた・・・
思い出の多い大阪と神戸では飲む気にはなれなかった・・・
だから京都まで逃げた・・・
日本酒を10杯近く飲んだが、酔えずに帰宅した・・・

水曜日の夜・・・
嫁ハンが黙って赤ワインを一本、晩飯の席で出してくれた・・・
二人で彼女の思い出話に耽りながら、静かに飲んだ・・・

木曜日・・・
金曜日に大腸の内視鏡検査を受けるので
食事は三食とも検査食を食べた・・・
もちろん酒は飲めなかった・・・

金曜日・・・
午前中は腸の洗浄剤を2L飲んだ・・・
洗浄剤とは言うが、早い話が下剤であった・・・
そして午後・・・
お腹に爆弾を抱え込んだまま電車に乗り、病院へ行った・・・
そしてパンツを前後ろ逆に履いてベッドに上がった・・・
鎮静剤を打たれ・・・眠っている間に・・・検査が終わった・・・
ポリープがいくつか見つかり切除を受けた・・・
だから・・・
一週間の禁酒を申し渡された・・・
さらに・・・
二・三日はおかゆかうどんを食する様に言われた・・・

とてもじゃないが
これではお酒の好きだった彼女を偲べないじゃあないか・・・

辛い一週間が始まった・・・






by pekeyama | 2017-11-11 09:11 | Trackback | Comments(2)