標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

カテゴリ:入院・糖尿病( 57 )

髭よ、さらば!

お陰様で、本日午前10時に無事退院することが出来ました。
ありがとうございましたm(__)m
入院中、一度も髭を剃らずに過ごしました。
帰宅途中に行き付けの散髪屋さんに寄って、綺麗に剃ってもらいました(^-^)
かなり伸びていたので、最初は電気バリカンが登場しました(^-^)
全部剃り落としても良いですか?」と何度も念を押されました(^-^)
リクエストしたら「チョビ髭」なんかでお洒落に変身出来かもしれない?(;^_^A
退院祝いに我が髭画像を一夜限定でアップ致しましょう!
看護婦さんからは「ワイルドで素敵」と評判でしたよ(^^ゞ
by pekeyama | 2012-08-28 20:16 | 入院・糖尿病 | Comments(4)

ブレックファースト・15日目・ファイナル

c0062511_914224.jpg

後1時間で退院です。
1時間前に最後の朝ご飯を食べ終わりました(^-^)
今朝のメニューは、
黒パンに最後まで変わらなかったイチゴジャムに、魚肉ソーセージ、十勝ヨーグルト、明治牛乳と、フレッシュサラダの青じそドレッシング・ノンオイルでした。
食前の空腹時血糖値は97で、再び余裕の「優」判定でした\(^O^)/
2週間は、長いような短いような不思議な日々でした。
皆さんに励まされ、有意義に過ごすことが出来ました。ありがとうございましたm(__)m
明日から社会復帰します。
食事が乱れがちになりますが、何とか工夫して頑張って行きたいと思います。
来週からは再びネーチャン写真、もとい、ネーチャー写真撮影にも精を出したいと思いますので、お楽しみに・・・(^-^)
by pekeyama | 2012-08-28 09:14 | 入院・糖尿病 | Comments(6)

ディナー・14日目・ファイナル

c0062511_19454383.jpg

お気楽・極楽バカンス、最後の夜です(^-^)(T_T)(^-^)(T_T)
最後の晩餐
そのメニューは
カレイのムニエルカレー風味に付け合わせの温野菜はピーマンとカリフラワー
黄・緑・白と盛り付けの美しさが高ポイントで、食べれば低カロリーのシェフ渾身のメニュー!\(^O^)/
ムニエルがフランスならば、もう一皿は日本は九州から「がめ煮」を提供!
関西では「筑前煮」と言った方が通りがいいか?
サラダはレタスとキャベツにゴマドレッシングは勿論ノンオイルです。最後はデザートにスイカが二切れ!勿論全部美味しく頂きましたよん!\(^O^)/
食前の空腹時血糖値は95で余裕の「優」でした。
食前のウォーキング50周に加えて大浴場で30分が効いたかな?
このリゾートホテルは温泉付きなんですわ(^-^)
by pekeyama | 2012-08-27 19:45 | 入院・糖尿病 | Comments(7)

ランチ・14日目・ファイナル

c0062511_144654.jpg

c0062511_1446519.jpg

c0062511_1446552.jpg

最後の昼餐でございます。
記念すべきメニューは、
キノコ4種(しいたけ・しめじ・エリンギ・えのき)の炊き合わせ
大根・人参と豚肉・厚揚げの煮物、
ほうれん草のおひたしに白ご飯でした。
煮たん、炊いたんはpeke好みのお惣菜で、キノコはさすがに0カロリーの食材だけあってボリュームがあり、大変嬉しく、最後の昼餐を終えました(^-^)
食前の空腹時血糖値は133で、残念ながら130を超えて「可」判定でした。
昼餐後、主治医の先生(美貌の女医)が来られ、明日の退院と診察のスケジュールの打ち合わせをしました。「血糖値のコントロールが非常に良い」との事でした(^-^)
読みかけたままベッドの上に放り出していた「地球のごはん」に大変興味を持たれたようで、なんやかんやと10分くらい話し込んでしまいました。マサイ族の牛追いの800カロリーはやはりビックリされていました。
その後、今度は薬局の方が、頼んでいた血糖値測定装置を持って来られました。
毎日食事と引き換えの血判状を作成している機械と同じものです。
これについては近いうちに機械だけに機会を改めて紹介致しましょう。
by pekeyama | 2012-08-27 14:46 | 入院・糖尿病 | Comments(2)

食品交換表・3

さて前回のおさらいから始めます。
糖尿病の治療目的は、合併症を防ぎ、健康で活動的な生活を確保して、充実した人生を送る事で、その為には「食事」「運動」「薬物」の三つの療法が必要でアリ、このレポートでは特に「食事」療法について触れる事とし、「食事」療法とは、健康な生活に必要な栄養をバランスよく、過不足なく摂取する事である、と述べました。
さて、先ずは過不足のない量について述べます。
生きて行く上で必要なカロリーは当然の事ながら人それぞれで、体格や、生活によって異なりますが、基本的には維持すべき標準体重に、各個人の生活(主に仕事)に応じて分類された係数を掛けて、医師が算出し、これを「指示エネルギー量」と言います。
因みにpekeの場合は身長1.65mで計算した標準体重が60kg、事務職なので、指示エネルギー量は1600kcalです。
従って、1日の食事はこの1600kcalをきちんと3食に分けて摂る事になります。さて、食品交換表では様々な食材や主だった外食メニューのエネルギー量を80kcalを1単位として、単位当たりの量と共に記載してあります。例えば白ご飯だと、1単位80kcalは50g、小さめのお茶碗に軽く半分、といった具合です。
by pekeyama | 2012-08-27 09:52 | 入院・糖尿病 | Comments(7)

ブレックファースト・14日目

c0062511_843934.jpg

丸パンに今日も変わらずイチゴジャムです。
それにこれまた、変わらずにミルク。
おかずは鶏モモの照り焼きに小松菜のおひたし添え、メラミン樹脂製藍色小鉢盛りでした。(^-^)
食前の空腹時血糖値は112の「良」判定でした。
お気楽・極楽バカンスも、今日が最終日です。
明日の午前中に住み慣れた15階のリバーサイドルームを引き払います。
今日は退院論文を仕上げないといけませんね(T_T)
出来るかなぁ~?(;^_^A
自信ないけど・・・
とりあえずチャレンジ!チャレンジ!\(^O^)/
by pekeyama | 2012-08-27 08:43 | 入院・糖尿病 | Comments(2)

ディナー・13日目

c0062511_19371997.jpg

焼鯖、肉じゃが、茹でオクラ、ほうれん草のゴマ合えに、白ご飯でした。
肉じゃがはじゃが芋がさつまいもに交換されていましたが何故?
砂糖の使用量が、さつまいもの方が減らせるのかな?だとすれば、日々のカロリー計算ってかなりシビアだなぁ~(T_T)
肉じゃがはやはりじゃが芋でないとねぇ~(T_T)
でもお肉は「牛」か「豚」か?
議論の分かれるところですね(^-^)
ちなみにpekeは牛派ですね。
今夜は豚でした。食前の空腹時血糖値は101の「優」判定でした(^-^)
今日は昼食後に外出許可を貰って梅田まで出かけたのですが、暑さと人混みに耐えられず、2時間で病院へ逃げ帰りました。梅田ではジュンク堂に行き、本を1冊買いました。
「地球のごはん・世界30か国80人のいただきます」って言う写真集です。
世界各地の普通の人の1日分の食事のレポートで、総カロリーが計算されています。
例えば
12300kcal:間食が多い母親(イギリス)
4000kcal:修道士(イタリア)
2700kcal:イスラムの教えを守る主婦(イエメン)
1700kcal:雑技団の曲芸師(中国)
1000kcal:苦行僧(インド)
800kcal:牛追いをするマサイ族(ケニア)
なんて感じです。糖尿病入院患者にピッタリの写真集です(^-^)
by pekeyama | 2012-08-26 19:37 | 入院・糖尿病 | Comments(4)

ランチ・13日目

c0062511_18361892.jpg

お昼からすき焼きです(^-^)
それも、お肉たっぷりです(^-^)
って何だか欠食児童(今や死語ですね)の日記帳みたいになってきた?
もう一皿がカボチャの煮付けで、「甘くて美味しく」なんて書いた日には、本当に誰の日記帳か判らなくなりますねぇ~
野菜はキャベツの酢漬けでした。
食前の空腹時血糖値は100で、「優」判定でした。(^-^)(^-^)
by pekeyama | 2012-08-26 18:36 | 入院・糖尿病 | Comments(2)

食品交換表・2

我がバイブルとならん食品交換表のお話です。
糖尿病の治療は血糖値のコントロールで、それには「食物」「運動」「薬物」の三つの方法がある事は前回にリポートしました。「食事療法」により余分なブドウ糖を取り込まず、「運動療法」により余分なブドウ糖を消費して、「薬物療法」で体内のブドウ糖の吸収、消費の働きを補助してあげる、というのが大まかな内容です。
どの療法も大事ですが、まずは最初に食事療法ありきです。
ではその「食事療法」とは何か?
それは「栄養バランスの取れた食事を適正な量だけ摂る」と言うことです。
健康に生活する上で必要な栄養を、必要な分だけ、過不足なく食べる事です。
ですから「療法」とは言いますが、食べてはダメな食材がある訳では無く、基本的には何でも食べる事はできます。
また、糖尿病独自の制限もありません。
逆に誰が食べても体に良い「健康食」と言うこともできます。
守るべきはバランスとカロリーで、それさえ守れば、トンカツだって、フルーツだって、ジャムパンだって、みんな入院中に出てきました。
勿論毎回、残さず、美味しく、楽しみながら頂きました。
だから心配はありません。

続く・・・
by pekeyama | 2012-08-26 10:43 | 入院・糖尿病 | Comments(4)

ブレックファースト・13日目

c0062511_844810.jpg

ハイ!PEKEYAMさん!
ってトレイを渡してくれる、看護婦さんの明るい笑顔がお食事以前に、大いなる楽しみだったりしますが、その楽しみも残すこと後7回です。「まだ7回も」ととるか?
「もう7回しか」ととるか?
手垢の付いた設問ですけど、うーん( ̄~ ̄;)
悩ましいですねぇ(^-^)(T_T)(^-^)(T_T)
トレイの受け渡しは、例えば糖尿病の場合は患者毎に量が違えてあったりするので、原則的には患者はフルネームを告げ、看護婦は本人とトレイのラベルを確認して初めて手渡す事になっているようです。
投薬や診察の時は厳格に適用されていて、PEKEも今回は「みなみはるおでございます」なんてショーモナイ事は口走らずに我慢していました。
でも入院生活で何が楽しみって言えば、そりゃ看護婦さんの笑顔と、毎回のお食事に決まっていて、その楽しみが両方一度に楽しめる配膳タイムは、本当に待ち遠しいものです。目が合うだけでトレイを探して、到着するかしないかで「ハイPEKEYAMAさん!」とか、手すきの時は例え3メートルでも「お持ちしますから」って小走りに来て下さったり、とても幸せな気持ちで日々を過ごす事が出来ました。(^-^)(^-^)
って朝から鼻の下のストレッチしてどうする?(;^_^A
今朝のメニューは、食パンとイチゴジャム、ミルクに豆サラダでした。豆サラダはおからに大豆とウズラ豆かな?を混ぜてポテトサラダ風にしたものですが、今朝はいつものソーセージやらスクランブルエッグのお皿が無く、思うに大豆はかなり優秀な食品なのでしょうねぇ~(^-^)
後で「食品交換表」で調べてみようっと!(^-^)
実はおからって大好きなんです!(^-^)
食前の空腹時血糖値は89で、余裕の「優」判定!
これが続けば来月のヘモグロビンA1c値は、入院前の7.2から、アンダー7.0へ!
がんばんべぇ!
by pekeyama | 2012-08-26 08:44 | 入院・糖尿病 | Comments(2)