標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

カテゴリ:入院・糖尿病Ⅱ( 23 )

ランゲルハウス島より戻りました

今日のお昼
雪降る中、
ランゲルハウス島より戻ってまいりました。
2週間の滞在でした。
滞在中は多くの方々にお世話になりました。
心より感謝致しております。
能天気でチャラチャラした態度を不快に思われた方も多いと思いますが
決して本心ではなく
心中の不安を紛らわせるがための
小心者の証拠所以、
情けない奴と笑ってお許し下さいませ。
滞在中は何もせず、ひたすらのんびりしているだけでしたが
何故か体重は3kgも落ちました。
ともすればずり落ちるズボンを気にしながらの帰り道でした。
本格的な社会復帰は月曜日からですが
巷ではインフルエンザが流行っているとの事・・・
体力的には万全とは言い難い状態なので
ちょっと気を付けなければ・・・

自宅ではハイビスカスが
今にも咲きそうにして
PEKEが帰るのを待っていてくれました。
c0062511_20243163.jpg

c0062511_20245069.jpg

by pekeyama | 2017-02-09 20:32 | 入院・糖尿病Ⅱ | Comments(0)

ランゲルハウス島便り・第21信(最終回)

昨夜、枕元に一陣の風が吹いた…
詩人であれば、「生きねばならぬ」と歌い、
偉人であれば「門は自ずから開く」と諭すであろう。
しかし、凡人で、かつ小人であるpekeは「慌てて窓を閉める」のであった…
と言う訳で、「ランゲルハウス島便り」はいきなり最終回を迎え、
「標本箱・おもちゃ箱・玉手箱」の蓋は一旦は閉じられる事となったのである。
まぁ風呂場で遊ぶ子供の様に、どれだけ長く息を止めて居られるか?
そんな遊びにはまった馬鹿な奴と笑ってやって下さい。
早起きも今朝は無理だな…
by pekeyama | 2017-02-02 04:17 | 入院・糖尿病Ⅱ | Comments(0)

ランゲルハウス島便り・第20信

c0062511_19122849.jpg

ディナーの前の血糖値、105でした(^O^)
過去、インスリンを打っていた頃、これより低い数値は出た事はありますけども、毎食前毎でここまで安定した事はありません(^^ゞ
今日は後1回、就眠前の測定が残っています。夕食後2時間の測定なので、血糖値は食前の空腹時よりは高いはずですが、果たして許容範囲に納まるかどうか?
正念場を迎えます(^_-)
さて、結果は明日の第21信をお楽しみに(^_-)

今夜のメニューは
「ご飯180g」「豚の味噌付焼き、カイワレとキャベツの塩揉」「ホウレン草と油揚のお浸し」「ひじきと水菜のサラダ」でしたが…(^^)v
by pekeyama | 2017-02-01 19:12 | 入院・糖尿病Ⅱ | Comments(0)

ランゲルハウス島便り・第19信

c0062511_15492997.jpg

今日はランチの後、娘と長電話をした(^^ゞ
大瀧詠一の歌ではないが、受話器を持つ手が痺れた…(^-^;
内容はまぁ秘密にして置こう(^_-)
****君!しっかりしてくれたまえ!って感じですかねぇ〜(^-^;

今日のランチ。
「ご飯180g」「サバのおろし煮、ニンジンの含め煮」「ゴボウと春菊のゴマ炒め」「高野豆腐の含め煮」「バナナ」
ランチ前の血糖値は朝と同じく103であり、ちょっと嬉しかった(^O^)
さて、ディナーの時間まで読書をしよう!
「風立ちぬ」でもパラパラ読みしよう!
by pekeyama | 2017-02-01 15:49 | 入院・糖尿病Ⅱ | Comments(0)

ランゲルハウス島便り・第18信

c0062511_9241689.jpg

今日から2月である♪
今月初の血糖値は103と、河見物から帰国後、最低値を記録した(^^)v
次の測定はランチ前であるが、いくつが出るか?今から楽しみである♪(^^ゞ
きっとこう言うある種の子供っぽい単純さが、コントロールを維持する上で、極めて重要な要素ではないか?
まぁ「豚もおだてれば樹に登る」のである(^O^)
しかし、高低もしくは乱高下に一喜一憂して十二指腸潰瘍を再発させる危険性がなきにしもあらずである…(^-^;
然りとて、お気楽に構え過ぎれば元の木阿弥と化すのは目に見えている(--;)
やはり、滅びに至る門は広く、繁栄に至る門は極めて狭いのが、世の中の道理と言うものなのであろう(^^ゞ

今朝のメニューです♪
「無塩ロールパン、ブルーベリージャム」「フレッシュサラダ、焙煎ゴマドレッシング」「ソーセージとブロッコリーのソテー」「牛乳」

ソーセージのソテーが…
朝から大ジョッキの幻影を…(〇>_<)
少しエネルギーの余剰が…(^^)v
by pekeyama | 2017-02-01 09:24 | 入院・糖尿病Ⅱ | Comments(0)

ランゲルハウス島便り・第17信

c0062511_20312886.jpg

今夜はあわや、飯ぬきとなるところであった(--;)
今迄のコントロールが全て水泡と化すところであった(--;)
危なかった!(^-^;
毎回、食事は、血糖値測定とその結果報告を終えた後、配膳台車の処へ行き、名前を告げて、めいめい自分の名前入りの献立カードが載せられたトレイを受け取り、部屋なり、デイルームなりで食べる事になっている(^^)v
しかし、今日、配膳台車の中には「pekeyama」のカードが載せられたトレイは無かったのである…(ToT)
配膳係の女の子は首をかしげて、「さっき奥さん来られてませんでしたか?」なんて、訳の解らぬ事を言う…
結局、理由が判らないまま、10分位待たされた後に、女の子が急遽、給食室に手配をかけたトレイがデイルームで待っpekeの前に出て来た…(^-^;
手書きのカードが載せられていたが、献立に関しては「糖尿病減塩食1600・米飯180g」としか記載が無かったのである(^-^;
改めて聞きに行くのもネチッこくてイヤである(^^)v
コレクションの完璧性が失われるのは癪であるけれども、仕方がない…(^-^;
これを機会に島便りのリニューアルと称して手抜きしてやろうとも考えてたが、しかし、それは筋が違う話であろう(^^ゞ
事の原因は、食事が済んだ後、配膳係の女の子が、ナースステーションの方を気にしながら「手違い」と小声で説明してくれた…
想像するに、「外出願」の処理において、「夕食不要」の謝った扱いを受けたものと思われる(^-^;
しかし、外出願に夕食の要不要を書く欄は無いし、外出予定時間を記入する際に、夕食の時間を確認して、それまでに帰院する旨を申し添えて提出したし、それ以前に、届出用紙を貰った時に、講義と診察の後、夕食前に外出したいと話はしていたし…
って、結構根に持ってるやん!
イヤだなぁ〜(^-^;
by pekeyama | 2017-01-31 20:31 | 入院・糖尿病Ⅱ | Comments(0)

ランゲルハウス島便り・第16信

c0062511_1851082.jpg

c0062511_1851199.jpg

c0062511_1851194.jpg

どっと疲れている(^-^;
何故か?
午後、1時間ばかりではあるが、外出したからである(^^ゞ
午前中、美人ドクターと面談の際に「本屋さをに行きたい!」って言ったら、あっさりと外出許可が貰えた(^O^)
それで晩御飯前に、近所にある丸善とロフトと阪急三番街へ出かけたのである(^^ゞ
結果は散々であった(^-^;
30分もしない内にしんどくなってきて、結局1時間もしない内に病院へ戻ってきてしまった。
街はもっと魅力と誘惑に満ちているはずであったが、ただただ疲れるばかりの場所であった(--;)
社会復帰への道程は遠く、険しそうである…(--;)
酒場には全く誘因されなかったのであるが、果たして良い事なのか?悪い事なのか?
正直言って判断がつきかねている…(^-^;
それでも丸善で本を2冊買って帰った。
「怪獣酒場第3巻」と、
森見登美彦の最新作「夜行」である(^^)v

ランチは「ご飯180g」「ビーフシチュー」「オクラとエノキとトマトのサラダ、香味和風ドレッシング」
ビーフシチューがリッチです(^^ゞ
by pekeyama | 2017-01-31 18:51 | 入院・糖尿病Ⅱ | Comments(0)

ランゲルハウス島便り・第15信

c0062511_1058503.jpg

島便りも15回目を迎えた♪
と言う事は、今日は島へ来て5回目の朝を迎えた勘定になる♪
しかし滞在予定の半分にも満ちてはおらぬ…(--;)
早く帰りたい訳でもないし、さりとて、もっと滞在を続けたい訳でもない。
焦りも無いが、悟りも無い。
しかし、この中途半端な心の有り様に対して一抹の不安だけは感じでいる。
今朝はきちんと5時過ぎに目覚めた。
目覚めてからベッドの上に半身を起こしてしばらくボンヤリしていた。別に「越し方行く末」に想いを馳せた訳でもない。
ただ単純に、純粋にボンヤリしていた…(^-^;
しかし、たとえ形だけでも、普段と同じリズムを維持しないと、この中途半端なメンタルは一瞬の内に崩壊すると、怖れおののく自分がおり、毎食の報告と合わせ、自己の存在の拠となっているが、考えてみれば如何にもチンケで幼稚であるが、今さら背伸びをして偽って見せても仕方がないのであるからにして、恥ずかしながら…の更新ではある(--;)

さて、本題である(^^)v
今日のブレックファストである(^^ゞ
「無塩黒糖パン、リンゴジャム」「フレッシュサラダ、青じそドレッシング」「ゆで卵」「十勝ヨーグルト」「牛乳」
本来なら病院の売店へ行き「食品交換表」を買い求めて来て、単位やカロリーの検証を行うべきなんでしょうねぇ〜(^_-)
その方が余程為になるとは思うのであるが…
でもそこまでできる人は…
多分、生活習慣病でもある糖尿病とは無縁でしょう!(^-^;
by pekeyama | 2017-01-31 10:58 | 入院・糖尿病Ⅱ | Comments(2)

ランゲルハウス島便り・第14信

c0062511_20371114.jpg

何故だろう?
今日は猛烈に眠い!
しかしまだ眠る訳には行かない!!
就眠前の血糖値測定があるし、
ディナーの報告も済んでいない!!
さて、しかし、1日3回、食事の画像とメニューをアップする事に、果たして意味は有るのか?
実は深い意味は何も無い!
ただ、社会復帰のトレーニングとして課したルーティンワークである…
1日中病室のベッドの上で、何もせずに2週間も過ごしなら…
さすがに少し怖くなったのである…
で、何か毎日決め事をしよう!と考えたのである…
本来であれば、英会話のテープを聞くとか、ビジネス書の一冊でも読むとか、もっと他に有意義な方法が山程あった筈であるが、pekeが選んだのは「早起き」と「飯の記録」であった(^-^;
しかしここまで書いてしまったら…
退院の日まできちんと続けないと、格好悪いですねぇ〜(^^ゞ

今夜のディナー
「ご飯18g」「豚肉とブロッコリーの味噌炒め」「こんにゃくと大根の煮物」「キャベツの甘酢和え」「三度豆のカラシマヨネーズ和え」
今夜は一品多かった(^^)v
さて、その影響は如何に!?
就眠前の血糖値測定の時間です(^^ゞ
by pekeyama | 2017-01-30 20:37 | 入院・糖尿病Ⅱ | Comments(6)

ランゲルハウス島便り・第13信

c0062511_14144344.jpg

昨夜、おかしな夢を見て目が覚め、そのまま明け方まで眠れなかった。
大きな神社がある街に滞在している。
神社の前に雑多な飲食店店が並ぶ路地がある。
30数年前に入り浸っていた新宿のションベン横丁みたいな場所である。
pekeはそこで独り、ホルモン焼きを肴に酒を飲みながら物思いに耽っている。
と、突然後ろから肩を叩かれる。
驚いて振り返ると、誰かは思い出せぬが知った顔があって、えらく険しい視線をpekeに向けてこう言った。
「お前、こんな処で酒飲めるご身分やないやろ!判ってるんか?話したい事あるから後で****いうカフェまで来い!」
そいつは一方的にそう言い捨てて雑踏の中へ消えていった。
そいつの言ったカフェは超高級店で、ホルモン焼きの匂いが染みたヨレヨレの上着で入れる様な場所ではない。
途方に暮れた処で目が覚めた。
枕元の時計を見ると朝の3時である…
それから、何故にこんな夢を見たのか考え出したら…
眠れなくなった…(--;)
今日は寝不足である(--;)

しかし午後1時からの講義が休講となった。
理由は「医者の不養生」
すなわち講師の医師の体調不良である(^-^;
更新を終えたらお昼寝タイムに充てるつもりである(^^)v

ランチは
「ご飯180g」「カレイのカレームニエル、カリフラワーの塩茹で、ピーマンのソテー」「筑前煮(鶏皮無し)」「もやしとカニ(カマ)のゴマ和え」「オレンジ1/2」
カレイのカレームニエル!
なかなか笑わせてくれはりますなぁ〜(^O^)
by pekeyama | 2017-01-30 14:14 | 入院・糖尿病Ⅱ | Comments(0)