標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

カテゴリ:昆虫( 649 )

ミッションG・8th:十九

ミッションG・8th
それはMt.DOG Cityで展開されたのである
作戦地域は
雑木林に覆われた丘陵地帯で
丘陵の尾根筋を縫うハイキング道で展開されたのである。
G姫は
谷筋のやや湿った場所に生えるカンアオイを食べて育ち
羽化すると尾根筋に登り
頂上に集まる習性がある。
そこでG姫を射止めんとする勇者たちは
良く晴れた春の青空の下
尾根道をプラプラ歩いたり
頂上でのんびりとタバコをふかしながら
憧れのG姫が
「散りゆく花びらの様に」ひらひらと飛んで来るのを
ただひたすら待つのである!(笑)

さて・・・
昨夜に引き続き・・・
何を書こうとしていたのであろう?

今回のミッションには
将来を嘱望された蝶屋の卵が三人参加していたのであるが
大人たちがG姫を待ちながら
下らぬおしゃべりにうつつを抜かしていると
突然・・・
「見つけた!」

発見されたのは蛾界のスプリング・エフェメラル
イボタガの翅である!
c0062511_22332232.jpg
しばらくすると・・・
こっちにも!
もう一枚追加である!
c0062511_22354382.jpg
それからしばらく
早春の主役はG姫からイボタガに移り・・・
何枚もの翅が
街灯一つない雑木林の
丘の上の空き地の地面に
散乱していたのである!
c0062511_22401286.jpg
日が暮れたのち
この山頂で
一体何があったのか?
ワルプルギュスの夜か?
はたまた
妖怪たちの運動会か?

もしもここで
生暖かい風が吹く
月も出ない春の一夜に
灯火採集を試みたならば

イボタガ
沢山採れるのかな?




by pekeyama | 2017-04-23 22:45 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)

ミッションG・8th:十八

ミッションG
呑んだ!食った!
喋った!歌った!
そして・・・
少し寝た・・・起きた!
ヘップバーンに挨拶した!
飲んだ!食った!
それから・・・
出撃した!

温帯の落葉広葉樹林において
林床に陽射が射し
気温も上がる春先の一時
まるで学生時代の如き
まさに青い春を選んで羽化し、開花する
そんな虫や花を
専門家は「スプリング・エフェメラル」と呼び
一般の人t¥に比べて三倍は
首を長くして春を待つのである!
♪春よ来い!早く来い!青い網持つおっちゃんが、山野に出たいと待っている!♪
なのである!

ん?
話が見えない!

そう!
話はスプリング。エフェメラル」でだった!
蝶界では
それは
「ギフチョウ」「ミヤマセセリ」「コツバメ」かな?
蛾界では
それは
「イボタガ」「エゾヨツメ」「オオシモフリスズメ」かな?
他にも
蝶なら「ツマキチョウ」がいるし
蛾なら「トビモンエダシャク」とか「フチグロなんちゃら」もいるが
まぁ
「三種の神器」から始まり
「三匹の子豚」「三銃士」「三羽烏」「三馬鹿トリオ」と続き
人は「三」と言う数字を大層好むようであるが
これは
小さな子供を相手に確かめると良いと思うのであるが
元来、人間の持つ数の概念は
「1」「2」「3」と「沢山」の
四つしかなかったのではないか?
トレーニングの末に
両手の指の10までは何とかなって・・・
それが証拠に
ポイントで出会った蝶屋に何頭採れましたか?って尋ねたら
もしも10頭以上採った奴は
よほど性格が悪くない限り
「ようけ」「二桁」と返答するであろう!
性格の悪い奴は
「あきまへん」「ボチボチでおま」
って・・・
別に関西人を腐してるわけではありません!
むしろ
「駄目だよ!」「まぁまぁかな?」
って・・・
多分お互い様のお話で・・・
ダイミョウセセリみたいに研究しなくちゃ!

で・・・
何が言いたかったの?

三歩歩んで鳴き声忘れる!(爆)

by pekeyama | 2017-04-22 22:14 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

ミッションG・8th:十

人は何故に
人は何を求めて
人は何のために

珍しく高尚な書き出しではないか!
やればできるんだ!
やらないからできないんだ!

おぉっ~!
今日のPEKEは・・・
すごいぞ!すごいぞ!(爆)

しかし・・・
インモーかいかい!セッシてモラサズ!
やなかった
テンモーかいかい!ソにしてモラサズ!

適当と思われる漢字に変換し、
それぞれの意味と
作者が述べんとするその意図を
100文字以内で延べよ!(爆)

さて?
はて?
三歩下がって師の影踏まず・・・
もとい
三歩歩めば鳴き声忘れる・・・

「何が言いたかったの?PEKE君!」
十六歳の六月の
金曜日に投函した恋文が届いたであろう
月曜日の教室の昼休みの・・・
トラウマである!
それ以来・・・
PEKEは以前い増して「無口」になったのであるが
大学に進学すると
そこには・・・
何かにつけ・・・
「早く言わんかい!」
「何が言いたいんや!」
情け容赦ないK君が・・・
現れたのであった!(笑)

話が逸れた・・・

人は
それも子供を連れた人は
恐竜博物館では
恐竜を見て盛り上がるのが
多分
ノーマルな行動であろう!
この際「ノーマル」の定義について
深く論じるつもりは毛頭ないが
多くの人が評価する「偏差値」とは
自分がどれだけ平均的な集団から離れているかを示すものであり
ある意味「アブノーマル」度を測っているのではないか?

またまた話が大きく逸れた!
今日の投球は
沢村投手ばりの
「懸下のドロップ」の如く
平松投手ばりの
「剃刀シュート」の如く
杉下投手ばりの
「魔球」の如く
キレが良い・・・
と思うのは・・・
筆者の自惚れがなせるわざか?(爆)

話が長くなった!
言いたかったのは
「恐竜博物館」で
「昆虫」の展示に夢中になる人間は
「きわめて稀」なのではないか?
しかし
それは
「非常に誇らしい」のではないか?

だから・・・
どんな昆虫がいたのか?
「早く出さんかい!」
c0062511_22185498.jpg
c0062511_22200798.jpg
c0062511_22203872.jpg
c0062511_22211489.jpg
c0062511_22215238.jpg
何となく「完全変態」はいなかった・・・
原始Gとかを少し期待はしたりしたのであるが・・・

その辺りの議論は
そうやなぁ~
ミッション9thの課題にしておきましょうかねぇ~(笑)

画像採集地:2017-04-08 福井県勝山市



by pekeyama | 2017-04-18 22:26 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

ミッションG・8th:八

ミッションGから早くも一週間が過ぎようとしている。
満開だった桜も散り果てようとしている。
しかし・・・
話はまだまだ終わりそうにない。
そう・・・
果てない物語
すなわち・・・
NEVER ENDING STORY
いや・・・
未完成交響曲
そう・・・
この曲が終わらざるがごとく、わが愛に終わりなし!
ってやつである(笑)
決して小学生の夏休みの絵日記の如く・・・ではないのである(爆)
そして・・・
人は言うのである
母親にロマンス映画へ連れていかれた子供の様に・・・
「おかあちゃん!いつ仮面ライダー出てくるの?」
だが・・・
大人の世界はもっとシビアなのである
「早く出さんかい!」
怒号が飛ぶのである!
ここで・・・
PEKEは勇気をもって
冷静かつ沈着に
過去のミッションGレポートにおけるG画像の出現率を
本来若者は過去を振り返らず
未来だけを信じて突き進むのであるが
PEKEはすでに
♪夢を見るほど馬鹿ではないし♪
この場では関係ないが
♪恋をするほど子供じゃない♪
のである

「早く言わんかい!」

ミッションGレポートにおけるG画像は
あの憧れの枕詞である「きわめて稀である」が付くくらい・・・(爆)

話が長くなった。
結論を
いや
先を急ごう!

この日、Gをあきらめた
ミッションG・関西連隊は
かねてからの計画通り
北陸道を北上し
勝山市にある「福井県立恐竜博物館」へ向かったのであった
最寄りのSAからすでに・・・
気分はジェラシック・パークである!
c0062511_19382962.jpg

画像採集地:2017-04-08 福井県





by pekeyama | 2017-04-16 19:31 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

寒桜と蓑虫

年末年始の休暇は実家へ帰省していた。
久しぶりにPCから
デジカメで撮った画像をアップすることができる。
PEKEは二つ折りのガラケーの愛用者であるがゆえに
携帯での撮影は
特に接写にあたっては
レンズとモニターが同軸ではない携帯での画像採集は
大いにストレスを感じるので
あまり好きではないのである。
だからPCでデジカメ画像を投稿できるのはうれしいのであるが
在庫をためすぎたのである。
ネタはないよりある方が良いのであるが・・・(笑)

帰宅第一弾は・・・
お袋に撮影を勧められた、いや、命ぜられた(笑)
寒桜がぞうである。
近所の川沿いの遊歩道に一本だけ
そこだけ雪が積もった様に
白くて小さな花をつけた桜があるのである。
c0062511_20473365.jpg
c0062511_20482673.jpg
冬の青空を背景にすると何とも言えず清々しい!
c0062511_20501476.jpg
そして蓑虫を見つけたのである!
c0062511_20524655.jpg
子供の頃はそこらじゅうで見かけた蓑虫であるが
最近はあまり目にする機会が少ないように思う。
蓑からいったん取り出した幼虫を
毛糸屑を入れた箱に閉じ込めて
カラフルな蓑に着せ替える実験というか、遊びがあったが
今の子供たちはそう言う事をして楽しむのであろうか?
又、ものの本によると
越冬中の蓑虫をフライパンで炒ると極上の珍味であると
一度試してみたい気もするが
さてどんなものであろうか?

画像採集地:2016-12-30 京都市西京区


by pekeyama | 2017-01-04 21:02 | 昆虫 | Trackback | Comments(4)

甲山周辺で見かけた赤蜻蛉たち

初めにお断りしておかなくちゃ!
タイトル・・・
無断で借用させていただきました・・・
って・・・
それを世間では「パクリ」と言うんだよ!(笑)

秋は赤蜻蛉!
風物詩ですよねぇ~
クロコノマチョウ探索の合間
赤蜻蛉に遊んでもらいました!
赤蜻蛉たちは迷惑だったでしょうなぁ~

ノシメトンボ(かな?)
c0062511_20093485.jpg
マユタテアカネ(だよね!)
c0062511_20104966.jpg
ミヤマアカネ(きっぱり!)
c0062511_20132625.jpg
(ひょっとして)タイリクアカネ(?)
c0062511_20160745.jpg
なぜかしら
アキアカネとナツアカネは見かけなかった・・・

実ぃ葉ぁ氏は
一番沢山居たのがミヤマアカネであった事に驚いておられた

画像採集地:2016-10-16 西宮市 甲山周辺

by pekeyama | 2016-10-23 20:20 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

アカハネオンブバッタを西宮市で観察

たまには真面目な投稿もしないとなぁ~
って言っても
ついこの間は
大阪市内でオオゴマダラ云々・・・
そんなタイトルで顰蹙を買ったばかりだしなぁ~
はたして何人の人に信じてもらえるのかなぁ~
まぁ
身から出た錆ってとこかなぁ~

c0062511_19471518.jpg

薄いピンク色の翅がその証です!

アカハネオンブバッタは
元々はトカラ列島以南に棲むバッタですが
近年、
神戸だとポートアイランドとか
大阪だと南港とか
シマを拡げているそうです。
先の日曜日
クロコノマチョウ探索で
実ぃ葉ぁ氏親子と訪れた甲山は仲良し池近辺で
夏休みの沖縄旅行で
お父さんに叩きこまれた
アカハネオンブバッタとオンブバッタの違い・・・
見事に発揮されました!(笑)
発見したのは
「林縁の草地」で
もろにオンブバッタの大好きな環境!
まさに本拠地です!
港の埋め立て地の空き地の様な
多分、オンブバッタにとってのフロンティアではありません!
アカハネ君は何処から、どうやってきたのか?
これからどのような目に見えぬ戦いが展開するのか?
興味は尽きませんなぁ~

そうそう
甲山大師に停めた車に戻る途中で
樹上を舞うイシガケチョウらしき白いチョウを目撃しましたねぇ~

それから
美ぃ葉ぁ親子と別れて晩酌の缶ビールを買いに行く途中で
ジーパンの尻ポケットに入れてた会社の携帯が無い事に気が付きましたねぇ~

画像採集地:2016-10-16 西宮市 甲山なかよし池近辺
by pekeyama | 2016-10-22 20:17 | 昆虫 | Trackback | Comments(4)

朝顔とハナムグリ

秋らしくよく晴れた
爽やかな土曜日の朝であった
今日はちょいとした用事があり
嫁ハンと二人で梅田へ出かけた
毎朝、毎朝
市場へ連れて行かれる子牛の如き心境で
バスを待つバス停であるが
休日ともなれば
全然気分が違ってくる

本題に入る前に
♪バスを待つ間に・・・♪
採集したバス停の風景である!
c0062511_18484257.jpg
ツクバネウツギとソライロアサガオが咲き乱れるバス停である!
で・・・
ソライロアサガオにコアオハナムグリが一頭・・・
ちょこんとしがみついてていたのである
c0062511_18523659.jpg
ハナムグリの重みで
アサガオの花弁が折れ曲がっている
居心地が悪そうである
案の定
このワンカットを撮ったとたんに
ハナムグリ君は花から転げ落ちてしまったのである

ハナムグリは居なくなってしまった
しかしバスはまだ来ない
嫁ハンはバス停のベンチで井戸端会議を始めている

そこでPEKEは
♪バスを待つ間に・・・♪
アサガオと遊ぶことにした

お題は
「朝の青空と空色朝顔」である
c0062511_19010826.jpg

c0062511_19044017.jpg
さすがに空色と名乗るだけのことはある
見事な擬態?ではないか!(笑)

最後に我住処を背景に入れた一枚をアップする
c0062511_19072478.jpg
画像採集地:2016-10-15 兵庫県宝塚市




by pekeyama | 2016-10-15 19:08 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

桔梗と葉虫

今宵は・・・
花と蛇・・・
もとい・・・
花と虫である!

花って・・・
きっと・・・
食べたら栄養満点で・・・
美味しいんだろうなぁ~

シジミチョウの幼虫の飼育経験から・・・
心底そう思って生きてきました!
今日まで!
そしてこれからも!

真実を語ってはいるが・・・
何を言いたいのかは・・・
判らない・・・

先々月・・・
10!9!(!
指を折って数えたならば・・・
♪あれは八月!眩い陽の中で・・・
 誓った愛の幻!♪
親父のお墓参りの道中で酔ったJAの直販場で贖った
ズッキーニの花を突如として思い出したのである!
あれはたしかに
どこから見ても
上から読んでも
下から読んでも
「トマト」
「新聞紙」
「山本山」
最新バージョンでは
「妻夫木夫妻」
難解なところでは
「軽い機敏な子猫何匹いるか」

話が逸れた!

ズッキーニの花は
何処から見ても
右から読んでも
左から読んでも
くどい!

話を元に戻そう!
ズッキーニの花は
何処から見ても・・・
(ここで筆者は深呼吸をすべきであろう!)
カボチャの花だったのであるが
それは当たり前の話である(笑)

しかし・・・
オリーブ油で軽くソテーして
パスタのトッピングにしたらば
非常に美味であったことは特筆にあたいする!

左様!
花は美味しいのである!
二本足がそう思うのであるから
六本脚ならなおの事であろう!

白い桔梗を齧っていたのはウリハムシ?
c0062511_20265499.jpg
c0062511_20261744.jpg
どんな味がするのかな?

画像採集地:2016-10-01 西宮市立北山緑化植物園

by pekeyama | 2016-10-12 20:29 | 昆虫 | Trackback | Comments(8)

吾亦紅と赤トンボ

最近
拙ブログ界隈では
「○○と××」ってタイトルで
季節の花と昆虫のコラボレーション画像をアップするのが
流行っているようである!
モダンボーイたらんとするPEKEである!
流行に敏感なシティボーイたらんとするPEKEである!
だから・・・
一生懸命頑張って
採集したのである!
秋の花は「吾亦紅」
秋の虫は「赤トンボ」

これぢゃ!
c0062511_22310683.jpg
赤トンボは・・・
多分「BMWアカネ」とPEKEが呼ぶ
鼻先に「キドニー。グリル」の如き
誰?「豚の鼻」の様な・・・なんて言ってるのは?
どこのドイツだ!
まぁ、BMWは独逸が誇る名車さ!

断わっておくが
君ももう社会人なんだから
だから
言わせてもらうが
「吾亦紅・・・何処に写っているの?」
そんなコメントは
俺は受け付けないぜ!(爆)

「武士の情け」って・・・
ちゃんと君の辞書に載ってるよな?

画像採集地:2016-10-01 西宮市立北山緑化植物園

by pekeyama | 2016-10-06 22:43 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)