標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

カテゴリ:昆虫( 645 )

寒桜と蓑虫

年末年始の休暇は実家へ帰省していた。
久しぶりにPCから
デジカメで撮った画像をアップすることができる。
PEKEは二つ折りのガラケーの愛用者であるがゆえに
携帯での撮影は
特に接写にあたっては
レンズとモニターが同軸ではない携帯での画像採集は
大いにストレスを感じるので
あまり好きではないのである。
だからPCでデジカメ画像を投稿できるのはうれしいのであるが
在庫をためすぎたのである。
ネタはないよりある方が良いのであるが・・・(笑)

帰宅第一弾は・・・
お袋に撮影を勧められた、いや、命ぜられた(笑)
寒桜がぞうである。
近所の川沿いの遊歩道に一本だけ
そこだけ雪が積もった様に
白くて小さな花をつけた桜があるのである。
c0062511_20473365.jpg
c0062511_20482673.jpg
冬の青空を背景にすると何とも言えず清々しい!
c0062511_20501476.jpg
そして蓑虫を見つけたのである!
c0062511_20524655.jpg
子供の頃はそこらじゅうで見かけた蓑虫であるが
最近はあまり目にする機会が少ないように思う。
蓑からいったん取り出した幼虫を
毛糸屑を入れた箱に閉じ込めて
カラフルな蓑に着せ替える実験というか、遊びがあったが
今の子供たちはそう言う事をして楽しむのであろうか?
又、ものの本によると
越冬中の蓑虫をフライパンで炒ると極上の珍味であると
一度試してみたい気もするが
さてどんなものであろうか?

画像採集地:2016-12-30 京都市西京区


by pekeyama | 2017-01-04 21:02 | 昆虫 | Comments(4)

甲山周辺で見かけた赤蜻蛉たち

初めにお断りしておかなくちゃ!
タイトル・・・
無断で借用させていただきました・・・
って・・・
それを世間では「パクリ」と言うんだよ!(笑)

秋は赤蜻蛉!
風物詩ですよねぇ~
クロコノマチョウ探索の合間
赤蜻蛉に遊んでもらいました!
赤蜻蛉たちは迷惑だったでしょうなぁ~

ノシメトンボ(かな?)
c0062511_20093485.jpg
マユタテアカネ(だよね!)
c0062511_20104966.jpg
ミヤマアカネ(きっぱり!)
c0062511_20132625.jpg
(ひょっとして)タイリクアカネ(?)
c0062511_20160745.jpg
なぜかしら
アキアカネとナツアカネは見かけなかった・・・

実ぃ葉ぁ氏は
一番沢山居たのがミヤマアカネであった事に驚いておられた

画像採集地:2016-10-16 西宮市 甲山周辺

by pekeyama | 2016-10-23 20:20 | 昆虫 | Comments(0)

アカハネオンブバッタを西宮市で観察

たまには真面目な投稿もしないとなぁ~
って言っても
ついこの間は
大阪市内でオオゴマダラ云々・・・
そんなタイトルで顰蹙を買ったばかりだしなぁ~
はたして何人の人に信じてもらえるのかなぁ~
まぁ
身から出た錆ってとこかなぁ~

c0062511_19471518.jpg

薄いピンク色の翅がその証です!

アカハネオンブバッタは
元々はトカラ列島以南に棲むバッタですが
近年、
神戸だとポートアイランドとか
大阪だと南港とか
シマを拡げているそうです。
先の日曜日
クロコノマチョウ探索で
実ぃ葉ぁ氏親子と訪れた甲山は仲良し池近辺で
夏休みの沖縄旅行で
お父さんに叩きこまれた
アカハネオンブバッタとオンブバッタの違い・・・
見事に発揮されました!(笑)
発見したのは
「林縁の草地」で
もろにオンブバッタの大好きな環境!
まさに本拠地です!
港の埋め立て地の空き地の様な
多分、オンブバッタにとってのフロンティアではありません!
アカハネ君は何処から、どうやってきたのか?
これからどのような目に見えぬ戦いが展開するのか?
興味は尽きませんなぁ~

そうそう
甲山大師に停めた車に戻る途中で
樹上を舞うイシガケチョウらしき白いチョウを目撃しましたねぇ~

それから
美ぃ葉ぁ親子と別れて晩酌の缶ビールを買いに行く途中で
ジーパンの尻ポケットに入れてた会社の携帯が無い事に気が付きましたねぇ~

画像採集地:2016-10-16 西宮市 甲山なかよし池近辺
by pekeyama | 2016-10-22 20:17 | 昆虫 | Comments(4)

朝顔とハナムグリ

秋らしくよく晴れた
爽やかな土曜日の朝であった
今日はちょいとした用事があり
嫁ハンと二人で梅田へ出かけた
毎朝、毎朝
市場へ連れて行かれる子牛の如き心境で
バスを待つバス停であるが
休日ともなれば
全然気分が違ってくる

本題に入る前に
♪バスを待つ間に・・・♪
採集したバス停の風景である!
c0062511_18484257.jpg
ツクバネウツギとソライロアサガオが咲き乱れるバス停である!
で・・・
ソライロアサガオにコアオハナムグリが一頭・・・
ちょこんとしがみついてていたのである
c0062511_18523659.jpg
ハナムグリの重みで
アサガオの花弁が折れ曲がっている
居心地が悪そうである
案の定
このワンカットを撮ったとたんに
ハナムグリ君は花から転げ落ちてしまったのである

ハナムグリは居なくなってしまった
しかしバスはまだ来ない
嫁ハンはバス停のベンチで井戸端会議を始めている

そこでPEKEは
♪バスを待つ間に・・・♪
アサガオと遊ぶことにした

お題は
「朝の青空と空色朝顔」である
c0062511_19010826.jpg

c0062511_19044017.jpg
さすがに空色と名乗るだけのことはある
見事な擬態?ではないか!(笑)

最後に我住処を背景に入れた一枚をアップする
c0062511_19072478.jpg
画像採集地:2016-10-15 兵庫県宝塚市




by pekeyama | 2016-10-15 19:08 | 昆虫 | Comments(0)

桔梗と葉虫

今宵は・・・
花と蛇・・・
もとい・・・
花と虫である!

花って・・・
きっと・・・
食べたら栄養満点で・・・
美味しいんだろうなぁ~

シジミチョウの幼虫の飼育経験から・・・
心底そう思って生きてきました!
今日まで!
そしてこれからも!

真実を語ってはいるが・・・
何を言いたいのかは・・・
判らない・・・

先々月・・・
10!9!(!
指を折って数えたならば・・・
♪あれは八月!眩い陽の中で・・・
 誓った愛の幻!♪
親父のお墓参りの道中で酔ったJAの直販場で贖った
ズッキーニの花を突如として思い出したのである!
あれはたしかに
どこから見ても
上から読んでも
下から読んでも
「トマト」
「新聞紙」
「山本山」
最新バージョンでは
「妻夫木夫妻」
難解なところでは
「軽い機敏な子猫何匹いるか」

話が逸れた!

ズッキーニの花は
何処から見ても
右から読んでも
左から読んでも
くどい!

話を元に戻そう!
ズッキーニの花は
何処から見ても・・・
(ここで筆者は深呼吸をすべきであろう!)
カボチャの花だったのであるが
それは当たり前の話である(笑)

しかし・・・
オリーブ油で軽くソテーして
パスタのトッピングにしたらば
非常に美味であったことは特筆にあたいする!

左様!
花は美味しいのである!
二本足がそう思うのであるから
六本脚ならなおの事であろう!

白い桔梗を齧っていたのはウリハムシ?
c0062511_20265499.jpg
c0062511_20261744.jpg
どんな味がするのかな?

画像採集地:2016-10-01 西宮市立北山緑化植物園

by pekeyama | 2016-10-12 20:29 | 昆虫 | Comments(8)

吾亦紅と赤トンボ

最近
拙ブログ界隈では
「○○と××」ってタイトルで
季節の花と昆虫のコラボレーション画像をアップするのが
流行っているようである!
モダンボーイたらんとするPEKEである!
流行に敏感なシティボーイたらんとするPEKEである!
だから・・・
一生懸命頑張って
採集したのである!
秋の花は「吾亦紅」
秋の虫は「赤トンボ」

これぢゃ!
c0062511_22310683.jpg
赤トンボは・・・
多分「BMWアカネ」とPEKEが呼ぶ
鼻先に「キドニー。グリル」の如き
誰?「豚の鼻」の様な・・・なんて言ってるのは?
どこのドイツだ!
まぁ、BMWは独逸が誇る名車さ!

断わっておくが
君ももう社会人なんだから
だから
言わせてもらうが
「吾亦紅・・・何処に写っているの?」
そんなコメントは
俺は受け付けないぜ!(爆)

「武士の情け」って・・・
ちゃんと君の辞書に載ってるよな?

画像採集地:2016-10-01 西宮市立北山緑化植物園

by pekeyama | 2016-10-06 22:43 | 昆虫 | Comments(0)

親の顔が見たい!図鑑・壱

先の土曜日
デート中に嫁ハンが見つけた!
c0062511_20145954.jpg
葛の葉の裏にいた!
奇妙奇天烈なフォルムである!
親の顔が見たいものである!(笑)

今日は月曜日たと言うに
もとい
月曜日だからか
かなり心身ともに消耗している・・・

画像採集地:2016-10-01 西宮市鷲林寺町

by pekeyama | 2016-10-03 20:22 | 昆虫 | Comments(2)

君の名は・七

この・・・
カッケー!
デッケー!
カメムシはナンテーの?
c0062511_21121214.jpg

c0062511_21133354.jpg

これぞカメムシ!って言うそのフォルム!
大きさは一円玉位あってデカい!
でもって・・・
メタリックグリーンに輝く眩しいボディ!
10年位前に
キベリタテハに逢いに行った
晩夏の野麦峠で一度観たことがある奴だ!

画像採集地:2016-07-16・18 三重県員弁市

カメムシって・・・
あの臭いさえなければ・・・
カッケー奴多いから・・・
人気出ただろうなあ~
by pekeyama | 2016-08-12 21:23 | 昆虫 | Comments(0)

君の名は・六

PEKEは元・蝶屋である故
トンボには疎いのであるが
疎いのはそれだけでは無かろう!と
意地の悪い声が
真夜中の蝉の声の如く
頭上のどこからか聞こえてくるのは
「はたして偶然か?」とは
カムイ外伝における主人公カムイの名科白の一つである

話が逸れた・・・
と言うより・・・
コースアウトした・・・
夜の峠のコーナーで・・・
アンダー出してガードレールに突き刺さった・・・
イニシャルDファンみたいだ・・・

何故にPEKEの文章は
こうも蛇行するのであろうか?
極めて直進安定性に欠けた操縦特性である
思うに
コーナーへ侵入する直線で
すでにコースアウトしているのである

自動車工学の観点から考察すると
これは・・・
トレッド(左右のタイヤの間隔)と
ホイルベース(前後のタイヤの間隔)の
その比率に原因があるとぶんせきされる
回転モーメントの問題である
結論から言うと
(PEKEの文章に最も欠けている姿勢!おまいう?)
トレッド(間口)の寸法に対して
ホイルべース(奥行)の寸法が小さいのである
はっきり言うと「底が浅い」のである
「深み」が無いのである
加えて「詰めが甘い」のである

今夜は少し荒れているようである

話を戻そう!
蛭が蠢く
昼なお暗い照葉樹林の
夏の日も西に傾きかけた
逢魔が時・・・
奇跡的に開けた樹々の間で
実ぃ葉ぁ氏のネットが一閃!
それはまるで
70年代末期に一世を風靡した
技術の日産のデートカー、
もといスポーツカー
もおいスペシャリティーカー!
白い稲妻こと
三代目シルビアの様であった!(爆)
でも当時・・・
あの角ばったスタイルよりも
溶けかけたメルティーチーズの様なスタイルの
117クーペ(丸目)の方が好きと
憧れの先輩(もちろん女性)は仰っており・・・

で!!!
ネットの中から出て来たトンボがこれです!
c0062511_2217222.jpg

キュッと締まったボディに比べて
幅が広い翅に
緩やかに膨らんだ腹部
自動車工学的な目で解説すると・・・
高性能エンジンを隠し持つエンジンルーム
驚異的な出力を余すところなくスピードに変換する翅
その圧倒的運動性能のbaバランスをとるための重量配分


うーん・・・
今夜は収拾がつきません!
これぞ・・・
エントロピー増大の法則!(爆)

画像採集地:2016-07-18 三重県員弁町
by pekeyama | 2016-08-09 22:30 | 昆虫 | Comments(4)

君の名は・伍

五人目は・・・
少し旧聞に属しますが・・・
蛭が蠢く・・・
昼なお暗き照葉樹林の・・・
小さな沼で生まれ育ったと思しき・・・
水の精霊でございまする・・・
c0062511_20195785.jpg

c0062511_2023434.jpg

果たして彼女の瞳の色は・・・
エメラルドか?
サファイアか?
今となっては永遠の謎と化しかけているのですが・・・
出でよ!名探偵コナン!(笑)
出でよ!金田一耕助!
いや・・・
この場合は・・・
出でよ!ファーブル先生か?(爆)

画像採集地:2016-07-18 三重県員弁市
by pekeyama | 2016-08-08 20:31 | 昆虫 | Comments(2)