標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

カテゴリ:花( 1238 )

2017年、春を探して独り彷徨う・11

春である。
九州の「K」CITYでは♪春爛漫♪のようであるが
こちら「N」CITYはまだ♪春一輪♪のようである。
「春」と言えば
風呂桶の中で口ずさむならば
イルカの「名残雪」も良いのであるが
キャンディーズの「春一番」も捨てがたいのである。
しかし・・・である
そこに森進一の「襟裳岬」が参入してくると仮定するb¥ならば
話は極めてややこしい?(笑)
まぁ、その日のメンタルの良し悪しによって選曲すれば良いだけの話である。
されば・・・
古いヒーローアニメの主題歌をがなるPEKEのメンタルは???(爆)
しかるに・・・
今夜は娘の結婚式を明後日に控え
ブログの更新よりも
挨拶文の草案作成に全力を尽くすべきわが身ではあるが
(同じく娘は「両親への手紙」の原稿作成に全力を尽くしている・・。はず・・・)
まぁ良いではないか!
基本は感謝の気持ちを述べる挨拶文であるからに、してからに
無理にひねり出すことはないのである!
自然と心から湧き出す気持ちを述べればよいのである!
って・・・
人生、なめてる?(笑)

今夜、PEKEがお風呂場で歌うのは
「春一番」に決めたのである!
そう!
明るく!前向きに!
パンツァー・フォー!
♪古いコート脱いで、出かけませんか!♪
c0062511_22262562.jpg
画像採集地:2017-03-19 西宮市立北山緑花植物園


by pekeyama | 2017-03-24 22:27 | | Comments(0)

2017年、春を探して独り彷徨う・10

春を探していたら・・・
いきなり秋にぶち当たった???
c0062511_21131766.jpg
マツムシソウです!!!
松虫が♪チンチロリン♪と鳴く頃に咲くから
だから・・・
漢字で書いたら・・・
松虫草と・・・
しかしながら・・・
クジャクチョウが舞う信州の高原に
晩夏から初秋にかけて
果たして松虫は鳴いているのか?
直翅目に疎いPEKEには判らない!

然るに・・・
何故に・・・
オオイヌノフグリの花咲く前に・・・
咲いているのか?
c0062511_22213951.jpg
c0062511_22225019.jpg
その謎を解くカギはここにある!
c0062511_22243631.jpg
花の名前は
マツムシウではなく
スカビオーザとある。
これはマツムシソウの学名(属名)である。
園芸屋さんは
西洋松虫草を指してスカビオザと呼ぶらしいのである。
そして西洋松虫草は
春と秋の二回
花を咲かせるそうである。
日本の松虫草の花は平べったいが
西洋松虫草はお饅頭の様に背が高いそうである!
c0062511_22343182.jpg
やはり西洋松虫草の様である!

しかし・・・
五月の南ヨーロッパ・・・
松虫草の花咲く風景を眺めてみたいものである!
そこにはどんなチョウが舞っているのか?

そこで急に思い出した!
「西部戦線異状なし」と言うドイツの小説があったが
そのラストシーンだったと思うが
ふと銃弾が途切れた一時に
戦場に一頭の白い蝶が舞い
それにつられて塹壕から身を乗り出した兵士が
弾に倒れる・・・
そんなシーンがあったように記憶するが
さて・・・
荒れ果てた前線に舞った白い蝶は
オオモンシロチョウだったのか?
まさか
クモマツマキチョウの♀だったのか?

いや、まぁ、どうでも良い話ではある(笑)

画像採集地:2017-03-19 西宮市立北山緑花植物園

by pekeyama | 2017-03-22 22:53 | | Comments(0)

2017年、春を探して独り彷徨う・9

お彼岸も過ぎたと言うに
いつまで春を探しておるのか?
別に目を皿の様にして探し回らなくとも
部屋のドアを開けて
一歩外に歩み出れば
春はそこいら中に・・・
確実に・・・
やって来ている・・・
しかし・・・である・・・
カロリー控えめの食生活を送っている所為か
PEKEは身体が冷えて仕方がないのである・・・
鍋を囲んでも
カレーを食っても
味噌汁を飲んでも
身体の芯に炎が灯らないのである
そして
歩いても
走っても
飛んでも跳ねても
息は切れるが
血は熱くたぎらないのである
酷い時は
ビールのよく冷えた缶に触れる事さえためらわれる位であるから
重症やもしれぬ・・・

だから・・・
と言う訳では無いのであるが
休日はウォーキングを兼ねて
春を探して独り彷徨うのである

昨日は山茱萸の花が咲いているのを見つけた。
「はるこがねばな(春黄金花)」とも呼ばれる様に
鮮やかな黄色い花を枝一面に付けていた。
c0062511_21484483.jpg
c0062511_21504258.jpg
c0062511_21514865.jpg
画像採集地:2017-03-19 西宮市立北山緑花植物園 北山山荘

by pekeyama | 2017-03-20 21:53 | | Comments(0)

2017年、春を探して独り彷徨う・8

啓蟄も過ぎ
各地で虫たちが活動を始めている。
もう独り彷徨いながら探さなくても
春はいたるところにある。

三輪山登山を終えてから
身体も精神も妙に調子が良くなったのである。
昨日は
♪梅は咲いたか?桜はまだかいな?♪
鼻歌を歌いつつ
お気に入りの小さな植物園を徘徊したのであった。

梅は・・・
もちろん咲いていた!
c0062511_21304629.jpg
c0062511_21314915.jpg
そして・・・
桜も・・・
咲いていた!
c0062511_21331735.jpg
c0062511_21340488.jpg
画像採集地:2017-03-12 西宮市立北山緑化植物園

by pekeyama | 2017-03-13 21:37 | | Comments(0)

2017年、春を探して独り彷徨う・7

今夜のタイトルは
「馬酔木と書いて何と読む?」にすればよかったかもしれぬ!
何故ならば
今夜の画像は
休日に
「春を探して独り彷徨」って採集したのではなく
平日に
「商談を首尾よくまとめ」た
その帰り道にお客様の敷地内で見つけて
自分へのご褒美として採集したからである!
してからにして・・・
「馬酔木」とは何ぞや?
いや、早まってはいけない!
まだ「馬酔木」の読みについて記述していないではないか!
などと・・・
もったいを付けたところで
いつものように
「早く言わんかい!」と宇宙から電波が飛んでくるよりも先に
「アセビ」とか
「アシビ」とか
聞こえてくるのは至極当たり前のお話で
誰も、一人も
「PEKEさんって物知り!尊敬しちゃう!」とは
言ってくれるはずもない・・・
「馬酔木」は「アセビ」
当たり前の話である・・・
で・・・
PEKEの得意技
16歳のトラウマ発動である!
「PEKE君、私に何が言いたかったの?」

馬酔木には毒があるそうである。
文字通り「馬」が食べると「酔った」ようにフラフラになる「木」だそうである。
しかし
四本足と六本脚では体の構造が異なるのであろう!
(あのさぁ~、足の数からしてすでに違うじゃん!)
馬は酔うかもしれぬが
シジミチョウはすくすく育つんである!
蝶屋界には
「ヤクルリアセビクウ」なんて伝説的名分がある!

久しぶりの蛇行運転である!
ひょっとしたら雪山におけるリング・ワンデリングやもしれぬ!
死の彷徨である!
天よ!我を見放したか?!
まぁ・・・
ウンには見放され
エンがないのは事実である・・・
まずは便秘を解消し
次いでは宝くじを当てねばならぬ!

あほらしくなってきた
つかれてきた
画像をアップして
風呂に入って
寝床に
嫁ハンの隣に潜り込むことにする!
c0062511_23130292.jpg
c0062511_23140403.jpg
c0062511_23144965.jpg
c0062511_23153528.jpg


by pekeyama | 2017-03-07 23:16 | | Comments(0)

2017年、春を探して独り彷徨う・6

「ぎゃっこうめ」である。
採集日は先週の日曜日である。
その二日前の金曜日にであるが
YUKIちゃんのマッサージを受けたのである。
軽くなったばかりの首であるが
(斜め)上を向いて歩いた夏の夜
もとい春の昼であるが
さすがに連続3時間は応えたのある。
まずはバッテリーが空になったのである。
カメラはただの金属の塊と化したのである。
そして・・・
「がぞう」と引き換えに「まほう」が解けてしまったのである。
肩が重いのである・・・
バリアングルモニター付きのニュー・ウェポンを手に入れたいものである。

画像である。
「稲積」
c0062511_20351303.jpg
「初雁」
c0062511_20364818.jpg
c0062511_20383826.jpg
「柳川絞り」
c0062511_20395578.jpg
「芳流閣」
c0062511_20430934.jpg
画像採集地:2017-02-26 大阪府吹田市 万博記念公園

同工異曲ではあるが
どこまで続く泥濘ぞ・・・である(笑)
第二弾もお楽しみに・・・なのである(爆)







by pekeyama | 2017-03-04 20:48 | | Comments(2)

2017年、春を探して独り彷徨う・5

今日から三月である!
「三月」って聞くと
何となく「春が来た!」って
そんな気になるから不思議である!
思うに・・・
昨日はやはり、「まだ冬だ!」と思うのである!
今日はやはり、「もう春だ!」と感じるのである!
探して独り彷徨うのは季節外れとなってしまったのである!
犬も歩けば棒に当たる?
営業マンは日々、靴底と神経をすり減らして街を彷徨う職業であるが
この時期は
「一月はイヌ」と言い
「二月はニゲル」と言い
「三月はサル」と言い
古来、数多の営業マンが、上司の前で言い訳をルル訴え続けてきたのである!
オノオノガタ!
よいか!
「るる」トウッタエルデアッテ
「りる」トウタッテハナラヌ!
はて・・・
二月と三月
一字違いで大違い!
いや
一画違いで大違い!
そう話を続ける予定であったが・・・
さて・・・
今宵・・・
風呂場で唸るとすれば・・・
昨夜までの
♪木枯らしの街を行く 独りぼっちの私・・・
 思い出の広場で 思わず足を止める・・・
 思い出すわ あの日の事 暖かい恋の夢! 
 春の風と 鳥の歌と 優しいあなたがいた・・・♪
ではなく・・・・
今宵は
♪菜の花畑に入日うすれ 見渡す山は霞ふかし
 春風そよ吹く空を見れば 夕月かかりて匂いあわし♪
だな!
c0062511_21320027.jpg
c0062511_21325812.jpg
そして・・・
こんな俳句も頭に浮かぶ・・・
「菜の花や 月は東に 日は西に」

うーん!!!
昨夜と今夜で
頭の中が全然違う!
できることならば
明日からもずっと
この調子で突っ走りたい!(笑)

画像採集地:2017-02-25 大阪市鶴見区 鶴見緑地公園


by pekeyama | 2017-03-01 21:38 | | Comments(0)

2017年、春を探して独り彷徨う・4

休日毎の
リハビリと称する徘徊も
すでに4回を重ねた。
犬も歩けば棒に当たると云われる通り
PEKEも歩けば・・・
それも「春を探す」と言う
明確なる目的を持って
まだ浅いとは言え
春の街を徘徊するのであるから
画像はそれなりにたまってきている・・・
たまらなければ嘘である・・・
しかし・・・
画像をアップするためには
言の葉を紡がねばならない・・・
たとえそれが・・・
ザレゴトでありうとも
タワゴトであろうとも
ヨマイゴトであろうとも
ムゴンはイケナイと考えるのであるが・・・
イランコトとどちらがマシか?
そう問われると・・・
さて、ドウシタものか?
狼狽あるのみである・・・

で・・・
早春の花は色々あるが
やはり蝋梅は・・・

やっと話が繋がったようである(笑)
豊中市にある服部緑地都市緑化公園の芝生広場の土手には
一面に蝋梅が植えられている!

c0062511_21205088.jpg
土手に登れば花の香りで窒息しそうである!
c0062511_21292905.jpg
蝋梅の下にはマンサクも植えられている!
c0062511_21261471.jpg
蝋梅とくれば青空を背景に撮らねばならぬ!
c0062511_21282822.jpg

像採集地:2017-02-18 大阪府豊中市 服部緑地都市緑化公園

そんなに見事であるならば
なんですぐにアップしないのか?
二週間も前の話やから
もう散ってしもてるやろ!
遅いわ!
そう言って、ひどく怒られそうである(泣)
--

by pekeyama | 2017-02-27 21:35 | | Comments(0)

うめだのうめだ

「うめだのうめだ」
PEKE君、私に何が言いたかったの?
うー・・・
十六歳のトラウマぢゃ!(笑)
で・・・
何が言いたかったの?
早く言わんかい!
うー・・・
電波が飛んでくる!(爆)
漢字で書けば話が早かったのだ!
うりゃ!
「梅田のうめだ」
ん?
まだ判らぬか?
どりゃ!
「梅田の梅だ」
え?
これでもあかんか?
ならば・・・
ビジュアルで訴えるしかないか?
そりゃ!
c0062511_23322250.jpg
c0062511_23240406.jpg
ビルを背景に咲く紅梅画像ではあるが・・・
だからどうした?

ほんならこれは?
c0062511_23271948.jpg
町中の道路標識がどうした?
空の青に溶け込んでいて、なかなかエエ雰囲気ではあるが?(笑)

あーここまで来てもアカンとなれば・・・
♪紅梅の雨が止む時、私は死んでしまいたい♪
c0062511_23384991.jpg
種明かしをしよう!
撮影場所は大阪市は梅田の茶屋町である。
そこにある綱敷天神さんである。
c0062511_23442337.jpg
昔、梅田界隈は湿地帯で
それを埋め立てて田畑にしていたので「埋田」と呼ばれていたそうである。
しかしそれではあんまりだ!ってことで
菅原道真公が京都から九州へ左遷された際、
この地に立ち寄って眺めた紅梅にちなんで「梅田」と改称したとの由である。
しかし道真公が立ち寄ったのが
ここ「綱敷天神」なのか?
あるいは今は「お初天神」として
恋愛成就のパワースポットとして有名な「露天神」なのか?
そこまでは知らぬ(笑)
しかし現在の「露天神」に梅は植わっていたか?
何度かデートの待ち合わせ場所にしたことはあるが
時計と人影ばかりを気にしていた故に
確かな記憶はない(爆)

まぁ、ビル街で見つけた早春画像と言う事で
これも「広義」の
「春を探して独り彷徨う」シリーズと分類されるであろう!

画像採集地:2017-02-24 大阪市北区茶屋町

by pekeyama | 2017-02-26 00:03 | | Comments(0)

2017年、春を探して独り彷徨う・3

今夜の画像は・・・
♪赤いスイトピー!♪
もとい
♪赤いサルビア!♪
は季節も時代も・・・(笑)
ならば
♪赤いハイヒール!♪
いやいや・・・
若いのPEKEならば・・・
♪(青い空と、白い雲と、赤いヤッケのあの娘と・・・♪
でも本当は
青い空!赤いハイビスカス!そして白いオオゴマダラ!
しかしオオゴマダラはハイビスカスには・・・
♪きっと君は来ない・・・♪
話をもとに戻そうではないか!
今日の画像は・・・
赤井秀和
ちゃうちゃう
赤井万作
ん・
赤いマンサクである(笑)
c0062511_19553074.jpg
c0062511_19561613.jpg
c0062511_19570731.jpg
c0062511_19580486.jpg
↑の黄色い、ノーマル?なマンサクを撮影していたら
通りがかりのじいちゃんが
「にいちゃん!マンサク好きか?
 あっち行ったら赤いマンサク咲いてるで!
 行ってみ!」
そう教えてくれたのであった!
そのじいっやんは親切にも
本日の園内における見頃の花の数々を
PEKEに教えてくれたのであった!
感謝!の念、あるのみである!

赤いマンサクは栽培種なのであろうか?
それともどこか遠くて近いお国に分布する野生種なのであろうか?
もしも異国の野生種ならば・・・
やはり異国のウラクロシジミが・・・
中腰で、顔に当たる小枝を気にしながら
レンズを花に触れんばかりに向けながら
頭の中では浮世のゴタゴタを忘れて
妄想の世界に浸るのは
非常に心地よいものがあり
うーん!
これぞリハビリ!って感じかなぁ~(爆)


by pekeyama | 2017-02-25 20:35 | | Comments(0)