標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

<   2005年 11月 ( 57 )   > この月の画像一覧

初冬のシジミチョウ・5

昨日に引き続き、名残のチョウ画像です。
c0062511_5375562.jpg

c0062511_5381061.jpg

2005.11.23 西宮市立北山緑化植物園
c0062511_543541.jpg

c0062511_5432528.jpg

c0062511_5433958.jpg

2005.11.26 西宮市立北山緑化植物園

春になったら又逢おう!
by pekeyama | 2005-11-30 05:46 | | Trackback | Comments(0)

初冬のシジミチョウ・4

ここんとこちょっと浮かれすぎなので、
原点回帰のチョウ画像でも・・・
しかし今年はもう撮れないかもなぁ・・・
この週末は社員旅行で北陸だし、再来週はもう完璧に12月やもんなあ・・・
では名残のウラナミシジミ画像です。
c0062511_6243178.jpg

c0062511_6245545.jpg

c0062511_6251215.jpg

c0062511_6253096.jpg

2005.11.23朝 西宮市立北山緑化植物園
by pekeyama | 2005-11-29 06:26 | | Trackback | Comments(0)

今夜だけ許して下さい

朝日新聞、11月28日朝刊、奈良版です。
近鉄奈良線で通勤する会社の同僚に頼んで買ってきてもらいました。
c0062511_095543.jpg

by pekeyama | 2005-11-29 00:11 | Trackback | Comments(3)

PEKEYAMA氏の野菊図鑑・2

昨日の興奮冷めやらぬPEKEですが、
今日は月曜日、新たなる一週間の始まりと言う事で、クールダウンに努めます(笑)
いわば「平常勤務」と言う事で・・・

野菊の可憐な花は、熱く滾った血を鎮め、平常の落ち着き(あんたにそんなもんあったんか?このおっちょこちょいめが!・・・って天の声?が聴こえてきます・・・)を取り戻す作用がありそうな感じがする・・・
だから今朝は野菊図鑑の第二弾だ!
秋の朝、太陽の光を受けて煌く「清澄山シラヤマギク」です。
c0062511_651726.jpg

c0062511_664573.jpg

c0062511_681290.jpg

2005.11.20朝 西宮市立北山緑化植物園
by pekeyama | 2005-11-28 06:09 | | Trackback | Comments(0)

今日はハッピー!

今日は奈良は橿原市で開催された「海野和男氏のデジカメ講座」に参加しました。
午前中は講演、午後は橿原市昆虫館放蝶温室での実技指導、憧れの海野和男氏とカメラを手にして直接お話ができた、夢のような一日でした。
今日だけは天狗になることをお許し下さい!
講座の最後に、参加者各自が選んだ自身の今日一画像2点を海野氏に講評して貰った後、海野氏が選んだ今日一画像の発表があって・・・
なんとPEKEの撮った画像が選ばれたのです!!!
そして、朝日新聞が取材に来ていて、明日の朝刊(奈良版)に不肖PEKE撮影の画像が載る事に・・・
で、件の画像は・・・
「赤いグラジオラスの葉上で吸汁する、白いオオゴマダラ」画像です。
発表の時、「あの赤いの・・・」とおっしゃってましたので、色彩的インパクトがあったのでしょうね。そして朝日の記者の方に「掲載はカラーですか?モノクロですか?」と尋ねられ、最後はPC上でグレースケールに変換した画像までチェックして下さいました。大感激のPEKEです。
c0062511_22185894.jpg

2点出した内の残り1点は「羊歯の葉陰で人知れず愛を語らうオオゴマダラ」
c0062511_22212598.jpg

そして、「これ一つ」をよう選ばない優柔不断なPEKEが、最後まで迷った画像5点
c0062511_22253557.jpg

c0062511_2225527.jpg

c0062511_22261193.jpg

c0062511_22262875.jpg

c0062511_222644100.jpg

PEKE得意の斜め45度逆光は・・・カバタテハじゃあビジュアル的にちょっとね(笑)
赤い葉の花で吸蜜するキチョウは誰も撮ってなかったし、色も綺麗だから、ひょっとして・・・
リュウキュウムラサキは幻光がでてれば文句なしだったんだけれど・・・
オオゴマダラ3頭は、構図はちょいと面白いが、ピントが甘いか・・・
今日だけは天狗でいさせて下さい(笑)

きっと明日の朝は自己嫌悪で頭抱えているはずですから(汗)
by pekeyama | 2005-11-27 22:32 | | Trackback | Comments(9)

帝王ダリア

帝王の名にふさわしく、丈が3000ミリにも達する花です。
花の大きさも直径で150ミリくらいありそうです。
あ、職業柄ミリ単位の表記をしてしまいましたのでイメージが湧きにくいかも(笑)
3メートルの草丈に、15センチの花が咲く・・・と云えば、そら、すごい植物やと判ってもらえる?

論より証拠で、画像をUPします・・・
あっ!花のアップはあるが、スケール感を表す全体画像が無い!
さすが、詰めの甘い営業マン・PEKEのお仕事やなあ(笑)
c0062511_6135071.jpg

c0062511_6145343.jpg

白い蛾が張り付いていましたが、レストランとして利用したのか、ホテルとして利用したのか、花がこれだけ大きいとよく判りませんね(笑)
しばらくしたらホウジャクがやって来ました。
ラッキー!
早速連写モードで迎撃です!
c0062511_6203081.jpg

c0062511_6205221.jpg

c0062511_6211177.jpg

2005.11.23 西宮市立北山緑化植物園
1秒間に何回羽ばたくのかは知りませんが、ホバリング中の素早く眼にもとまらないはばたきが、デジカメのモニターでは、信号の処理時間の所為でしょうか、スローモーションのようにゆっくりと見えたのは、なかなか面白い経験でした。

PEKEの丸秘情報です。この植物園の、この帝王ダリア、天気の良い日の夕方に、夕陽が当たって一瞬だけ金色に輝きます。ほんの一瞬は大げさにしても、せいぜい10分位かな?
PEKEは昨年、偶然にその場面に居合わせました。
c0062511_633936.jpg

2004.11.13 16:08 西宮市立北山植物園
どうです!見事でしょう!
by pekeyama | 2005-11-27 06:35 | | Trackback | Comments(1)

PEKEYAMA氏の梢図鑑・紅葉編・11

はたして紅葉編に分類できるのか?
金色に輝く果実しか写ってない!

今夜の画像は奈良は興福寺で見つけた「カリン」の樹。
いや、マルメロかもしれない・・・
蝶が食べる植物以外はワカランチンのPEKEです(笑)
c0062511_18464310.jpg

c0062511_1847196.jpg

2005.11.13 奈良市 興福寺

でも今日、いつもの植物園で、春、カリンの可憐な花を撮ってた事を思い出した。
ちゃんと金色の実が成ってました。
c0062511_18495279.jpg

樹皮も紅葉も美しい樹ですね。
c0062511_18511347.jpg

c0062511_18515845.jpg

2005.11.26 西宮市立北山緑化植物園

こんな童謡を唐突に思い出しました・・・

ゆりかごのうたを、カナリアがうたうよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

ゆりかごのつなを、きねずみがゆするよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

ゆりかごのうえに、○○○のみがゆれるよ
ねんねこ ねんねこ ねんねこよ

なんか○○○の実は、カリンだったような気がするのですが、違ったかな?

カリンの実、生では食べられないようですが、香を楽しんだり、果実酒にしたり、咳止めの薬にしたりするようですね。
by pekeyama | 2005-11-26 19:01 | 植物 | Trackback | Comments(1)

PEKEYAMA氏の野菊図鑑・1

梢図鑑の画像もUPしきれてないというのに
無謀にも新シリーズの登場です。
画像採集を始めたのがやや遅かったので、花の盛りはやや過ぎていますが、
其処がまた、儚げな感じでとても素敵な画像ばかり(笑)で、乞うご期待!

第一弾は「アシズリノギク」
c0062511_6565843.jpg

c0062511_6571355.jpg

c0062511_6572665.jpg

2005.11.20 西宮市立北山緑化植物園

「アシズリ」はきっと四国の足摺岬に由来しているのだと思います。
白く縁取られた厚手の葉が、海辺の住人っぽく感じられます。
行った事のない足摺岬ですが、
秋の日の岬への道の両脇には、この可憐な白い野菊が辺り一面に咲いていて、
その向うには青い海が光って見える・・・
なんて風景を想像してしまいます。(なんて陳腐な想像なんだろう)

あなたがいつか話してくれた 岬を周る 独りで僕は

なんて古いフォークソングも思い出しました。
切れ切れだけれど、こんな歌詞でしたっけ?

岬めぐりのバスは走る 窓に広がる青い海よ

砕ける波のあの激しさで あなたをもっと愛したかった

幸せそうな人々たちと 岬をめぐる 独りで僕は


誰か全部、通しで教えて!
by pekeyama | 2005-11-26 07:13 | | Trackback | Comments(4)

孤独なバリケン

上流の橋のたもとには3羽のバリケンが・・・
「バリケン!サンバ!」
で、何故か一つ下流の橋には一羽のバリケン・・・
c0062511_20295840.jpg

c0062511_20301666.jpg

c0062511_20303634.jpg

2005.11.12 武庫川左岸

自由と孤独・・・

暗い海に飛び込み
冷たい空に煌く星を見上げる

風に解き放たれた魂は
行く先も告げず
若い頃に夢見たアルカディアへと旅立とうとしている

さらば

何に別れを告げようというのか?
何処へ行こうというのか?

泣くひとはいるか?
一緒に来るひとはいるか?

バリケンは超然としている。

羨ましい・・・

誰か
暗い海で溺れないように
僕を見張っていて欲しい・・・
by pekeyama | 2005-11-25 20:32 | | Trackback | Comments(0)

初冬のシジミチョウ・3

ヤマトシジミの蒼い♀です。
今年は何時まで逢う事ができるのでしょうか?
この週末には又逢えるかな?
20日に初めて逢った・・・
c0062511_5475113.jpg

23日にも逢えたよね・・・
秋の陽射を全身に浴びた君は、とても美しかった・・・
c0062511_5551282.jpg

c0062511_5573241.jpg

c0062511_559136.jpg

c0062511_601467.jpg

2005.11.20・23 西宮市立北山緑化植物園
by pekeyama | 2005-11-25 06:03 | | Trackback | Comments(0)