標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

<   2005年 12月 ( 47 )   > この月の画像一覧

PEKEYAMA氏の野菊図鑑・6

マンサクの茂みの中で咲いていた野菊です。
夏の間は如何していたんだろう?
黄色い葉と紫の花のコンビネーションがすてきだなあ・・・と。
c0062511_7283192.jpg

c0062511_728483.jpg

c0062511_7291852.jpg

2005.11.26 西宮市立北山緑化植物園

今日は中学校の校庭で地区の餅つき大会です。
そして夜は・・・
今年はちゃんと覚えていた「結婚記念日」なので、過去数年分の精算(謝罪)も含めて嫁ハンと二人、梅田へ出てディナーです。
一応スペイン料理のお店を押さえてあります。
シェリー酒を飲みすぎないように気をつけねば(笑)
ディナーの後は、ちょっとしたバーで・・・
カクテルを飲みすぎないように気をつけねば(笑)

でもその前になによりかにより、餅つきでギックリ腰にならぬように気をつけねば(笑)
by pekeyama | 2005-12-10 07:38 | | Trackback | Comments(0)

PEKEYAMA氏の梢図鑑・紅葉編・18

枝垂柳です。
こいつも「紅葉」やないなあ・・・
PEKEは嘘つきやなあ・・・
c0062511_2341476.jpg

c0062511_23412529.jpg

c0062511_23414760.jpg

2005.11.20 西宮市北山緑化植物園
by pekeyama | 2005-12-09 23:42 | 植物 | Trackback | Comments(0)

PEKEYAMA氏の梢図鑑・紅葉編・17

赤い実と赤い葉が綺麗なハナミズキです。
c0062511_5431995.jpg

c0062511_5434123.jpg

c0062511_5442827.jpg

2005.11.20 西宮市立北山緑化植物園

11月画像で食いつないでおります。
しかし・・・
明日土曜日は地区の餅つき、明後日日曜日はマンションの総会(来年度の管理組合の役員に選ばれている・・・)があり、はたして画像採集に出かけられるのか?
かなりストレスが溜まっているのになあ・・・
by pekeyama | 2005-12-09 05:51 | 植物 | Trackback | Comments(0)

PEKEYAMA氏の梢図鑑・紅葉編・16

或いは・・・
桜図鑑・番外編に分類すべきか?
しょうもないことに悩むPEKEです(笑)
16巻にもなると、我ながらアングルというか、構図というか、画面の構成がかなり「犬の卒倒」
もとい「ワン!ぱたーん」(古いね全く)なのに、自分でも気が付きました。
でも同じだからこそ、種類による比較が可能というもの・・・
色々な事で、自信を失う毎日なので(新聞効果はわずか1週間で消滅・・・)・・・
無理やり強気の「梢図鑑」「野菊図鑑」です。
「チョウ図鑑」でないのが・・・また、悔しかったりして(笑or泣)
c0062511_1903659.jpg

c0062511_19141060.jpg

c0062511_19142694.jpg

c0062511_19144951.jpg

我想う、故に我有り・・・
ではありませんが、極々稀ではありますが、想いが画像に現れてくるのに気付くようになりました・・・
毎日2回、朝晩の更新、もうすぐ半年になりますが、そのモチベーションの基は、誰も知らない、は言い過ぎで、あまり人が気付かない世界を、へへへ・・・てな感じで・・・数打てば当たる、誰かに判ってもらえるかな?MY WORLD(寂しいね、全く)
12月に入って色々あって、リカバリーの見込みもないままちょっと心は疲れ気味、自己流対症療法で飲みすぎ(でもないんだけれど)、訳のワカランPEKEです。
酔っ払ってるね!まだ8時前だぜ!
by pekeyama | 2005-12-08 19:33 | 植物 | Trackback | Comments(0)

PEKEYAMA氏の野菊図鑑・5

君の名は・・・
c0062511_617488.jpg

c0062511_618472.jpg

c0062511_6181998.jpg

2005.11.10 西宮市立北山緑化植物園

野菊の如き、君なりき・・・

根元には「ウインター・ヘリオトロープ」の名札がありましたが、「ヘリオトロープ」って全然違う花やしなあ・・・

誰か教えて。
頭の中が痒くなってくる・・・
世話のかかるPEKEでした(笑)
by pekeyama | 2005-12-08 06:24 | | Trackback | Comments(0)

PEKEYAMA氏の野菊図鑑・4

冬が来る前に・・・
秋の画像を全てUPするつもりでしたが・・・
間に合わなかったようです。
でもまあ、ボチボチといきましょう。
今夜は「アワコガネギク」
漢字では「阿波黄金菊」となるのかな?
c0062511_21292199.jpg

c0062511_21294815.jpg

c0062511_213015100.jpg

2005.11.23 西宮市北山緑化植物園
by pekeyama | 2005-12-07 21:32 | | Trackback | Comments(0)

PEKEYAMA氏の梢図鑑・紅葉編・15

ああ今朝も、紅葉編と謳いながら常緑樹・・・
ウラジロモミ画像です。
12月に入り、街はもうクリスマスの飾りつけで一杯。
かくいうPEKEんちも、一昨日、部屋にツリーを飾り、ドアにリースを架けました。
もちろんアドベントカレンダーは12月1日からちゃんと長女がめくって、毎日小さなチョコを楽しんでます。
で、今朝の画像は、天然クリスマスツリーと言う事で、お許しを(笑)

天に向かって一直線に伸びる樹形が素敵です。
c0062511_62046.jpg

c0062511_62287.jpg

c0062511_62445.jpg

c0062511_663179.jpg

2005.11.05 神戸市立森林植物園
もう一月前の画像になるんですね。
なんだか速いなあ・・・
by pekeyama | 2005-12-07 06:05 | 植物 | Trackback | Comments(0)

PEKEYAMA氏の梢図鑑・紅葉編・14

上を向いて歩こう!涙がこぼれないように
で始まったPEKEYAMA氏の梢図鑑???
この季節のギフチョウファンは「下を向いて歩こう!カンアオイが見つかるように」なんでしょうけれど〈笑)
いえ、ゼフィルスファンは「上を向いて歩こう!卵が見つかるように」なんでしょうね(笑)
神戸市立森林植物園のコナラの大木・・・
いくつのアカシジミとミズイロオナガシジミの卵をかかえているのでしょう?
冬が来る前のこの季節、高校生の頃、京都は北山の彼方此方の谷間で、ミズナラの大木を見あげ、アイノミドリシジミの卵が産んでありそうな樹を探した事を、唐突に思い出しました。

c0062511_20515130.jpg

c0062511_205261.jpg

2005.11.19 神戸市立森林植物公園
by pekeyama | 2005-12-06 20:53 | 植物 | Trackback | Comments(0)

トンボ・46

今年最後のトンボ画像になるかな?
社員旅行で行った北陸で採集したナツアカネ♂画像です。
最初はおとなしく皆とお買い物などをしていたPEKEですが、トンボを見つけてしまうともういけません。
最後は独り、皆の前から姿をくらまし・・・
c0062511_5323943.jpg

c0062511_5325373.jpg

c0062511_53371.jpg

2005.11.04 小松市粟津温泉・ゆのくにの森

ここ、ゆのくにの森は、春にはギフチョウが舞いそうな雑木林の中にありました・・・
さすがに同僚・上司の前で雑木林の中へ入り、下を向いてキョロキョロと探し回る事は憚れましたので、カンアオイの確認はできませんでしたが(笑)
by pekeyama | 2005-12-06 05:41 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

燃える秋・4

サンタが街にやって来た!
(PEKEんちは今日、クリスマスツリーを飾りました)
いきなり冬がやって来た!
(寒かったよなあ・・・今日)

「夜と朝の間に何があるの?」とアンニュイに歌ったのはピーターでしたか・・・
「春と夏の間」「夏と秋の間」に「何があるの?」と聞かれれば、明確な線が引けません。
何となく雰囲気は感じてはいるのだけれど、PEKEはうまく言葉に出来ない・・・
「語りえぬものについて、人は沈黙を守らなければならない」のか?
でもこの季節、「秋と冬の間」についてPEKEは明確に言葉に出来る!
すなわち「雪」の存在・・・

おお、なんか今日はえらく哲学的論考・・・

なんかワカランけれど、燃える秋!
冬直前の北陸で採集した「キトキト画像」です。
c0062511_2193335.jpg

c0062511_2195698.jpg

c0062511_21101310.jpg

c0062511_21102740.jpg

c0062511_21104269.jpg

2005.12.04 小松市粟津温泉・ゆのくにの森

「キトキト」は「獲れたて新鮮」という意味の、北陸の方言らしいです。
「キトキトの魚」なんて言い方をします。
「語りえぬもの云々」は・・・誰の言葉やったかなあ・・・
by pekeyama | 2005-12-05 21:19 | 植物 | Trackback | Comments(4)