標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

<   2009年 07月 ( 49 )   > この月の画像一覧

2009年・PEKEYAMA氏のトンボ図鑑・19

彼の名はハネビロエゾトンボ
北国のトンボですが
関西にも細々と棲んでいるようです。
そうなりゃこんな画像は貴重かもしれないね(笑

我棲むマンションをバックに・・・
c0062511_2040342.jpg
c0062511_20405526.jpg

熱帯生まれの植木で一休み・・・
c0062511_20422881.jpg
c0062511_20423786.jpg
c0062511_20424597.jpg

2009・07・29 宝塚市逆瀬台

プラナリアが棲むマンションの裏を流れる流れで生まれ育ったんだろうなぁ~
by pekeyama | 2009-07-31 20:46 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

2009年・PEKEYAMA氏のトンボ図鑑・18

エントランスで発見した
珍品オーラむんむんのトンボ
とりあえず証拠写の画像を採集した後
かなり迷いましたが
同定用の画像を押さえとかなくちゃと
捕獲を決意いたしました。
逃がした後は、多分天高く飛んでいってしまうでしょう・・・
でも、今止まっている場所は、背丈よりちょい上で、
これ以上良いアングルは確保できない!
ならば・・・・
エイッ!
思い切って!(笑
側面と
c0062511_6123479.jpg

頭部と
c0062511_6124915.jpg


で・・・
君の名は・・・

(続く・・・)
by pekeyama | 2009-07-31 06:18 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)

2009年・PEKEYAMA氏のトンボ図鑑・17

マンションのエントランスに止まっていたトンボ・・・
c0062511_2234966.jpg
c0062511_22342649.jpg
c0062511_22344679.jpg

なんか珍品のオーラがビンビンと・・・
出てません?
さて・・・
君の名は?
by pekeyama | 2009-07-30 22:39 | 昆虫 | Trackback | Comments(6)

お知らせ

mmerianさんにいただいたパンフレットです。
あの今森先生がこの夏宮崎に!
何だかとっても羨ましいなぁ~(笑
行ける方は是非行くべきだ!
こんな機会、何処に居ても、なかなか無いと思います!

合宿
c0062511_21581372.jpg
c0062511_21582867.jpg

講演会
c0062511_21593035.jpg

by pekeyama | 2009-07-29 22:00 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)

キベリハムシ・2

宝石の様なキベリハムシ・・・
指輪にしようと四苦八苦(爆
c0062511_21451796.jpg

c0062511_21494982.jpg

やっぱりテントウムシの親戚だねぇ~
指の根元はお好きじゃぁないようで・・・
ひたすら高みをめざすその姿勢には
ちょっと胸を打たれるものがあったりして・・・(笑
c0062511_21482061.jpg
c0062511_21483120.jpg

c0062511_21501814.jpg
c0062511_21503288.jpg

2009・07・26 神戸市立六甲森林植物園
by pekeyama | 2009-07-29 21:51 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

キベリハムシ・1

図鑑でしか見た事無くて
ずっと憧れている昆虫は、それこそ星の数ほどあるのですが
とおくヒマラヤの高山や、アフリカの大草原や、南米の大密林や、
見知らぬ異邦の地に棲む昆虫たちはさておき
身近に生息していて、そんなに珍しい種類でもないのに
何故か今まで出会うことなく、憧れのままでいる昆虫がいくつかあります。
PEKEの場合、それは
アカスジキンカメムシだったり
ルリボシカミキリだったり
キベリハムシだったりします。
そのうちアカスジキンカメムシは一昨年だったかな?
マンションの近くで画像採集することができました。
ルリボシカミキリはまだ憧れのままです。
で・・・
キベリハムシは
Matsuさまから「六甲森林植物園の正門横で発生中」の情報をいただき
先週の日曜日、ついに出会うことができました。
c0062511_1124921.jpg
c0062511_113230.jpg
c0062511_1131778.jpg
c0062511_113285.jpg

2009・07・26 神戸市立六甲森林植物園

唯一の食草であるサネカズラの上におりました。
鋼のように輝く青色は、「我青春のブルードルフィン号」のボディと同じ色です(笑
月並みな表現ですが、そのままブローチになりそうなムシでした。

さて、残るはルリボシカミキリか・・・(爆
by pekeyama | 2009-07-29 11:08 | 昆虫 | Trackback | Comments(0)

2009年・PEKEYAMA氏のムシヒキアブ図鑑・3

タイトル・・・
もっと考えれば良かったかな?
例えば・・・
「我愛しき瞳 その色は緑」
「エメラルド 深き緑は 愛しき君の 我魂を捕らえし瞳」
って・・・
少年時代に夢中になった「仮面ライダー」の話ですよ!(笑
ねっ!ほらっ!
c0062511_21195469.jpg

って言われても、
金色の鬚がどちらのイメージも壊しているなぁ~(爆
「アオメアブ」でなく
「キンヒゲアブ」と名乗っても良かったのでは?
その美しい瞳は、必ずしもミドリじゃあないし・・・
c0062511_21243425.jpg

で・・・
PEKEがすきなのはこのシルエット!
c0062511_2126567.jpg

WWⅡのドイツ空軍の秘密兵器っぽいフォルム!
レーダー搭載の垂直離陸機?いや、急降下爆撃機かな?
c0062511_21315818.jpg

赤と緑・・・
補色の関係・・・
c0062511_21332849.jpg
c0062511_21334443.jpg

2009・07・26 北山緑化植物園
by pekeyama | 2009-07-27 21:34 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)

2009年・PEKEYAMA氏の読書図鑑・6

昨日の朝
宝塚は一時的に大雨がふりました。
それぞれに出かけれる家族をBD号で駅へ送ったあと、
何処かへ出かけようと思いましたが
あまりの雨の激しさに気押されて、
結局は終日部屋に引篭ってしまいました。
昼食に缶ビールを開けて、
子供部屋に寝そべって
読んでは寝、
寝ては読み
起きては飲んで
グータラ三昧(笑
で、読んでいたのはこの2冊
1冊目は「日本怪魚伝」
c0062511_820167.jpg

「アカメ」「タキタロウ」「イトウ」・・・
釣りキチ三平でお馴染みの面々ですが、
12の魚を主題にしたフィクション・ノンフィクションを交えた短編小説集です。
こちらは缶ビール2本で一気に読みきってしまいました。
「ビワコオオナマズ・縄文の壺」「コイ・継嗣の鐘」「リュウグウノツカイ・蜃気楼」あたりが
PEKEのお好み
2冊めは「エレファントム」
c0062511_8271366.jpg

c0062511_827262.jpg

ライアル・ワトソン博士、若い頃、夢中になって読みました。
2008年に亡くなられていたとは知りませんでした。
象をめぐる自伝的な作品でもあり、
こちらは夢と現の間を彷徨いながら、読み耽ってしまいました。
まだ三分の一くらい残っていますが、続きは今夜(笑
by pekeyama | 2009-07-26 08:34 | | Trackback | Comments(0)

ユリ・5

ユリの花
心惹かれるその訳は・・・
我前世はアゲハなりしか?
白く清楚なその花弁
赤く妖しい粉吹ふく雄蕊
そのアンバランスな雰囲気が
そはまるで
風吹く夜と、風無き昼と
そのアンビバレンツな精神の
まるでその
毒の如き花粉にまみれ
夢貪りし黒きアゲハの震える前翅
赤き花粉にまみれし胴は
少年の夏、読みし小説の一シーン
ユリの花みるその度に我魂は宙を彷徨い
きりなきは・・・酒?
はてなきは・・・夢?
とどかぬは・・・幻?

強風注意報発令中です(爆

おっと・・・
「ユリ」画像を忘れるとこでした・・・
c0062511_22202554.jpg
c0062511_2220378.jpg
c0062511_2220507.jpg

2009・07・12 北山緑化植物園
by pekeyama | 2009-07-22 22:22 | | Trackback | Comments(0)

美女図鑑・ZODIAC編・8

新鮮なネタが尽きました・・・
で、こういう時の為にとっといた・・・
とっときのストック画像!
まずはZODIAC・・・
今夜は獅子座!
c0062511_22352665.jpg

獅子座といえば我愛娘の星座です。
8月10日・・・
長男に続き帝王切開だったものですから
何となく・・・
その誕生日は、産婦人科の先生の、
お盆のゴルフのスケジュールに合わせて決まったような感じです(爆
ほんでもってもう一つの偶然は・・・
その日が昔のガールフレンドの誕生日と同じだという事・・・
♪夏が来れば思い出す はるかな尾瀬 野の小道♪
って来たものだぁ~(爆
貴女のこと(いや、誕生日)は永久に忘れません!(爆

葉書の裏には・・・
「月の女神セレネのライオンは、地上に降りてネメアの谷の洞窟にすんでいました。」
by pekeyama | 2009-07-21 22:38 | Trackback | Comments(4)