標本箱・おもちゃ箱・玉手箱

<   2009年 08月 ( 44 )   > この月の画像一覧

ミッションK・15

引っ張って、引っ張って・・・
そして今夜も♪引っ張れぇ~っ!(爆
で、最終回?はセセリチョウ!
「さすがPEKE」
「やっぱりPEKE」
「PEKEはPEKE」
じっと黙っていたけれど・・・
一番撮りたかった画像を最後に手に入れた!
って・・・
後出しジャンケンは、やっぱり卑怯ですよね(笑
c0062511_2311279.jpg
c0062511_23111578.jpg
c0062511_23112646.jpg

2009・08・23 長野県 旧・開田村

スジグロチャバネセセリの♂ではない、「いいえ決して」(ナイン・ニーマルス)
残るは・・・
スジグロ♀?ヘリグロ♂?ヘリグロ♀?
現地では「ヘリグロ」って・・・
でも前翅中室の黒班のクッキリさ加減は・・・
スジグロ♀か???

大いに悩め!中年よ!

でも・・・
もしも会社の若い奴が、
「これ、ヘリグロチャバネの♀ですよね!」って
で部長が
「これはスジグロチャバネの♀じゃないか!」
さてその時中間管理職は
如何でもいいけど
チャバネとトガリチャバネでなくて良かった!(爆

ブルーマンデーだよ、今日は!(笑
by pekeyama | 2009-08-31 23:28 | | Trackback | Comments(2)

ミッションK・14

今回、ミッションKの目的の一つがツマジロウラジャノメでした。
ポイント横付の超丸秘?ポイントが、開田にはあるのです。
初日の夕方、ツマジロたちは、活動時間中だったのか、
フラフラ、ヒラヒラ、活発に飛び回り、なかなか写真を撮らせてくれませんでした。
2日目の朝、ツマジロたちは、アカツメグサで吸蜜したり、地面に止まったり
しかしこちらがフラフラ、ヘロヘロ足元ふらつき、なかなか写真が撮れませんでした。
かろうじて採集した数カット・・・
c0062511_614506.jpg

c0062511_615152.jpg

c0062511_618474.jpg

c0062511_6155751.jpg

2009・08・23 長野県 旧・開田村
by pekeyama | 2009-08-31 06:16 | | Trackback | Comments(2)

ミッションK・13

晩夏の高原・・・
どうしてそんなに心惹かれるのでしょうか?
それはPEKEが・・・
昆虫少年である所為でもありますが、
いまさらカミングアウトするのは恥かしいけれど、
それはPEKEが・・・
文学少年だったから・・・
堀辰雄の小説・・・
立原道造の詩・・・
でも庄野英二の童話・・・
c0062511_195552100.jpg

c0062511_19544767.jpg

「むらさき色のカーペットは、マツムシソウの花がさいているのであった」
c0062511_19541863.jpg

マツムシソウで蜜を吸うジャノメチョウです。
本当は、キベリタテハより、夏の終わりを告げているかも・・・
c0062511_19564182.jpg

2009・8・22午後 長野県 旧・開田村
by pekeyama | 2009-08-30 19:46 | | Trackback | Comments(0)

ミッションK・12

晩夏の高原
空の色が青いのは
乾いた空気のせいでしょうか?
宙を切り裂くスカイラインは御嶽山です。
c0062511_1101839.jpg

「我青春のブルードルフィン」号のグラマラスなボディは高原の夏空と同じ色です(笑
c0062511_115145.jpg

優しいコスモスが減り、野生的なルドベキアが増えています。
c0062511_1164036.jpg

2009・08・22 昼下り  長野県 旧・開田村
by pekeyama | 2009-08-30 11:12 | Trackback | Comments(0)

ミッションK・11

土曜日の夜7時・・・
先週の今頃は、今と同じくアサヒスーパードライのロング缶を・・・
あぁ!楽しい宴の始まりだったなぁ~(爆

野麦峠は飛騨と信濃の国境・・・
「嗚呼、飛騨が見える」と息絶えた「女工・みね」の像とお墓があります。
で、開田村から野麦峠へ向うには、長峰峠を越えなくてはなりません。
長峰峠は、木曽と飛騨の国境です。

長峰峠にはオオイチモンジのポイントがあるとの噂があります。
国境の峠ですから、昔からの御茶屋があり、木曽馬が一頭、飼われています。
c0062511_1992047.jpg
c0062511_1993292.jpg

この馬小屋と、トイレの周辺が臭い、もとい、ポイントとして匂うのですが・・・実情は如何に?

以前は木曽馬が沢山飼われていたから、
そのエサを刈る採草場が一面にあって、
チャマダラセセリも沢山生息していたんでしょうねぇ~
by pekeyama | 2009-08-29 19:14 | 動物 | Trackback | Comments(0)

ミッションK・10

八月最後の土曜日の朝
ここ宝塚は晴れて、ツクツクボーシが鳴いています。
ミッションKの報告書、第10報を数えるに到りました。
肝心のチョウ画像は殆どありませんが、
その他の画像はまだ少しありますので
何報まで続くかは判りませんが、
晩夏の高原の「残像保管庫」の蓄えが尽きるまで
あと数日おつきあい下さい(笑

張り切ってやって来た野麦峠でしたが
期待のキベリはなかなか見つからず、
峠の周辺をN先輩、K君と3人でうろついていたら
N先輩が道路の法面の水抜き穴から顔を出して日向ぼっこするヘビを発見!
アップの画像はN先輩のブログにさり気無く掲載されていましたので、
‘EKEはちょっと引いたアングルで採集した画像を。
c0062511_71487.jpg

覗き込むとほぼ垂直に感じられる急斜面、
多分その傾斜は少なくとも60°はあるでしょうね。
いくらザラザラとしたコンクリートとは言え、
脚のないヘビ君、どうやって登ったんでしょうね?
不思議だなぁ~、考えだしたら夜も眠れなくなる(笑
まるで「地下鉄漫才」だ!
で、石を投げたのはN先輩か?Kか?
(悪いやっちゃなぁ~)
びっくりしたヘビ君は足場の悪い中、反転して穴の中へ
c0062511_7205373.jpg

最後は「頭かくして尻隠さず」状態
c0062511_7225223.jpg

2009・08・22 長野県松本市 野麦峠

さて、今日は何をしようかな?
by pekeyama | 2009-08-29 07:25 | 動物 | Trackback | Comments(2)

ミッションK・9

♪嗚呼、明日の今頃は 僕は汽車の中!♪
もとい
「嗚呼、先週の今頃は・・・♪
夜の高速、BDで、約束の地へ向け、まっしぐら!
♪もうすぐさ!このハイウェイ降りれば、お前の胸にまっしぐら!飛び込んでいくよ!♪
だからBD号もN峠こと野麦峠へワープ!
しかし、峠のポイントは危険が一杯?
c0062511_20595176.jpg

で・・・
命懸けで探して撮った「夏のタテハ」
c0062511_2111028.jpg
c0062511_2112561.jpg

2009・08・22 岐阜県高根町野麦峠
by pekeyama | 2009-08-28 21:02 | Trackback | Comments(2)

ミッションK・8

今朝も未だBD号発進せず・・・(笑
高原の池に泳ぐ鯉
色鮮やかで、思わずカメラを向けてしまいました。
c0062511_6212994.jpg
c0062511_6214014.jpg
c0062511_6215211.jpg
c0062511_622322.jpg

2009・08・22朝 長野県 旧・開田村
by pekeyama | 2009-08-28 06:22 | Trackback | Comments(0)

ミッションK・7

唐突ながら
PEKEは山羊座です・・・・なんて、
今更ながらに告白すると・・・
「ほな、これ食ってみい!」ってK君がティッシュペーパー出しそうで・・・
「こんな不味いのん食えるか、ボケ!エライさんの顔、印刷した奴しか食わんぞ!」
って反撃するものの・・・

勿忘草をアップするつもりだったのですが・・・
え~っと・・・
「早よ言わんかい!」
って・・・
またK君のツッコミが・・・

そうそう、やっと思い出しました(笑
山羊座の特性は、一処に固執して動かない事!

だから・・・
BD号、未だ発進せず!(爆

で、今夜は「勿忘草」画像
c0062511_21123642.jpg
c0062511_21124862.jpg
c0062511_21125921.jpg


♪別れても 別れても 心の奥に
 何時までも 何時までも 憶えておいてほしいから
 幸せ祈る 言葉にそえて
 勿忘草を 貴女に 貴女に♪

N峠への道は遠い!(爆
by pekeyama | 2009-08-27 21:21 | | Trackback | Comments(13)

ミッションK・6

今朝もまた野営地の朝画像です。
BD号、なかなか峠へ向けて発進しませんねぇ~(笑
でもPEKEは、
この村の、この高原の、晩夏の佇まいが大好きなので
あと数回、おつきあい下さいませ。

オミナエシの花
関西の秋に咲くのとは、とちょっと雰囲気が違うような気がします。
c0062511_6162062.jpg
c0062511_6162844.jpg

2009・08・22 長野県 旧・開田村
by pekeyama | 2009-08-27 06:17 | | Trackback | Comments(0)